OUR FUTURES

Vol.7 「人を大切にした働き方のデザイン」とは?(”CUE DAY 00” レポート#1)

2017217日(金)の “CUE ACADEMY” では、昨年末に開催されたカンファレンスイベント“CUE DAY 00“のアウトプットを、ワークショップでカタチにしていきます。こちらでは、CUE DAY 00”にご参加いただけなかった方のために、当日の様子をご紹介いたします。

 

CUE DAY 00”のオープニングトークとして、遅野井宏(株式会社岡村製作所 マーケティング本部 ソリューション戦略部 未来企画室 室長 / WORK MILL編集長・エバンジェリスト)から、オカムラのWORK MILLプロジェクトについてご紹介した後、「人を大切にした働き方のデザイン」をテーマにトークセッションを行いました。

WORK MILLプロジェクトについては、ストーリー「Vol.3 WORK MILL はたらくをミル。」をご参照ください。)


トークセッションのスタートは、株式会社スノーピークビジネスソリューションズ 代表取締役 村瀬亮氏から、会社設立の経緯や取り組みについてご紹介いただきました。

 

 

 

株式会社スノーピークビジネスソリューションズとは

私の前職は、株式会社キーエンスです。収益を上げる仕組みをつくりあげるというこの会社(キーエンス)のDNAは、今でも流れています。でも、これから働き方はどう向かっていくのでしょうか。私は、株式会社ハーティスシステムアンドコンサルティングというIT企業も設立し経営していますが、ITをやっていると人間や組織のあり方はどんどん変わっていくと感じます。

株式会社スノーピークビジネスソリューションズとは、株式会社スノーピークと株式会社ハーティスシステムアンドコンサルティングの合弁会社です。両社の共通点は、まずは自分たちがユーザーであること、本質を追求し、常に新しい時代の流れを作る、関わるものすべてによい影響を与えていく、ということです。企業を発展させていくうえでの最大の課題は人材に関すること。どんなすごいことを発明しても、人がそこで何をするかを考えないと存続できません。私たちのミッションは、アウトドアがもたらす偉大な自然の力と、テクノロジーがもたらす無限の可能性を「健全に融合」させ、企業における人材問題を根本的かつ本質的に解決することです。

 

社員全員との共通体験で気づきやミッションを共有する

ハーティスシステムアンドコンサルティングは、自分が生まれ育った岡崎の企業です。私は、自然にみんなががんばる会社をつくりたいとずっと思っていました。そのためにはミッションが大事でみんなと共有するこが大切だと思い、1年に1回、会社の方向性をみんなで話す「ビジョン シェアリング デイ」をずっとやってきています。その中で社員みんながやりたいことや想いを共有してきました。

経営者はどうしても先に情報が入ってきてしまい、頭でっかちになりがちです。それではいけない、みんなを巻き込んでいく必要があると思い、社員全員で共通体験をすることを大切にしています。たとえば木こり体験。日本の森林は誰も使わないし、間伐もしなくなってきている。でも、日々都会で働いているとその感覚がわからない。ひとりひとりがちょっとずつ感じて行動を変えていけば、何かが変わるはず。でも、ただ連れていってもやらされ感が出そうなので、木こり体験を企画しました。このような体験の一環で、150万円分のアウトドアグッズを持って公園でキャンプしたとき、アウトドアは人間関係や組織のあり方を大きく変えるきっかけになるのではないかと感じました。このことをスノーピークの社長(山井 太氏)に説明しに行き、一緒に会社をつくることになりました。

 

経営者と社員との信頼関係なくして働き方改革は実現しない

クラウド環境も整い、在宅勤務やイクメン制度もすぐにやってみました。試行錯誤でどんどんよくしていこうとしています。ただ、これは社員と会社の信頼関係がないと絶対にできません。社員がサボるのでは、という認識ではうまくいきません。できない理由ではなく、できる理由を考え試行錯誤していくことで、船井総研IT経営研究会において従業員満足度賞で最優秀満足度賞を毎回いただけるようになり、これまで計5回受賞しました。

アウトドアで今すぐできることは何か? と考え、思いついたのが「アウトドアワークスタイル」です。テントを買って、それをもって高知の山奥に私自身が1週間滞在してみました。ここでも仕事ができる、と証明しようと1年前の4月に自ら実践しました。電源はバッテリーで、滞在場所は駐車場でした。スケジュールを見ると、1週間滞在できるのは4月の第1週目しかなく、入社式がありましたが、訓示はオンラインでやってみました。こういう時代に生まれてきたので、社長はリアルでなくてもよいというメッセージにもなるかと思いました。集合写真も、ひとり後ろのスクリーンで写っています(笑)。

今の名古屋のオフィスには、アウトドアグッズがあってリラックスして会議などをできるようになっていて、日常にアウトドアの雰囲気を出すようにしています。

役員会議も公開型です。予約してくれれば誰でも見られます。誤解が生じないよう、断片で聞くのだけはやめてもらっていますが、全部オープンにしています。

(つづく)


関連するストーリー

  • Vol.5 "CUE DAY 00" 開催しました!
  • 2016年12月14日(水)に、初めてのカンファレンスイベント "CUE DAY 00" を開催しました!株式会社スノーピークビジネスソリューションズの村瀬社長と、NPO法人ハマのトウダイの岡部...