OUR FUTURES

熊本の未来を考えるフューチャーセッション プロムナード・カフェ

Mission

秋色に色づく熊本県庁プロムナード。
銀杏並木が優雅に演出する空間で、「30年後に残したいくまもと」の姿をみんなで話してみませんか。

将来「くまもと」が素晴らしい街になっているとしたら、そこでは何が起きているでしょうか?
そのために私達には何ができるのでしょうか?

熊本で活躍する企業、NPO・団体、大学・学生など、組織や地域を超えて様々な市民が集まり、自分ゴトで創りたい「くまもと」の未来の姿やアイデアについて考える参加型のイベントです。新たな出会いとつながりから、一緒に「くまもと」の未来を創っていきましょう!

熊本の未来を考えるフューチャーセッション プロムナード・カフェ

熊本の未来を考えるフューチャーセッション プロムナード・カフェ

Closed

インフォメーション

開催日時
2014-11-29 (Sat)
13:00 ~ 16:00
応募締切日時
2014-11-29 (Sat) 16:00
会場名
熊本県庁プロムナード
住所
熊本市中央区水前寺6丁目18番1号
> google mapで表示
定員
100 人
参加費
無料
Information note

・雨天の場合は、県庁新館ロビーで行います
・要事前申込
申込先:熊本県立大学 地域連携・研究推進センター
- FAX  096-387-2987
- E-mail renkei-c@pu-kumamoto.ac.jp
- 参加申し込みフォーム:https://docs.google.com/forms/d/1PQKnw3zsLkJpxJ-2wntudb81HeXx40yG56n9j89oFW8/viewform?usp=send_form

主催者

主催:熊本県立大学 COC推進室、県庁イブニング・ダイアログ 協力:株式会社フューチャーセッションズ



タグ

熊本の未来を考えるフューチャーセッション プロムナード・カフェ

Participation

くまもとの未来について考えたい・話したい・思いのある人

Description

熊本県立大学COC(地(知)の拠点整備)事業とは
 大学が、自治体等と連携し、全学的に地域を志向した教育・研究・地域貢献を進め、課題解決に資する様々な人材や情報・技術が集まる地域コミュニティの中核的存在(Center of Community)として機能強化を図るものです。熊本県立大学は「『もやいすと(*)』育成と産官学民の対話と協働で拓く未来」というテーマで平成26年度文部科学省「地(知)の拠点整備事業(大学COC事業)」に採択されました。
(※ 船を相互につなぎとめる「もやい」の意から、地域作りのキーパーソンを「もやいすと」と定義)

県庁イブニング・ダイアログについて
「イブニング・ダイアログ」は、2011年に熊本県庁の職員で立ち上げた自主勉強会です。仕事終わりの夕方、様々なテーマで対話し、アイデアを出したり次のアクションを考えてみたりと、“真面目な雑談”的な場を創っています。参加者は、行政関係、民間企業、大学生など、活動を継続する中で拡がりをみせています。
単なる会話でもなく、何かを決める協議でもない。“対話”する(聴くこと×話すこと)中から、新たな知恵を生み出す時間と空間、それがイブニング・ダイアログです。

熊本県立大学のお知らせページはこちら
http://www.pu-kumamoto.ac.jp/site2010/php/news/info.php?no=2291

1

問いを共有する
  • 13:00-13:15

イントロダクション

・主催者あいさつ(熊本県立大学学長、県庁イブニング・ダイアログより)
・セッションのゴールや進め方の説明(ファシリテーターより)

  • 15分

2

関係性をつくる
  • 13:15-13:25

ストーリーテリング(Storytelling)

近くの人と2人組を作ります。
聴き手と話し手を決め、話し手は問いについて物語をかたり、聴き手はじっくり傾聴します。

・問い:
- 30年後の熊本は、どうなるでしょう?
 現状の延長だと?どのような機会や課題があるだろう?(3分×2人)

  • 10分

3

多様な知識を持ち寄る
  • 13:25-13:50

金魚鉢(Fishbowl)

内側と外側の円をつくり、内側の円で問いについて対話します。
内側の円には1つ空席を用意しておき、外側の円にいる話したくなった人は内側にポーンと入って話題提供することができます。

・問い:
- 30年後の熊本は、どうなるでしょう?
 現状の延長だと?どのような機会や課題があるだろう?
※2人組でのストーリーテリングの内容を全体で共有します。

  • 25分

4

新しい問題の構図を描く
  • 13:50-14:50

ストーリーテリング(Storytelling)

4人組になり、問いについて紹介しあいます。

・問い:
- 熊本のためにわたしたち一人ひとりがやっている“ちょっといいこと”は?

最後に【葉っぱ型の付箋】に、「熊本のために自分がやっている“ちょっといいこと”」を全員が記述します。

  • 20分

マグネットテーブル(Magnet Table)

2人組になり、問いについてお互いに引き出しあいます。

・問い:
- 30年後の熊本に対して、わたしたちは何ができるだろう?(5分×2人)

  • 15分

マグネットテーブル(Magnet Table)

全員がノート型の付箋に「30年後の熊本の未来を“創る”ために、わたしがやりたいこと」を記述します。(5分)

一人ひとりが書いた紙を見せあいながら、4〜5人のチームを作ります(10分)
【チームづくりの基準】
・似たアイデアを書いている!
・一緒になると化学反応が起きそう!
・自分のアイデアを捨ててもいい!

*チームができたところは、テーブルに移動して休憩

  • 25分

5

プロトタイピングする
  • 14:50-15:45

クイックプロトタイピング(quick prototyping)

チームの「やりたいこと」が実現し、新聞の一面にとりあげられました。そのときに未来新聞の一面をつくります。
(新聞名、日付、見出し、詳細記事、イラストなど)

  • 30分

発表

各チームの未来新聞を発表します(1チーム60秒)

  • 25分

6

アクションを生み出す
  • 15:45-16:00

サークル(Circle)

全員が問いについて【お花形の付箋】に記述します。
チームの中で付箋を読み上げ、それぞれの「最初の小さな成功」を共有します。

・問い:
- 創りたい未来に向けた最初の小さな成功は?

  • 15分
  • Let's copy this session and evolve into a new session!

このセッションに参加する方はこんなセッションにも参加しています。

2021
10/06
終了

2021
12/01
終了

レポートあり