OUR FUTURES

学びと遊びを考えるフューチャーセッション第2弾

学びと遊びを考えるフューチャーセッション第2弾

学びと遊びを考えるフューチャーセッション第2弾

Closed

インフォメーション

開催日時
2017-03-18 (Sat)
08:00 ~ 09:00
応募締切日時
2017-03-18 (Sat) 09:00
会場名
下野新聞NEWSCAFE
住所
宇都宮市江野町8-12
> google mapで表示
定員
15 人
参加費
Free
主催者

望(のぞみ)ワークショップ 多ぁ望


メンバー

企画メンバー 1

参加者 1


学びと遊びを考えるフューチャーセッション第2弾

Mission

ワークライフバランスが注目され、働き方の見直しが迫られています。私達は学ぶことと遊ぶことを経験して育ってきました。そんな対称的な2つのキーワードから新たな行動のヒントを導きます。

Participation

仕事に悩んでいるひと、ワークライフバランスに興味あるひと、自分の成長をしっかりと実感したいひと。新たな遊びにチャレンジしたいひと。

Description

宮の朝カフェでは土曜日の8:00〜9:00の時間に多様な参加者が集まり、さまざまなテーマで学び合いの場を提供しています。

今回は「Aha2!フューチャーセッション 〜学びから遊びを生みだすチャレンジ〜」と題して「学ぶと遊ぶ」についてみなさんと議論を深めていきたいと思います。

「遊ぶように学ぶとは何か?」

「学ぶように遊ぶとは何か?」

第1弾では「学びを加速するアイデアとは?」という問いかけについて参加者同士で対話をしてもらいました。詳細レポートはこちらへ。

https://www.ourfutures.net/sessions/2317/report#session-tabs

第2弾の今回は「遊びから学びを生みだすチャレンジとは?」について対話を進めていきます。お楽しみに。

参加者の信頼感を高める

イントロダクション

08:00 - 08:05 (08:17 - 08:27)

自分の趣味って語れますか? 「あんまりありません・・・。」っていうひともいるかもしれません。

好きなコトはあるだけど、趣味って呼べるほどじゃない・・・。

どうして趣味ってハードルが高いのでしょうか。

第1弾は「学びを加速する方法とは?」というテーマで学びについてフォーカスしてきました。

第2弾は「学びから遊びを生みだすチャレンジとは?」ということで遊びにフォーカスしていきます。

このあと参加者のみなさんにポストイットに「私のハマった遊び」を書いてもらいました。

ストーリーテリング(Storytelling)

08:05 - 08:10 (08:27 - 08:40)

「私のハマった遊び」をペアで共有。さらに「そこから得られた学びは何か?」を語ってもらいました。例えばこんな感じ。

「ボードゲームは、仲間とルールを守りながら楽しめること。」

「デジタルガジェットからは、世の中の流れがつかめること。」

「サッカー観戦は仲間と一体感を得られ、非日常体験ができる。」

Scheme641:どんだけハマっている趣味でも、そこに学びあり。それを意識すると新たな遊び方が見えてくる。

参加者に自分で決めてもらう

フィッシュボウル(Fishbowl)

08:10 - 08:20 (08:40 - 08:50)

次にフィッシュボウルで「学びと遊びの相違点、共通点は何か?」というテーマで対話を進めました。

冒頭はファシリテーターから第1弾でも同じ問いで対話を進めた結果からメッセージを伝えました。

「前回のフューチャーセッションで、学びと遊びの共通点は”子”という漢字にあるという面白いアイデアが出てきました。これについてどう感じますか?」

 ここから内側の輪の中に入ってきたメンバーによって、対話が深まり次のような発想が見えてきました。

「大人の考える子どもの遊びは、おもちゃで遊んだり、鬼ごっこなど決まったルールで楽しむこと。つまり遊びとは与えられるものという考え。」

「でも実際の子どもの遊びは違う。ルールは自分達で作っちゃうし、身の回りの物体はすべておもちゃだし。つまり遊びとはつくりだすもの。」

 というわけで「学びと遊びの相違点、共通点は何か?」というテーマで始まった対話から「子どもと大人の考える遊びと学びの相違点」が見えてくるという面白い構図の変化が生まれました。

Scheme642:学びと遊びの共通点から、おとなとこどもの相違点が導かれる。これがフィッシュボウルの効果。

「学びから遊びを生みだすアイデアは?」
 ここから「遊び」にフォーカスしたアイデア出しを2グループにわかれて実施しました。ここまでで学びと遊びの境界が薄まってきたのであえて問いを書き換えてみました。「新しい遊びを提案する」としました。

ブレインストーミング(Brainstorming)

08:25 - 08:30 (08:50 - 09:20)

グループでひとつのアイデアをつくる。

アイデアにタイトルを付け、その遊びから得られる効果を書いてもらいました。A3の紙にプロトタイプをまとめる。

2グループから出てきた「新しい遊びの提案」はこちらです。

Aグループ:「お散歩ルンルン」

Bグループ:「当てっ子ゲーム」

 詳細の内容は一番下のリンク参照ください。

行動につなげる

プロアクションカフェ(Proaction Cafe)

08:30 - 08:35 (09:20 - 09:30)

グループでひとりプロアクションカフェに立つ。3つの問いを表現する。

 ①本当にやりたいことは何か?
 ②行動する上で、不足していることは何か?
 ③自分にできる小さな一歩は何か?

サークル(Circle)

08:35 - 08:45 (09:20 - 09:30)

クロージングではプロアクションカフェで引き出された「③自分にできる小さな一歩は何か?」を参加者全員でシェアして終了となりました。

中にはグループで導いたアイデアそのものをイベントとして実行したいという人も。これからが楽しみな宇都宮です。

Scheme643:アイデアにはそこにたどり着いた想いがある。それを見つけたときアイデアは自分のものになる。

このセッションに参加する方はこんなセッションにも参加しています。

2017
02/18
終了

レポートあり

2017
02/12
終了

レポートあり

2016
12/21
終了

2015
06/13
終了

このセッションのタグに関連するストーリー