OUR FUTURES

マグネットテーブル(Magnet Table)

マグネットテーブル(Magnet Table)

所要時間
15〜30分
特徴
  • 新しい問題の構図を描く
  • 参加者に自分で決めてもらう
  • チームを作る
利用ツール
  • Icon method hikkigu 01
  • Icon method a4 01

目的

マグネットテーブルは、主体性のあるテーマやアイデアで新たな問題の構図を生み出し、自己組織的にチームを生み出したいときに用いられる方法論です。

準備

参加者がテーマやアイデアを記入するための用紙(A4用紙や画用紙など)を用意しましょう。紙をお互いに見せあうときに見やすいように、見やすい色の太いペンを一人一本分、用意しておくとよいでしょう。

進め方

  1. 参加者に用紙やペンを配布します。まずアイデア出しのための問いやテーマを共有し、それに対して参加者は自分ごとで取り組みたいテーマやアイデアを用紙に記入します。なるべく簡潔かつ読みやすい大きな文字で記入します。
  2. 用紙に記入できたら、参加者はその用紙を見やすいように抱えながら、部屋の中を歩き回ります。最初は無言で歩き回り、できるだけたくさんの人と用紙を見せ合います。
  3. しばらく経ったところで、チーム作りの話し合いを始めてもらいます。互いの用紙を見合いながら、チーム作りの観点をもとに4〜6人のチームを作ります。
  • チーム作りの観点
    1. 似たことを書いている人
    2. 一緒になると化学反応を起こせそうな人
    3. 自分の書いたものを捨ててもいいと思える案を書いている人