OUR FUTURES

すみだ未来会議〜スポーツを通して、みんなが楽しくつながるには?

すみだ未来会議〜スポーツを通して、みんなが楽しくつながるには?

すみだ未来会議〜スポーツを通して、みんなが楽しくつながるには?

開催終了

インフォメーション

開催日時
2017/10/03 (火)
19:30 ~ 21:30
応募締切日時
2017/10/03 (火) 21:30
会場名
墨田区役所3階 31会議室
住所
墨田区吾妻橋1-23-20
> google mapで表示
定員
25 人
参加費
無料
主催者
すみだ未来会議運営講座受講生「スポツナチーム」

関連するプロジェクト


メンバー

企画メンバー 2

参加者 1


すみだ未来会議〜スポーツを通して、みんなが楽しくつながるには?

セッションの目的

スポーツを通して、みんなが楽しくつながるには?

スポーツには、違いをこえて、人と人をつなげる力があります。
子ども・大人・障がい者・高齢者など、世代や立場の違いに関わらず、 みんなが楽しくつながり、過ごせる場をつくれないだろうか?
それをスポーツを通じてやってみよう!というのが、スポツナです。

対象者

  • みんなで協力して、地域で何かを実行したい方
  • 地域でのつながりを活かして、新しいコトを生み出したい方
  • 住みやすい街づくりに貢献したい方
  • スポーツをきっかけに地域に面白い繋がりを生み出したい方

みんなのアイデアを持ち寄って、実行できる場を一緒に創りましょう!



詳細説明

  • すみだ未来会議とは?

子どものための環境づくり、高齢になっても住みやすいまちづくり、防災、商業の活性化など、地域が抱える様々な課題を解決するために、新たなつながりとアイデアを生み出す場が「すみだ未来会議」です。

このセッションは、すみだ未来会議の進め方を学ぶ「すみだ未来会議運営講座」の一環として、受講生がファシリテーター(進行役)となって開催しています。







添付ファイル

20170921_すみだ未来会議スポツナ.pdf
(2017/09/26 20:02にアップロードされました)

「スポーツを通して、みんなが楽しくつながるには?」

「すみだ未来会議運営講座」から生まれたスポツナチームによる、すみだ未来会議が開催されました。問いは「スポーツを通して、みんなが楽しくつながるには?」墨田区内でスポーツに関する活動をしている団体や企業の方など、13名の方が集まりました。

どのような未来会議だったのか?

1. イントロダクション

スポーツは、『見る』、『やる』、『応援する』など、誰でも関われるのがいいところではないか。
そんなスポーツを良さを活かして、スポーツで色々な人がつながるアイデアを考え、実行していきたい。

まず初めに、スポツナチームから、なぜこのすみだ未来会議が開催されたのか、問いと目的が共有されました。



2. ウォーミングアップ(関係性をつくる)

これから未来会議を進めていくにあたって、まずは、ウォーミングアップ。対話の練習です。
近くの人と二人組を作って、「最近あった楽しいこと」をテーマに3分ずつ対話します。初めて会ったばかりの人同士なのに、「楽しいこと」を話してるだけで、皆さん、気づくと笑顔がこぼれています。




3. 作戦会議(多様な知識を集める)

場が少しずつあったまってきたところで、続いては、作戦会議。小グループで二つの問いについて対話し、スポーツでどんなことができるか、可能性を探索します。なるべく多くの人と対話することで発想を広げるため、途中でグループのメンバーを入れ替えながら進めました。

      1. なぜスポーツでつながることができないのか?
        参加者の多くはスポーツの関わっている方やスポーツが好きな方だったため、このようなテーマで考えたことがなく、最初はなかなか話が進まないグループも。「『見る』専門の人は、別に参加しようとしない。そこに壁が生まれる」「場所の問題もあるよね。」「情報がないとつながれない」など、スポーツでつながれない、色々な理由が少しずつ浮かび上がってきました。
      2. 自分であれば、スポーツを通して何ができるのか?
        「自分がひいきにしてるチームを応援」「ルールをちょっと変えて、世代ごとにハンデをつけたりしたら、平等にみんなで一緒にできそうだな」「ゆるく参加できることが大事ではないか」など、ここでも様々なアイデアが出てきました。


      4. チーム作り(チームを作る)

      ハーフタイム(休憩)をはさんで、ここからは、チーム作り。「スポーツでつながるためにやりたいこと」をテーマに、自分がやりたいアイデアをA4用紙に記入します。書き終わったら立ち上がり、会場内を歩き回って参加者同士の紙を見せ合いながら、チームを作ります。
      「シニアプレーヤーが小学生のコーチ」「メンタルスポーツ」「コールリーダー」「ゆるスポーツ」「区内スポーツ観戦ツアー」「職場の人とチームを作る」「スタジアム経営」「大人の部活」など、様々なアイデアが上がっていました。



      5. 練習試合(アイデア検討)

      チームの中で自分たちのアイデアを説明しあい、チームとしてやってみたいアイデアをまとめ、最後に発表します。最終的に、3つのチームからそれぞれ全く異なるアイデアが、生まれました!


      どのようなアイデアが生まれたのか?

      • スポーツ基地づくり

      スポーツを通して集まれる場所、「基地」をつくりたい。特別な場所じゃなくても、どこかの飲み屋で会ってるというのでもよい。スポーツの種類ごとに基地があってもいいし、応援する人の基地があってもいい。そのような基地がたくさんできると、墨田区の南北など、お互いに切磋琢磨しあい、新たなアイデンティティが生まれるのではないか。ゆるい基地をたくさんつくりたい。

      • 住んでる人に喜ばれるスタジアム

      カープのマツダスタジアムのような、地域に喜ばれるスタジアムを作りたい。核となるスポーツチームを応援しながら、周辺ではジャズコンサートなど、様々なイベントが行われる。そうすると、地域のみんなが集まってきて、町全体が活性化されるのではないか。

      • OK感スポ!

      感情のコントロールを学び、心の健康・成長を促すことが、スポーツを通してできるのではないか。メンタルトレーナーを入れて、スポーツチームで少年の育成をする。OKラインを下げて(目標を下げて)、目標を達成することで、心の成長を促したい。

      スポツナチームは、このすみだ未来会議で生まれたアイデアなど、「スポーツでツナがろう」のコンセプトの実現に向けて、引き続き活動していきます。このレポートを読んで、スポツナの活動に関心を持った方、ぜひFacebookページをチェックしてみてください。
      スポツナFacebookページ:https://www.facebook.com/spotuna/?ref=br_rs
      こちらのページでも、スポツナの活動情報をお知らせしていきます!

      このセッションに参加する方はこんなセッションにも参加しています。

      本日開催
      4日間

      2017
      10/15
      終了

      レポートあり

      2017
      10/13
      終了