OUR FUTURES

Future Sessionを通じて生み出された「SF小説」が公開されました

富士通株式会社テクニカルコンピューティング・ソリューション事業本部が主催し、株式会社フューチャーセッションズがご支援させていただき生み出したSF小説「2037.5年に生きるミチ」が公開されました。

未来思考でビジネスを考えるプロセスに挑戦したい、これまでとは違う視点が欲しい、仲間を増やしながらビジネス創出をしていきたいといった想いをもとに、Future Sessionを通じてSF小説にまとめていくプロセス全体を企画運営いたしました。

「SF小説」と聞くと一見奇抜に思えるかもしれませんが、不確実な変化を生み出す深層要因を洞察し、ありうる未来への展開について複数の仮説(未来シナリオ)を立てることで意思決定や判断を行う、ロイヤル・ダッチ・シェルなどの経営企画部門が行っていた「シナリオ・プランニング」という戦略策定手法の一つの発展系といえるものだと考えています。

下記のあしたのコミュニティーラボでの紹介ページではSF小説をダウンロードできるだけでなく、それを生み出したプロセスも記載していただいていますのでぜひご一読いただければ幸いです。また、SF小説自体はクリエイティブコモンズの「CC BY-SA 4.0 国際」で提供されているので、まちづくりやサービスづくりなどに自由にご活用いただけるとうれしいです。

  • 「SF小説」からはじめる未来の語り方・つくり方 ――”2037.5年×まち”の姿とは? | あしたのコミュニティーラボ
    http://www.ashita-lab.jp/columns/7537/


<お問い合わせ先>
株式会社フューチャーセッションズ
https://www.futuresessions.com/contact


タグ

関連するストーリー