OUR FUTURES

第3次鎌倉市総合計画 第4期基本計画策定に係る市民対話

鎌倉の未来を「ともに考え、ともに創る」

このプロジェクトについて

第3次鎌倉市総合計画とは

  • 総合計画は、市の「まちづくりを進めていくための道しるべ」。
  • 鎌倉市の将来都市像を実現するため、1996年に策定。
  • 計画は「基本構想」「基本計画」「実施計画」の3層で構成。
  • 「第3期基本計画」の計画期間が2019年度で終了することから、新たな基本計画を策定。
  • 計画の策定にあたっては、SDGsの理念を反映させる。


SDGsとは

  • SDGsは「持続可能な開発目標」のこと。
  • 2015年に国連で採択された、2030年までに全世界で達成する国際社会共通の目標。
  • 利便性や快適性だけを求める現在の社会を続けると、未来の子ども達に豊かな未来が残せない。
  • 経済格差、環境問題など、世界が抱える問題を解決し、持続可能な社会をつくるため、世界各国が合意した17の目標。
  • 貧困、飢餓、ジェンダー、教育、環境、経済成長、人権など、幅広いテーマをカバー。大きく分けると「経済」「社会」「環境」の3つに分けられる。
  • 持続可能な社会を実現するためには「経済」「社会」「環境」の調和が重要。


基本計画にSDGsの理念を反映

  • 加速化する人口減少、超高齢化社会の進行による社会保障関係経費の増加など、持続可能な都市経営に課題がある。
  • 持続可能な都市経営を進めるため、これまでも取り組んできた「経済面」「社会面」「環境面」の取り組みを引き続き進めるとともに、SDGsが目指す、「経済」「社会」「環境」の三側面が好循環する計画としたい。
  • 三側面の好循環には様々な方との共創関係が大切。
  • SDGsという世界共通の目標を掲げ、市民、企業、NPOなど多くの皆さんと同じ方向を向きながらまちづくりを進めていきたい。

  • セッション
  • 4
閲覧権限のあるセッションだけが表示されています。

2019
02/24
終了

レポートあり

2019
02/02
終了

レポートあり

2018
12/22
終了