OUR FUTURES

フューチャーセッションズ 未来勉強会#15 【新しい湯治スタイルの提唱 〜居続けたくなる温泉地とは?〜】ゲスト:株式会社大沼旅館 大沼 伸治氏

Mission

背景:

居続けたくなる温泉地。何がある?

「湯治」と聞くと、どのようなイメージが湧きますか?

高齢者が、温泉地で長期滞在して療養するのが一般的かもしれません。

ですが、この定義を覆し、新しい「湯治」スタイルを作り上げようとしている方が、東北の鳴子温泉郷にいらっしゃいます。

鳴子温泉郷は1200年の湯歴を持つ日本屈指の古湯で、奥州三名湯のひとつです。そこで120年間に渡って湯守りをされてきた大沼旅館の五代目当主 大沼さんをゲストに迎え、これからの温泉地に求められることや、新しい湯治スタイルの実現に向けて、

「居続けたくなる温泉。何がある?」

という問いでセッションを行います。

リモートワークの実践、企業の社会実装の場など、企業の方にも関わりが持てる、温泉地の新しい可能性を探索していきます。


プログラム内容:

◆テーマ

  • 新しい湯治スタイルの提唱 


問い

  • 居続けたくなる温泉地。何がある?


◆プログラム(約2時間分)

  • イントロダクション(約10分)
  • インスピレーショントーク(約20分)
    − 自己紹介
    − 鳴子温泉郷の紹介、大沼さんが考える「湯治」とは?
    − 質疑応答

  • セッション(約80分)
    ①温泉の魅力・可能性を共創する
     − 居続けたくなる温泉地。何がある?
    ②新しい湯治スタイルを提唱する
     − 自分ごとで「居続けたくなる温泉地」を考える
    ③湯治ウィークの魅力を共創する
     − 9月末に予定している「湯治ウィーク」の訴求ポイントを考える
  • クロージング(約10分)


〜勉強会後、1時間ほどの懇親会時間アリ〜

フューチャーセッションズ 未来勉強会#15 【新しい湯治スタイルの提唱 〜居続けたくなる温泉地とは?〜】ゲスト:株式会社大沼旅館 大沼 伸治氏

フューチャーセッションズ 未来勉強会#15 【新しい湯治スタイルの提唱 〜居続けたくなる温泉地とは?〜】ゲスト:株式会社大沼旅館 大沼 伸治氏

Closed

インフォメーション

開催日時
2019-08-07 (Wed)
19:00 ~ 22:00
応募締切日時
2019-08-07 (Wed) 22:00
会場名
フューチャーセッションズ 渋谷本社・渋谷 if space
住所
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-10-5 TOHTAMビル4F
> google mapで表示
定員
20 人
参加費
無料
Information note

最寄り駅:

  • JR渋谷駅東口・南口 徒歩5分
  • JR渋谷駅新南口 徒歩4分
  • 副都心線渋谷駅16番出口 徒歩5分
主催者
  • 株式会社フューチャーセッションズ


フューチャーセッションズ 未来勉強会#15 【新しい湯治スタイルの提唱 〜居続けたくなる温泉地とは?〜】ゲスト:株式会社大沼旅館 大沼 伸治氏

Participation

  • イノベーションの社会実装
  • 地方創生、まちづくり
  • 多拠点生活、リモートワーク
  • 温泉に興味関心がある方

Description

ゲスト インスピレーショントーカー:


大沼 伸治(おおぬま しんじ)

株式会社大沼旅館 5代目 湯守 大沼 伸治氏

1200年の歴史を持つ鳴子温泉郷で、120年続く老舗湯治宿の五代目湯守。
立教大学観光学科を卒業後、伊香保温泉の宿で修業し家業を継ぐ。
15年前から日本古来の「湯治文化」を未来につなぐため、宿や地域において様々な活動を行っている。湯治(場)はソーシャルオアシスが持論。目まぐるしく変わる現代社会において、砂漠の中に湧く泉のような「場」を目指す。温泉で、暮らすように仕事をするライフスタイルも提案している。


ファシリテーター:


有福 英幸

株式会社フューチャーセッションズ  

大手広告会社にて、企業のブランディングやデジタルコミュニケーションに従事。デジタルクリエイティブの新しい表現に挑戦し、CannesやOneShowなど国内外の広告賞を多数受賞。またサステナブルな社会を目指すwebマガジンを発刊、編集長として運営を手掛ける。メディアの知見を活かし、より社会的なインパクトを創出すべく、フューチャーセッションズを設立。関心領域は、エネルギー、食。

つくりたい未来:次世代が今よりもよくなる可能性を感じられる社会


株式会社フューチャーセッションズ 
https://www.futuresessions.com/


フューチャーセッションとは?

フューチャーセッションとは、『既存の問題や課題を再定義し、未来のステークホルダーを招き、対話によって、協力し合える変化を起こす場』を生み出す新しい手法です。
経済産業省が発行する 『2016年 ものづくり白書』に「イノベーティブなアイデアやサービスを生み出す新しいメソッド」として掲載を頂きました。
「2016年 ものづくり白書」(METI/経済産業省)
http://www.meti.go.jp/press/2016/05/20160520001/20160520001.html


注意事項:

  • 以下に添付されている「フューチャーセッションズ 未来勉強会 参加規約」をダウンロードし、内容ご確認の上、同意後、ページ右上の「参加ボタン」を押してお申し込みください。
  • セッションの構成上、途中参加はご遠慮いただき、開始時間に遅れないようご調整お願い致します。
  • 当日は、より多くの気づきを得るためにも、オープンマインドな気持ちでの交流・対話ができる場にしたいと考えています。
  • 当日のセッションで会話される内容やそこでの気づき・アイデアは、参加者のみなさんとの共有知となります。なお、秘密情報(ご所属会社や団体などご自身に関わるもの、第三者のものを問いません)はシェアしないようにお願い致します。
  • セッション当日の様子を写真/動画で撮影させて頂いた内容は、後日にレポートとして、フューチャーセッションズのWebサイト、ソーシャルメディア、広告などへ掲載する可能性がございますので、予めご了承ください。

1

イントロダクション
  • 19:00-19:15

オープニング

ファシリテーターより、以下の内容を共有します。

  • 未来勉強会の説明
  • 本日の目的と到達点の説明
  • 10分

アイスブレイク

初めてお会いする方と2~3人組となり、以下のテーマについて簡単な対話を行います。(1人:1分程度)


テーマ:

  • お名前
  • 所属
  • 好きな温泉地
  • 本日に話したいと思っていること
  • 5分

2

インスピレーショントーク
  • 19:15-19:35

ゲストトーク

株式会社大沼旅館 大沼 伸治氏より、簡単なトークを頂きます。

※質問は、トーク後に伺います。

  • 20分

3

セッション
  • 19:35-20:55

セッションの進め方

セッションの目的:

「湯治」を再定義し、リモートワークの実践、企業の社会実装の場など、企業の方にも関わりが持てる、温泉地の新しい可能性を探索していきます。


進め方:

  1. 温泉の魅力・可能性を共創する
     − 居続けたくなる温泉地。何がある?
  2. 新しい湯治スタイルを提唱する
     − 自分ごとで「居続けたくなる温泉地」を考える
  3. 湯治ウィークの魅力を共創する
     − 9月末に予定している「湯治ウィーク」の訴求ポイントを考える
  • 80分

4

クロージング
  • 20:55-21:00

クロージング

クロージングの挨拶を行い、
全体で集合写真を撮影します。

終了後は、1時間程度の懇親会をご用意していますので、ぜひご参加ください。

  • 5分
  • Let's copy this session and evolve into a new session!

このセッションに参加する方はこんなセッションにも参加しています。

本日開催
2日間

2019
08/06
終了

レポートあり