OUR FUTURES

地域課題を解決するための地理空間オープンデータを用いたハッカソン

Mission

地域の在住、在勤者やNPO関係者をはじめとした一般市民とITエンジニア、デザイナー等が協力して、アイデアソンで生み出されたアイデアに沿って、アプリケーションやサービスを開発します。

地域課題を解決するための地理空間オープンデータを用いたハッカソン

地域課題を解決するための地理空間オープンデータを用いたハッカソン

Closed

インフォメーション

開催日時
2014-12-20 (Sat)
10:00 ~ 19:00
2014-12-21 (Sun)
10:00 ~ 21:00
応募締切日時
2014-12-21 (Sun) 21:00
会場名
カタリストBA
住所
東京都世田谷区玉川 2-21-1 二子玉川ライズ・オフィス棟8階
> google mapで表示
定員
60 人
参加費
無料
Information note

東急大井町線・田園都市線二子玉川駅下車
http://catalyst-ba.com/access.html

主催者

慶應義塾大学大学院 システムデザイン・マネジメント研究科、国際大学グローバル・コミュニケーション・センター(GLOCOM)、株式会社フューチャーセッションズ




地域課題を解決するための地理空間オープンデータを用いたハッカソン

Participation

「社会を変えるためには、対話だけじゃなくアクションだよ」ーーーという想いを持った社会的アクターの皆さん、そしてプログラマーの皆さん、ぜひともご参加ください。
川崎市宮前区にお住まいの方は是が非でもご参加いただきたいですし、市外にお住まいの方でも、テーマに関心があれば、ぜひ参加してください。

Description

本ハッカソンは、「G空間未来デザイン」プロジェクトの一環で行われています。
https://www.ourfutures.net/groups/26

※地理空間オープンデータ
日常生活や経済活動に欠かせない位置や時間に関連する情報を「G空間情報」または「地理空間情報」と呼びます。また、何らかの権利に基づく制限を課されることなく、誰でも自由に入手、加工、利用、再配布などすることができるよう公開されたデータを「オープンデータ」と呼びます。地理空間情報をオープンデータとして整備、公開することで、まちづくりや防災、ビジネス、インターネットサービスへの幅広い利活用が見込まれています。

※ハッカソン
ハッカソンはハック(Hack)とマラソンを合わせた造語で、IT 技術者やデザイナーなどが特定のテーマに沿ってアプリケーションやサービスを開発するイベントです。

添付ファイル

20141215G-OFSマニュアル.pdf
(2014/12/21 09:59:11にアップロードされました)

20141220G空間未来デザインデータカタログ.pptx
G空間未来デザイン データカタログ (2014/12/20 13:29:05にアップロードされました)

20141220体験スケッチボード紹介.pdf
体験スケッチボードのご紹介 (2014/12/20 13:54:09にアップロードされました)

宮前ハッカソン.pptx
坂下様(JIPDEC)の講評 (2015/01/08 15:28:23にアップロードされました)

1

イントロダクション
  • 10:00-10:30

イントロダクション

イントロダクション・ルール説明

  • 15分

プレゼンテーション

アイデアソンの振り返り
  • 領域1:坂ブランド宮前区 坂を楽しむ人が増える
  • 領域2:助け合いライフ宮前区 助け合って幸福になる人が増える
  • 領域3:つくるを楽しむ宮前区 農業や教育などに関わる人が増える
  • 領域4:住民発魅力発信宮前区 住民発の情報を見て来訪者が増える
  • 15分

2

関係性をつくる
  • 10:30-11:00

チーミング

アイデアの領域ごとに集まり、対話を経てチームを形成する。

  • 30分

3

多様な知識を持ち寄る
  • 11:00-12:00

プレゼンテーション

  1. オープンデータの紹介
  2. クラウド、解析ツールの紹介
  3. 各チームによるクイックプラン紹介
  4. カスタマージャーニーマップの紹介
  • 60分

4

プロトタイピングする
  • 12:00-01:30

サービスプロトタイプ1

チームごとにサービスをプロトタイピングする。

(ランチは軽食を用意しているので適宜頂く)

  • 300分

プレゼンテーション

各チームによる中間発表。

中間発表後、クロージング。

  • 60分

サービスプロトタイプ2

チームごとにサービスをプロトタイピングする。

(ランチは軽食を用意しているので適宜頂く)

  • 240分

フィードバックレビュー

宮前区民や有識者の方々が各チームを訪問し、質疑応答を実施する。

  • 30分

サービスプロトタイプ3

チームごとにサービスをプロトタイピングする。

  • 180分

1

アクションを生み出す
  • 10:00-11:45

プレゼンテーション

  1. 最終発表(60分)
  2. クロスレビュー・講評(30分)
  3. クロージング(15分)
  • 105分
  • Let's copy this session and evolve into a new session!

このセッションに参加する方はこんなセッションにも参加しています。

2019
11/17
終了

2019
11/16
終了

2019
10/13
終了

2019
10/12
終了

このセッションのタグに関連するストーリー

  • 平時も有事も安心な食 #041
  • 安心なまちでは、どんな食環境になっている? 首都直下地震の最大想定被害者数は東日本大震災(47万人)の15倍、南海トラフ地震では20倍にもなり、必要な食品を確保できなくなるとも言われています。...

  • 助け合いアシスト・スーツ #033
  • ロボットスーツでボランティア、あなたはどんな活動をしている? 人体に装着することで筋力を増加させ、歩行機能を改善する機械装置が医療デバイスとして認められただけでなく、保険適用がされるようにまで...

  • キャリアチェンジ・ブートキャンプ #032
  • 短期集中教育でキャリアを変えられるとしたら、あなたはどんなキャリアにチェンジしたい? 週6日、1日11時間で3ヶ月といったように、短期間に超過密スケジュールの教育によってプログラマーを育てる学...

  • シェア・プレイン #030
  • 飛行機も自動車感覚で乗れるようになったら、あなたは何に乗っている? 飛行機ベンチャーCobalt Aircraftは、小型飛行機「Co50 Valkyrie」(5人乗り)の予約販売を公式サイト...