OUR FUTURES

試食あり!!日本一働きやすい魚の町、石巻〜水産業の新たな関わり方を考える〜

Mission

水産業の課題対策、そして宮城県石巻市の関係人口になりませんか。

※登壇されるヤマナカの牡蠣と明太子が試食できます!!

参加の申し込みはこちら【定員30名】

 http://bit.ly/31FGZGY

詳細はこちらをご覧ください。

https://www.relighttohoku.com/

動画はこちら

https://youtu.be/Z4siczXWTZ4

試食あり!!日本一働きやすい魚の町、石巻〜水産業の新たな関わり方を考える〜

試食あり!!日本一働きやすい魚の町、石巻〜水産業の新たな関わり方を考える〜

Closed

インフォメーション

開催日時
2019-11-19 (Tue)
18:30 ~ 21:00
応募締切日時
2019-11-18 (Mon) 21:00
会場名
スマートニュース株式会社 会議室
住所
東京都渋谷区神宮前6丁目25-16 いちご神宮前ビル 2F
> google mapで表示
定員
30 人
参加費
無料
主催者

復興庁


メンバー

企画メンバー 1

参加者 0

試食あり!!日本一働きやすい魚の町、石巻〜水産業の新たな関わり方を考える〜

Participation

関係人口に興味のある方、水産業に興味のある方などなど

Description

■東京開催ワークショップ
日 時:2019年11月19日 18:30~21:00
会 場:スマートニュース
(東京都渋谷区神宮前6丁目25-16 いちご神宮前ビル 2F)
応募締め切り:2019年11月18日
宮城県内第二の人口を擁する宮城県石巻市。

漁場に近い石巻市は全国でも有数の水産都市となっています。東日本大震災では水産業が大きな被害を受け、若手漁師や移住者たちが立ち上がりました。これまで水産業における”新3K”(カッコいい、稼げる、革新的)を目指し、PRや商品開発・マーケティングの革新など国内でも先進的な取り組みを実行。現在は、働き手のエンゲージメント向上や副業による人材獲得といった「働きやすさ」に対して挑戦中です。日本一働きやすい魚の町、石巻の可能性に出会い、水産業の未来について考えてみませんか?

【ワークショップ タイムテーブル】

 18:30 開会あいさつ

 18:35 Re:来人の概要説明   

18:45 キーノート   

『水産業における"新3K"を創る。未来の世代が憧れる水産業を。』(仮)

  スピーカー:ヤフー株式会社社会貢献事業本部/一般社団法人フィッシャーマン・ジャパン事務局次長 松本裕也氏

『三陸の海から世界を革新させる。最高の品質を最良の価格で。』(仮)

  スピーカー:株式会社ヤマナカ代表取締役社長 髙田慎司氏

『漁師への愛をデザインに込めて、安達日向子の生き方。』(仮)

  スピーカー:合同会社さかなデザイン代表 安達日向子氏

 20:00 セッション「石巻との関わり方を探る!」(仮)

20:40 ツアー詳細の紹介 

20:55 閉会メッセージ

添付ファイル

relight2019_Ishinomak_flyeri-compressed.pdf
(2019/11/15 16:48:03にアップロードされました)

1

参加者の信頼感を高める
  • 18:30-20:00

イントロダクション


  • 15分

ストーリーテリング(Storytelling)


  • 75分

2

参加者で話し合う
  • 20:00-21:00

サークル(Circle)


  • 40分

ツアーの案内について


  • 20分
  • Let's copy this session and evolve into a new session!

このセッションに参加する方はこんなセッションにも参加しています。

2017
07/20
終了