OUR FUTURES

すみだ未来会議〜街にみんなで「秘密基地」を作るとしたら、どんなことを企みたい?

すみだ未来会議〜街にみんなで「秘密基地」を作るとしたら、どんなことを企みたい?

すみだ未来会議〜街にみんなで「秘密基地」を作るとしたら、どんなことを企みたい?

Closed

インフォメーション

開催日時
2017-10-09 (Mon)
14:00 ~ 16:00
応募締切日時
2017-10-09 (Mon) 16:00
会場名
ラ・ヴィ・アン・ローズ スペース101
住所
墨田区菊川1-11-17ラ・ヴィ・アン・ローズ1階
> google mapで表示
定員
12 人
参加費
Free
主催者
すみだ未来会議運営講座受講生「秘密基地チーム」

関連するプロジェクト


メンバー

企画メンバー 1

参加者 1


すみだ未来会議〜街にみんなで「秘密基地」を作るとしたら、どんなことを企みたい?

Mission

街にみんなで「秘密基地」を作るとしたら、どんなことを企みたい?

今の街では、「新しく引っ越してきた時に、地域とつながりを持ちたいが、疎外感を感じる」「マンション住人同士でも、すれ違う機会すらないのが寂しい」という声を聴くこと があります。
今回のテーマにある「秘密基地」には、「人が集まり、つながり、色んな面白いことを企める場所」という想いがあります。
もし私たちが住んでいる街で、新たに秘密基地を作れるとしたら、どんな場所にしたいですか?そこで、どんな企みができたら嬉しいですか?

本セッションは、秘密基地づくりを通して、日常をより豊かにする「人とのつながり」「面白い企み」を考えていきます。

Participation

  • 日頃、出会えない人たちと交流してみたい方
  • つながりたい方 人のつながり、地域の居場所づくりに興味のある方
  • 秘密基地づくりに興味のある方

Description

すみだ未来会議とは?

子どものための環境づくり、高齢になっても住みやすいまちづくり、防災、商業の活性化など、地域が抱える様々な課題を解決するために、新たなつながりとアイデアを生み出す場が「すみだ未来会議」です。

このセッションは、すみだ未来会議の進め方を学ぶ「すみだ未来会議運営講座」の一環として、受講生がファシリテーター(進行役)となって開催しています。






添付ファイル

291009秘密基地.pdf
(2017/09/26 20:22:51にアップロードされました)

街にみんなで「秘密基地」を作るとしたら、どんなことを企みたい?


すみだ未来会議運営講座から生まれた「秘密基地チーム」による、すみだ未来会議が開催されました。問いは「街にみんなで秘密基地を作るとしたら、どんなことを企みたい?」会場のある菊川周辺に住んでいる人、オペラの先生、フルートの先生、高校生など、12名のとても多様なメンバーが集まりました!

どのような未来会議だったのか?

1. イントロダクション

今回のすみだ未来会議のキーワード、秘密基地には「人が集まり、つながり、色んな面白いことを企める場所」という想いが込められています。
「地域とつながりを持ちたいけれど、新しく引っ越してきた時にどうすればいいのだろう?」「ケガや病気の時など、地域のつながりがあれば、お互いに助けあえて安心かもしれない」地域のつながりに関心のある人はいるものの、実際はつながりをつくるのは難しいようだ。では、どんな場所だったら、つながりたくなるんだろうか?
なぜこのすみだ未来会議を開催しようと思ったのか、ファシリテーターチームから、このような想いと問いが共有されました。


2. 参加者同士の関係性をつくるストーリーテリング

まずは、近くの人と2人組になって、「最近ハマっていること、企んでいること」について対話します。早くも話が盛り上がり、部屋が暑くなってしまったため、急遽扇風機が持ち込まれました!



3. 多様な知識や情報を集めるワールドカフェ

ストーリーテリングでは、一人ひとりが「企んでいること」について話しました。今度は、自分一人ではなく、みんなでやってみたいことについて、「みんなでやってみたい、こんな企み」という問いで、話を広げていきます。
「音楽を媒介にして、つながる」「大人が好きなことができる場所があるといいね」「プロジェクションマッピング面白そう」「哲学カフェやってみたい!」など、誰かの企みに他のメンバーが乗っかり、色々な企みが出てきました。


4. チームをつくるマグネットテーブル

アイデアが広がってきたところで、今度はチームを作りです。「みんなでやってみたい、こんな企み」を各自がA4用紙に書き、書いた紙を見せ合いながら、一緒にアイデアを検討するチームを作ります。最終的に、3つのチームが出来上がりました。



5. 休憩タイム

ファシリテーターチームが用意したお菓子を食べながら、休憩タイム。今回の会場は、ファシリテーターチームの山口さんが運営するマンションのコミュニティスペース。このマンションを造る時に、住民が集まるコミュニティスペースを作りたいと考え、このようなスペースを設計したそうです。実際に、フルートの会など、イベントを企画して運営しているとのこと。



6. チームでアイデアを具体化するクィックプロトタイピング

できたチームでアイデアを具体化し、「タイトル」「具体的なイメージ」「誰の未来が、どのようによくなるのか?」の3点をまとめます。


7. クロージング:あなたのはじめの一歩は?

3つのチームそれぞれからの発表を受けて、今日出てきたアイデアの実現に向けて、一人ひとりがどのような一歩を踏み出せそうか?A4用紙に書いて共有しました。
「自分の知らない自分に気づくおしゃべりカフェ」チーム:哲学カフェについて市場リサーチしよう!実際にやってみよう!区長に企画提案してみよう!
「大人の大運動会」チーム:この場にいるメンバーや友だちに声をかけて、実際に大運動会をやってみよう!
などのはじめの一歩が挙がりました。



どのようなアイデアが生まれたのか?

  • 自分の知らない自分に気づくおしゃべりカフェ

「生きるとは何か?」「自分にとって仕事とは?」「自分が一番大切にしていることは?」など、哲学的なテーマについて、気軽に話すことができるカフェイベント。自分と異なる考えを持っている人と話すことが目的。この場に、区長に参加してほしい!政治ばっかりしている区長の個人的な意見を聞いてみたい。

  • 大人の大運動会

大人が集まって、大運動会をする。本気でやるので、肉離れに気をつけよう。まずは小さく始めよう。玉入れ、綱引き、借り物競争。肉離れが起きなさそうな競技。ドッチビー、ペタンクなど、新しいスポーツの普及にも。一部の運動会をネタに、二部は音楽とお酒を楽しむ。

  • 東京マラソンにのっかる

既存のイベントに乗っかる。東京マラソンに乗っかって、何をしたいかを一緒に考えて、実行する。東京マラソンを走る選手に、飴を配ったり、甘酒を配ったりする。それをきっかけに地域の人とつながる。


終了後は、参加者のお一人の素敵なフルートを聴きながら、コーヒーとお菓子で懇親会。お疲れ様でした!

秘密基地チームは、このすみだ未来会議で生まれたアイデアの実現に向けて、引き続き活動していきます。
このレポートを読んで、秘密基地チームの活動に関心を持った方、ぜひFacebookページをチェックしてみてください。

すみだ未来会議Facebookページ:https://www.facebook.com/groups/sumidamirai/?ref=group_cover

こちらのページでも、秘密基地チームの活動情報をお知らせしていきます!

このセッションに参加する方はこんなセッションにも参加しています。

本日開催
4日間

2017
10/15
終了

レポートあり

2017
10/13
終了