OUR FUTURES

ファシリテーターとしての生き方の軸 高野 元さん

高野元さんは、イノベーション・ファシリテーター第1号だ。
病気で体調を崩したあとも、イノベーション・ファシリテーターのあり方を微塵もぶれさせない、すばらしい人格者だ。
彼はつねに、自分をとりまく多様なネットワークをつなぎ、多くの人と人との出会いをファシリテートし続けている。
彼のレジリエンスはどこから生まれるのか? と多くの人が尊敬してやまない。
その生き方の軸に、イノベーション・ファシリテーターの思想があることは、私たちの誇りでもある。



■インタビュー

ーーあなたが起こそうとしている変化は?

一人ひとりが自立して多様性を受け入れ、自分の可能性を追求できる社会になるといいなとずっと考えてきました。特に、健常者と障がい者の双方がもっと協力し合える機会を作り出すことで、自分を含めた障がい者の自立と、より良い社会との共生の形を模索しています。


ーーイノベーション・ファシリテーター講座で得られたことは?

まずは、ファシリテーターの基本スキルを体系的に学べたことですが、全国から集まった行動する人たちと出会え、さらにお互いに刺激し励まし合える関係が継続していることが大きな収穫です。ステークホルダーが多岐にわたる課題であっても解決策は見つかるはずと、対話への信頼感を強く持てるようになりました。


ーーこの講座をおすすめしたい人は?

地域・業界など、多様なステークホルダーを抱える領域で事業開発を担当している、企業のマネージャー/リーダクラスの方におすすめします。自ら社外の人々を巻き込んで、オープン・イノベーションを牽引するために必須のスキルが学べると考えます。


参考:


構成・文/芝池 玲奈


タグ

関連するストーリー

  • リード・フォー・ヘルス #036
  • 読書で健康を実感できる未来、読書環境のまわりに何がある? 読書の利点は「学び」だけではなく、「健康効果も高い」ということが研究結果から判明してきているようです。2016年9月号の「ソーシャル・...


  • ファクト予報 #037
  • 事実確認が容易になった社会では、ニュースの受け取り方や発言方法はどう変わる? 政策の詳細より感情へのアピールが重視される政治文化や災害時の流言・デマによる問題の深刻化によって、事実確認(Fac...

  • 家族MBOアプリ #034
  • 家族で目標管理、あなたや家族はどんな目標を立てている? 学生が主体的・能動的に問題を発見して解決していく「アクティブ・ラーニング」は、小中高から大学等の教育機関の学習方法として注目され広がって...