OUR FUTURES

体を使って遊べる家で、あなたはどこを使ってどう遊ぶ?

スマホの普及で、「子どもが退屈しない」という誰も体験したことがない状況に突入したと言われています。しかし、スマホによるネットやゲームは、体を使って自由に遊ぶことに比べて独自性の高い時間とはなりにくく、子どもの成長につながっていないようです。一方、日本は高齢化社会にも突入しており、健康寿命を伸ばしたり、多世代共生への気運が高まってきています。そのため、子どもだけでなく大人も、体を使って試行錯誤しながら遊び、健康を維持することができる家が増えているかもしれません。

発想元:日経DUAL「子どもが多忙な時代 伸ばすべきは『非学校的能力』」2015年8月31日
http://dual.nikkei.co.jp/article.aspx?id=5774

■未来の兆しにご興味のある方は
https://goo.gl/OMyJiw

文/筧 大日朗(OUR FUTURESディレクター)


タグ

関連するストーリー

  • 助け合いアシスト・スーツ #033
  • ロボットスーツでボランティア、あなたはどんな活動をしている? 人体に装着することで筋力を増加させ、歩行機能を改善する機械装置が医療デバイスとして認められただけでなく、保険適用がされるようにまで...

  • リード・フォー・ヘルス #036
  • 読書で健康を実感できる未来、読書環境のまわりに何がある? 読書の利点は「学び」だけではなく、「健康効果も高い」ということが研究結果から判明してきているようです。2016年9月号の「ソーシャル・...

  • 2025年 オランダ・ジャーナリズムの未来3 #020
  • 前回に引き続き、オランダのジャーナリズム基金がまとめたテクノロジーの受容と社会的信頼の2軸によって分かれる4つの「2025年 オランダのジャーナリズムの未来シナリオ」のうち、「急進的 + 自分の...