OUR FUTURES

クリーン・エネルギー・フリマ #043

余剰電力をあなたは誰にお裾分けする?

クリーン・エネルギーや分散型電源への期待から、エネルギーもまた地産地消を支援する世論が高まってきています。米国では地域で生み出された太陽エネルギーを、電力会社だけでなくご近所など、誰でも円滑に売買できるようにするためのシステムが開発され、利用されはじめてきているようです。

米国のトランプ政権はクリーン・エネルギーへの予算削減をしようとしている一方、Googleは全世界のデータセンターとオフィスのエネルギーを100%再生可能エネルギーで賄うことを宣言したり、欧州はクリーン・エネルギー推進政策を取ったりするなど、クリーン・エネルギー活用の流れが止まることはなさそうです。

クリーン・エネルギーの安定供給と需給バランスを管理し、余剰電力をやり取りするビジネスが活性化していくことで、そのやり取りや売買がより簡易化・効率化していき、各家庭やオフィスで売買したり、お裾分けしあったりすることが日常化しているかもしれません。

発想元:


■未来の兆しにご興味のある方は
https://goo.gl/OMyJiw

文/筧 大日朗(OUR FUTURESディレクター)


タグ

関連するストーリー

  • 親子リトリート #042
  • 疲労をためない生活は、どんな行動変化をもたらす? 疲労に対する科学的調査が進み、大半の疲労は筋肉などの肉体的エネルギーの枯渇ではなく、「脳の中にある自律神経の中枢」である視床下部や前帯状回と呼...

  • データドリブン個性 #044
  • 自律的・他律的・偶発的、あなたがらしい行動のバランスは? スポーツ選手の生体データを取得して、選手の体調管理やけが予防、パフォーマンスの改善につなげる「スポーツセンシング」デバイスの活用が広が...

  • 映像のシロとクロ #045
  • あなたは映像や音声記録を未来でも信じられる? 人工知能の技術が進化し、音声や映像を簡単に、本物そっくりに改ざんしたり、他人になりすましたり、ゼロから創造することができる技術が生み出されつつある...

  • Future Session Week 2017 はじまります!
  • 想いある人たちが集中的にFuture Sessionを開催するイベント、「Future Session Week」の2017年版がいよいよはじまります!期間は、2017年7月1日(土)〜 7月9...