OUR FUTURES

2025年の“感動にあふれた生活”を創る「感動あふれる子ども達の未来」#2

Mission

ソニーのコーポレートビジョンである
「Be Moved~お客様の好奇心を刺激し、感動を提供する」
を社会の共有価値として実現していくことを目的に、
6月から連続開催することになった
「2025年の“感動にあふれた生活”を創る」
ためのフューチャーセッション。

多様なアイデアを生んでいくために、ソニー社内外の
様々なユーザー、企業、NPOなどが広く集い、
ユーザー視点で未来思考の”感動にあふれた生活”を発想します。

参加した誰もが、ユーザー視点で実現したい未来像を描き、
そこから新規事業アイデアを生むためのヒントを得る場です。
その結果として、業界横断で“感動にあふれた生活”を創るための、
社会的ムーブメントを起こしていきたいと考えています。

セッション第一弾のテーマは「感動にあふれる子ども達の未来」。
デジタル技術の未来を考えるとき、
本当に子どもたちのためになるテクノロジーとは何だろうか?
生まれながらにスマホやタブレットに親しんでいる
10歳代以下のデジタルネイティブ第二世代は、
どのようにして創造性を育むのが良いのだろうか?
このような課題意識から「子ども」をテーマに設定しています。

第1回セッションでは、多様な参加者によって、
子どもたちの未来に向けた「変化の兆し」が260個持ち寄られました。
そこから全員で「重要な兆し」を31個選び、それらの兆しから、
「2025年の子どもたちの未来像」を26個生み出しました。


第1回セッションで得られた洞察

第1回セッションでは、ソニー社内外の多様な参加者によって、
260の変化の兆しの中でも、次のような変化が多く語られました。
(親の意識や収入によって)「教育の格差」が広がる
(環境破壊によって)子どもが「外に出られない」ようになる
(創造性という観点では)「子から親が学ぶ」時代がくる
(詰め込み型の教育から)「自然の中で学ぶ」ことの重要性に回帰する

第2回セッションでは、第1回セッションのアウトプットに基づいて、
子どもの感動ある生活の未来に対して、
「不確実性が高くインパクトの大きい2軸」を選び、
これら2軸によって描かれる4つの世界観を具体化していきます。

つまり、「子どもの感動ある生活」を生み出そうとする主体にとって、
避けようのない極端な環境変化を想定して、それぞれのシナリオ毎に、
ソニーは何ができるか?学校は何ができるか?家庭では何ができるか?
を具体化していきます。

2025年の子どもたちの感動ある生活の未来は、
軸1)「学びの環境」がどうなるか
   自然・身体・人との関係に回帰するのか? (Be Natural)
   ⇔ それとも、極端に仮想化が進むのか? (Go Virtual)
軸2)「親子の関係性」がどうなるか
   子が親の理解を超えて学んでいくのか?(Beyond Parents)
   ⇔ 親が子の環境を整えるかどうかが鍵なのか?(Parental Care)

これら2軸から、4つの世界が生まれます。
(1)Community Scenario: 自分の住む地域の繋がりから学習する世界
   自然・身体・人との関係に回帰する × 子が親の理解を超えて学んでいく
(2)Geopark Scenario: 親が様々な学習体験環境を選んで子供に提供してあげる世界
   自然・身体・人との関係に回帰する × 親が子の環境を整える
(3)Entrepreneur Scenario: 子ども達同士が仮想世界でつながり、起業家になれる世界
   仮想化が進む × 子が親の理解を超えて学んでいく
(4)Protection Scenario: 親が選んだオンラインプログラム等で子どもが学ぶ世界
   学びの環境の仮想化が進む × 親が子の環境を整える

第2回セッションでは、これら4つの世界観の特徴をさらに具体化し、
それぞれの世界で生まれる「感動」のストーリーを描いていきます。

2025年の“感動にあふれた生活”を創る「感動あふれる子ども達の未来」#2

2025年の“感動にあふれた生活”を創る「感動あふれる子ども達の未来」#2

Closed

インフォメーション

開催日時
2014-08-04 (Mon)
18:00 ~ 21:00
応募締切日時
2014-08-04 (Mon) 21:00
会場名
ソニー本社(品川)
住所
東京都港区港南1-7-1
> google mapで表示
定員
45 人
参加費
無料
主催者

主催:ソニー株式会社 協力:株式会社フューチャーセッションズ


メンバー

参加者 0


このセッションはURLを知っている方のみが閲覧できます。

2025年の“感動にあふれた生活”を創る「感動あふれる子ども達の未来」#2

Participation

第1回セッションの参加者の方を中心にお招きしたいと考えておりますが、新規の方も一部交えたいと思っています。

★一般より 約40名の方をお招きしたいと考えております。
 - 様々な企業の方々(教育ビジネスに関わる方々、その他多様性に富む関連領域の方々など)
 - 教育や子育て関連の研究者、実践者、NPO、社会企業家等の方々
 - 一般の方々(子育てをしている方、その他の方)

★ソニーより 約40名 が参加いたします。
 - 子どもの未来に関して課題意識を持っているメンバー
 - 子どもの未来について提案や解決策を考えていきたいという想いがあるメンバー

Description

【事前宿題のお願い】
自分の周りを観察したり、もし回りにお子さんがいない場合はヒアリングして、子どもが喜んでいたり、心を震わせていたり、感動しているシーンをお持ちください。
(当日、セッションで活用いたします。写真でも、エピソードでも、Web記事でも、フォーマットは問いません)

【ご注意】
以下の添付ファイル「SAP Workshop参加規約」(20140603_SAPWorkshop参加規約.pdf)をダウンロードし、内容ご確認の上、同意していただいた後「参加ボタン」を押してお申し込みください。

添付ファイル

20140603_SAPWorkshop.pdf
(2014/07/08 15:23:34にアップロードされました)

1

問いを共有する
  • 18:00-18:50

サークル(Circle)

※参加者は受付でくじをひき、4つの世界観のうちのどれかに分かれます。

主催者:あいさつ、イントロダクション
ファシリテーター:本日の進め方・ねらい
全員参加:事前宿題に関する対話

  • 15分

ストーリーテリング(Storytelling)

第1回セッションで持ち寄られた変化の兆しと作成された未来像より設定した2つの分岐点と、そこから生まれる4つの世界観を紹介します。

【分岐点】
・「学びの環境」が、
  自然・身体・人との関係に回帰する ⇔ 仮想化が進む
・「親子の関係性」が、
  子が親の理解を超えて学んでいく
  ⇔ 親が子の環境を整えるかどうかが鍵

【4つの世界観】
(1)Community Scenario: 地域の知らない大人から学習する世界
   自然・身体・人との関係に回帰する × 子が親の理解を超えて学んでいく
(2)Geopark Scenario: 親が選んだ体験プログラムにあふれた世界
   自然・身体・人との関係に回帰する × 親が子の環境を整える
(3)Entrepreneur Scenario: 子どもが仮想世界でつながり起業家になる世界
   仮想化が進む × 子が親の理解を超えて学んでいく
(4)Protection Scenario: 親が選んだサイトで子どもが学ぶ世界
   学びの環境の仮想化が進む × 親が子の環境を整える

  • 15分

フィッシュボウル(Fishbowl)

4つの世界観に関連して、ゲストからのインスピレーショントーク:
4つの世界観を深めるための視点や問いかけを提供してもらいます。

  • 20分

2

未来シナリオを描く
  • 18:50-20:40

ワールドカフェ(World Cafe)

4つの世界を改めて簡単に紹介。
4ラウンドを通して、4つの世界を渡り歩き、世界観の理解を深め、感動の特徴を考えます。

・Round1:
 それぞれの世界での「子どもの生活」の特徴を10個挙げていきます(15分)
 学校は?遊びは?夏休みは?勉強は?
・Round2:
 テーブルを変わり、その「子どもの生活」で起こる「感動ポイント」を挙げていきます(10分)
 (どんな時に、どんなことがあり、どんな感情変化があるのか? )
・Round3:
 テーブルを変わり、その「子どもの生活」で起こる「感動ポイント」をさらに挙げていきます(10分)
 (どんな時に、どんなことがあり、どんな感情変化があるのか? )
・Round4:
 各自Round1のテーブルに戻り、「子どもの生活」の特徴と「子どもの感動」の特徴をそれぞれ5つに集約し付箋に書き出します(15分)
・ハーベスト:
 それぞれのテーブルごとに、5つに集約した「子どもの生活」「子どもの感動」の特徴を全体に共有します(15分)

  • 60分

テーマアップ

4つの世界の中で、子ども達の「感動にあふれた生活を創る」ために、自分が実現したいことについてテーマを募集します。
(ソニー10名+外部参加者10名程度)

テーマ提起者以外の方は、支援者となり、提起者のアイデア実現を支援します。
・ソニーの人が提起者のところには、外部の目線で協力できること
・外部の人が提起者のところには、ソニーが協力できること
を念頭に、自分が応援したいテーマ提起者と4人程度のチームを作ります。

  • 20分

クイックプロトタイピング(quick prototyping)

チームにわかれ、アウトプットを作成します。
その世界/シーンでの「感動」のストーリーを4コママンガで表現します。

4コママンガのフォーマット
・自分たちが作りたいシナリオで起こっていること表現します。
 1コマ目:どんな時に/何をしている時に
 2コマ目:どんな発見/何があって
 3コマ目:どんな感動ポイント
 4コマ目:その結果どうなるのか

  • 30分

3

アクションを生み出す
  • 20:40-21:00

サークル(Circle)

各チームのプレゼンテーション (1分×20チーム)

  • 20分
  • Let's copy this session and evolve into a new session!

このセッションに参加する方はこんなセッションにも参加しています。

2019
02/24
終了

レポートあり

2019
02/22
終了

2019
02/02
終了

レポートあり