OUR FUTURES

キャリアカウンセラーがファシリテーションで社会を変える 竹本 記子さん

竹本記子さんは、キャリアカウンセラーである。
そして、ダイバーシティのフューチャーセッションの仕掛人でもある。
彼女のすごいところは、「これいい!」と信じたら周囲にすごい勢いで働きかけて行くパワー。
一人ひとりに向き合うキャリアカウンセラーがネットワークして、数十人から数百人という対象者に一斉に働きかけたら、世界は変わるんじゃないか? そう信じたら、もう突っ走っている人。
キャリアカウンセリングや、コーチングを学んだ人はみんな、ファシリテーションが上手。
ぜひ、彼女に続いてほしい。



■インタビュー

ーーあなたが起こそうとしている変化は?

「輝く未来のため、ひとりひとりのイノベーションのパワーを生み出し、つむぐ人生を熱く楽しみたい!」これが私の現在の理念。日本のファシリテーターは世界で重要な役割を担うと思っています。そのために日本が多様な価値観を対話で楽しめる社会にすることが大切。だからこそ、古いシステムから新しいシステムへと誘う。そんなキッカケとなる場をつくり、ファシリテーションを普及していきたい。


ーーイノベーション・ファシリテーター講座で得られたことは?

「イノベーションを起こすことができる」という確信を仲間との出会いと講座の経験で得ることができました。ひとりでは何も動かない、でもひとりが動かせることもある。それは仲間の存在。どんなときも声を掛け合える、助けてと言える、お互いに切磋琢磨できる熱いメンバー。ともに講座の中で何度も取り組み、それがあったからこそ今も続く絆。全国にわたって普段会えなくても本当に心強いクレイジーな仲間は宝です。


ーーこの講座をおすすめしたい人は?

未来をより良くしたい。できることなら自分が関わり未来へのバトンを渡したい。そんな想いがあるけれど、どうしたらいい?やりたいことあるけれど、ひとりでは難しいと考えている。何かできることがあるはず。こんな言葉にグッときたらきっとアクションを起こす時だと思います。
そして、ファシリテーターはもちろんキャリアカウンセラーの方も一緒に未来をつむぎませんか?
待ってます!!


構成・文/芝池 玲奈


タグ

関連するストーリー

  • リード・フォー・ヘルス #036
  • 読書で健康を実感できる未来、読書環境のまわりに何がある? 読書の利点は「学び」だけではなく、「健康効果も高い」ということが研究結果から判明してきているようです。2016年9月号の「ソーシャル・...


  • ファクト予報 #037
  • 事実確認が容易になった社会では、ニュースの受け取り方や発言方法はどう変わる? 政策の詳細より感情へのアピールが重視される政治文化や災害時の流言・デマによる問題の深刻化によって、事実確認(Fac...