OUR FUTURES

ロス・エネ #047

あなたのまわりで廃棄していたけれど、新たな資源として活用できるものは何?

食品がすべて無料のスーパーがオーストラリアのシドニーに登場したようです。無料にできる理由は、従来であれば食べられるのに廃棄される「食品ロス」の商品を扱っているため。この問題に対する意識を高め、さらに生活に困っている人々の支援につなげることも目指しています。

また、焼酎作りなどの工場やうどん屋などの飲食店から出る、食品廃棄物によるバイオガス発電による売電を狙う技術も普及しはじめてきたようです。

これまでロスしたり廃棄したりしていたものが見直され、資源化したりエネルギーに変えたりすることで、持続可能性を高め、格差も是正するサービスが街中にあふれるようになるかもしれません。

発想元:


■未来の兆しにご興味のある方は
https://goo.gl/OMyJiw

文/筧 大日朗(OUR FUTURESディレクター)


タグ

関連するストーリー

  • シン・オフィス #046
  • あなたはが働きたいオフィスはどちらの世界に存在する?8年がかりで建設され、50億ドルの費用がかかっているといわれる米アップル(社員約12,000人)の新本社「アップル・パーク」が、今年(2017...