OUR FUTURES

あなたは映像や音声記録を未来でも信じられる?

人工知能の技術が進化し、音声や映像を簡単に、本物そっくりに改ざんしたり、他人になりすましたり、ゼロから創造することができる技術が生み出されつつあるようです。本人がいなくてもあたかも本人が実際にそうしたかのような映像や音声が簡単につくれるようになることで、映画などの映像コンテンツの作成コストを大幅に下げられる可能性がある一方、映像や音声の記録は裁判などでの強力な証拠にはならなくなる可能性もありそうです。

デジタル写真向けの本物かどうかの認証サービスが映像や音声分野でも登場したり、画面越しで見る世界と現実の世界は違うものであるという認識が普通になり、三現主義(現場、現物、現実)やライブな経験が今以上に求められるようになっているかもしれません。

発想元:


■未来の兆しにご興味のある方は
https://goo.gl/OMyJiw

文/筧 大日朗(OUR FUTURESディレクター)


タグ

関連するストーリー




  • クリーン・エネルギー・フリマ #043
  • 余剰電力をあなたは誰にお裾分けする? クリーン・エネルギーや分散型電源への期待から、エネルギーもまた地産地消を支援する世論が高まってきています。米国では地域で生み出された太陽エネルギーを、電力...