OUR FUTURES

ヘルスケアの未来 ~ 未来のヘルスケアを想像&創造するフューチャーセッション 

ヘルスケアの未来 ~ 未来のヘルスケアを想像&創造するフューチャーセッション 

ヘルスケアの未来 ~ 未来のヘルスケアを想像&創造するフューチャーセッション 

開催終了

インフォメーション

開催日時
2016/11/20 (日)
14:00 ~ 17:30
応募締切日時
2016/11/11 (金) 17:30
会場名
オーセンティックワークス セミナールームABC
住所
東京都新宿区四谷2-11 アシストビル5階
> google mapで表示
定員
12 人
参加費
3,000 円

ヘルスケアの未来 ~ 未来のヘルスケアを想像&創造するフューチャーセッション 

セッションの目的

「大切な人の健康に貢献する」という視点で、個人や組織から、周りをハッピーにするヘルスケア事業を創出するきっかけを作ることを目的としています。

「健康」というテーマを職種やセクションを超えて共有し、

「既存のリソース × ヘルスケアリテラシー」 の化学反応で、今ある商品やサービスの社会的な価値の拡大を目指します。

このセッションのデザインコンセプトは、

「参加者がお互いの経験や知識、感覚を持ち寄って、想像する未来から、一緒に現実を創造する場」です。

対象者

  • 「大切な人の健康に貢献する」方向性にビジネスを展開したい方
  • ヘルスケア産業に関与する仕事をされている方
  • 医療に関与する仕事をされている方
  • ヘルスケア関連の新規事業を検討されている方
  • 組織のメンタルヘルスの向上に取り組みたい方
  • 組織の「健康経営」(※)に取り組みたいリーダーの方
  • 「チームで協力してやりたいこと」があるリーダーの方
  • 「ライフスタイル」「健康」に興味や関心のある方

※「健康経営 ®」は、NPO法人健康経営研究会の登録商標です
 健康経営(NPO法人健康経営研究会ホームページより)
http://kenkokeiei.jp/whats#fig

経済産業省 健康経営銘柄
http://www.meti.go.jp/policy/mono_info_service/healthcare/kenko_meigara.html

詳細説明

未来は不確実だけど・・・

現実に起こったことから、「そういえばあの時、、、」と過去に感じた「変化の兆し」を思い起こすことがあります。
現実に迎えたときに「そういえばあの頃から、、、」という社会現象にみられる「変化の兆し」に思い当たることも。

変化の激しい今の時代においては、予想もしなかったことに突然遭遇する、ということも起こっています。
起きてしまったことに追われるのではなく、準備をしておくためにも「変化の兆し」を多方面から検証することには意味があります。

プレメディカルコミュニティでは、「ヘルスケアの未来」をテーマにこれまで3回のセッションを行ってきました。

そして、参加者の皆さんの様々な経験や知識をもとに「私たちの健康に影響を与えるであろう多様な変化の兆し」が共有されました。


もちろん、社会の中で起こっていることをすべて捉えることはできませんが、セッションを通して自分の知らない変化の兆しに遭遇すると、(よく言われていることではありますが)私たちが、テクノロジーの進歩にけん引された変化の時代に生きていることを実感します。

そして、「健康であること」を大切に思うからこそ、「本当に大切なことはなんだろう?」というモヤモヤ感も生まれます。


未来の天使に会いに行こう!

そういう変化の時代であっても、むしろそういう時代だからこそ、やろう、やりたい、やってやろうぜ!、という皆さまにとっては、「何をやるか」も大切だけれど、「なぜやるか」を探究することも大切。

ということで、今回は

自分と社会をつなぐ「健康観」があるとしたら?という問いを共有したうえで、

社会的な健康課題と自分の健康観との距離感を考えることができるセッションです。

「健康観」といわれても、、、明確に言葉にできるかしら?そう思われるかもしれません。私たちもそう思いました。

そこで、

具体物を通して、平易なことばで表現ができる、デンマーク製のレゴブロックを使ったレゴ®シリアス®プレイ(レゴはデンマークのレゴ社製、レゴブロックのこと)というメソッドを使って、「本当の想い」がことばになることから可能性が広がる対話の場をご用意しました。


未来のための準備


自分の「本当の想い」から生み出した行動はささやかであっても、尊く、次に続くエネルギーを持っています。

このセッションの真の目的は、不確実な未来に向けて、社会の中でしなやかに、そして主体的に生きていくための勇気を持ち、励まし合って前に進んでいくときに、仲間に語り掛ける心からのメッセージを見つけることかもしれません。

今回のセッションは、レゴ®シリアスプレイ®とフューチャーセッションの融合バージョン、ということで贅沢にスペースを使って少人数で行います。

レゴ®シリアスプレイ®のファシリテーターはレゴ®シリアスプレイ®トレーニング修了 認定LSPファシリテーター 鈴木かすみさんです。

レゴ®シリアスプレイ®については、こちらもご参照下さい。
http://www.seriousplay.jp/index.html

それでは詳細のご案内です。

【日  時】11/20(日)14:0017:3013:45開場) 

【会  場】オーセンティックワークス セミナールームABC

     東京都新宿区四谷2-11 アシストビル5階 

【参加費】3,000

【定  員】12


皆さまにお会いできるのを楽しみにしております。


フューチャーセッション  ファシリテーター

                                         かがみ洋子

プレメディカルコミュニティは、病気の手前(プレメディカル)の未病をみんなでポジティブに考え行動していくというコンセプトで、新しい活動を生むきっかけつくりの場として3回のセッションを開催してきました。

今回のセッションは、未来思考のフューチャーセッションと、

対話にレゴブロックを用いるレゴ®シリアスプレイ®との融合バージョン。

            

レゴブロックを使って、

頭の中で何となくもやもやとしている部分を可視化して自分の健康観を深め、

心から見たい未来を描いたところから、

社会や所属するコミュニティでの自身のスタンスを明らかにし、

起こしたいアクションを生み出すきっかけつくりを試みました。


<はじめに>

チェックインでは簡単な自己紹介と、どのようなことを期待しているかを参加メンバーで共有。
其々の分野で、未来に向けて新しい一歩を踏みだそうというメンバーの前向きな姿勢にお互いが刺激されてのスタートとなりました。


<メンバー同士の関係性をつくる>

フューチャーセッションでは、社会的な立場や会社での肩書きなど、普段は大事にしていることをいったん脇に置いて、「本来の自分」により近い「生活者としての自分」として話ができる場つくりをしています。

今回はレゴブロックを使って、手を動かして作った作品を通して、想像力が刺激され、

メンバーへの興味関心が膨らみました。

「高いタワーを作りましょう」というお題で、まずは、レゴブロックに慣れる練習。
作品にその人らしさが見えるとちょっと場が和みます。


「健康」という言葉のイメージに合うブロックを一つ選ぶとしたら?



選んだブロック同様、一人ひとり描くイメージが違って彩豊か。

対話によるアイディアの源泉も、参加メンバーのこのような多様性にあります。



<情報の持ち寄り>


「自分や自分の大切な人の未来の健康に影響を及ぼしそうな変化の兆しは?」
という問いで、

最近身の回りで話題になっていることや、気になった事柄など、健康に関する「マイニュース」を一人ひとりができるだけたくさん書き出しました。

そして、カテゴリー分けをして、「未来の社会の健康マップ」が出来上がりました。




それぞれが書いたことの背景や、詳細な情報を共有する対話から、

カテゴリーごとにタイトルが付けられ、

カテゴリー同士をつなぐ線が書き込まれ、
全体を眺めてみると、

社会課題としての「健康」がずっしりと重く感じられたところで、コーヒーとお菓子で一息。



<社会とつながる「マイ健康観」を試作する>


マップでも描かれた通り、

社会の中で複雑に絡み合った「健康」に関する事柄に対して、

社会最適なアクションを生み出すことは難しいかもしれません。


それでも、レゴブロックを使って手を動かして、

イメージをかたちにしてみて、

そこに表現された思いを共有した時、

行動につながるエネルギーが生まれたことを感じました。



とりわけ、
「自分以外の誰かのためにやることに間違いはない」

というメンバーの言葉に勇気づけられました。
絶対に正しいという思い込みにとらわれることなく、

みんなで一緒に創っていく、というスタンスであれば、

そこから修正していくことも、

より良いものにしていくこともできるはず。
まずは、自分から第一歩を踏み出してみよう!

という前向きな気持ちに向かわせてくれた言葉でした。

そして、テクノロジーなど大きな変化の波に対して、

変化の波は来るものとして、

その良し悪しの判断を飛びこえて、

波にどう乗っていくか、

波とどう手を組んで進んでいけるかを考えたいと思いました。

自分の中にあるけれど、言葉にできなかったことを、

他の人が言葉にして伝えてくれる、

そんな思いがけない「ギフト」があるのも、多様なメンバーとの対話の魅力だと感じています。

大切な人の健康を願う気持ちを台座にして、さらに楽しいアイディアを盛り込んで、
未来のヘルスケアを考えるセッションを続けていこうと思います。

レゴ®シリアスプレイ®の認定ファシリテーター鈴木かすみさんと、参加してくださった皆さまに心から感謝します。

どうぞこれからもよろしくお願いいたします。

(イノベーションファシリテーター かがみ洋子)

このセッションに参加する方はこんなセッションにも参加しています。

2017
07/07
終了

レポートあり

2017
04/19
終了