OUR FUTURES

“ソーシャルの力”で地域ブランドは「進化」する ――氷見市の地域創生、次のかたちとは?

Mission

富山県、氷見市での取り組みを伺い、地域の特色を活かしたブランド価値を高めるアクションのあり方とそこで生まれる価値を探るイベントになります。

“ソーシャルの力”で地域ブランドは「進化」する ――氷見市の地域創生、次のかたちとは?

“ソーシャルの力”で地域ブランドは「進化」する ――氷見市の地域創生、次のかたちとは?

Closed

インフォメーション

開催日時
2015-06-09 (Tue)
18:45 ~ 21:00
応募締切日時
2015-06-08 (Mon) 23:00
会場名
HAB-YU platform
住所
〒106-0032 東京都港区六本木1丁目4−5
> google mapで表示
定員
50 人
参加費
無料
Information note

【お問い合わせ先】
HAB-YU platform(運営:富士通デザイン株式会社 ソフトウェア&サービスデザイン事業部)
fdl-arkadmin@ml.jp.fujitsu.com 

【事務局運営時間】
平日11:0018:00
※土日祝日にお問い合わせいただいた場合は、翌営業日にご回答いたします。

【注意事項】
内容は予告なく変更となる場合がございます。あらかじめご了承ください。

【応募締め切り】
定員をもって終了いたします。

主催者

富士通デザイン株式会社
http://jp.fujitsu.com/group/fdl/



メンバー

企画メンバー 1

参加者 1


“ソーシャルの力”で地域ブランドは「進化」する ――氷見市の地域創生、次のかたちとは?

Participation

  • 「地域ブランドを通じた地域活性化」に興味のある方
  • 「ソーシャルデザイン」に興味のある方
  • 「富山県」や「氷見市」に興味のある方
  • 新しいビジネスのヒントを見つけたい方

Description

「地域ブランド」の価値を高め、より大きくするヒントを学ぼう!

富士通デザイン株式会社一般社団法人issue+designは、あしたのコミュニティーラボ
を共催パートナーとして、地域の特色を活かしたブランド価値を高めるアクションのあり方とそこで生まれる価値を探るイベントを行います。

「地域ブランドを通じた地域活性化」の事例とされる自治体は、どのような取り組みを行っているのでしょうか。そこで近年注目される手法が「ソーシャルデザイン」です。住民や地域に関わる人々を巻き込みながら課題や解決のためのアイデアを出し、その解決を通じ新しい価値や機会を創出する事業モデルを構築する。地域ブランドを通じた課題解決を行うためには、当事者を含め多くの人々を巻き込んだ継続した取り組みが必要です。


体育館を利用した氷見市役所 庁舎

今回着目するのは、北陸新幹線開通に湧く富山県の北西部に位置する、寒ぶりで有名な「氷見市」。人口減や食資源の有効活用といった課題に取り組んだり、全国初の試みとして職員のイノベーション人材募集や体育館を市庁舎として再利用したりと、活性化施策が話題となっている地域です。今回はそんな氷見市を仮想フィールドとして、登壇者から現地の魅力や課題、これまでの取り組みを伺い、地域ブランドの価値を生み、高めていくヒントを得ます。さらに、登壇者から提示される地域の課題を、会話を通じて解決していく「ダイアローグ」の手法を用い、活動を前進させるためのヒントを参加者全員で考え出します。

地域に密着して新しい価値を生み出す活動に興味のある方、ご自身のスキルや発想を、地域のために活かしたい方、新しいビジネスのヒントを見つけたい方、ぜひご参加ください。


登壇者

市にイノベーションを起こし続ける氷見市長 本川祐治郎さんと、社会課題を市民と創造力で解決するべく全国各地で活動を行うissue+designの代表 筧裕介さんです。

氷見市長 本川祐治郎さん


お申込み方法

お申し込みは以下からお願いします。

http://everevo.com/event/23282


開催場所

HAB-YU platform

〒106-0032 東京都港区六本木1丁目4−5
六本木アークヒルズ サウスタワー3F 311

http://hab-yu.tokyo/


地域に密着して新しい価値を生み出す活動に興味のある方、ご自身のスキルや発想を、地域のために活かしたい方、新しいビジネスのヒントを見つけたい方、ぜひご参加ください。
参加費は無料ですので、お気軽にご参加ください。


1

オープニング
  • 18:45-19:05

開催主旨の説明など

  • ご挨拶
  • 施設案内、「HAB-YU」の紹介
  • ゲストの紹介
  • アイスブレイク
  • 20分

2

事例からヒントを得る
  • 19:05-19:55

ゲストによるプレゼンテーション

ゲストのプレゼンテーションから地域の課題と解決するヒントを得る

  1. 本川 祐治郎氏(富山県氷見市長)
  2. 筧 裕介氏(issue+design代表理事)



  • 50分

3

みんなでアイデアを考える
  • 19:55-20:35

参加者によるグループワーク

  • ゲストによるプレゼンテーションの気づきから、地域のブランド価値を高めるアイデアをみんなで考える
  • アイデアをポスター形式にまとめて、発表する
  • 40分

4

富士通の取り組み紹介
  • 20:35-20:45

富士通デザインの紹介

  • 平野 隆(富士通デザイン株式会社 チーフデザインディレクター)
  • 10分

5

エンティング
  • 20:45-20:50

振り返りなど

  • 氷見市長よりひとこと
  • アンケート記入
  • 5分
  • Let's copy this session and evolve into a new session!

The number of sessions which evolved from this session: 1

このセッションのタグに関連するストーリー

  • ブックストア・トラベラー #049
  • どんな地域で、どんな切り口の本屋体験をしてみたい?新宿歌舞伎町に、愛をテーマにして約600タイトルの本を扱いホスト書店員がおすすめの本を紹介してくれる、歌舞伎町ならではの訪れる理由をつくり出す個...

  • 地域から未来を動かす ー FSW2015 Pick Up
  • いよいよ6月5日より、フューチャーセッション・ウィーク2015が開催されます。すでに70近いセッションがエントリーされています。今回は、「地域から未来を動かす」ことを目的に開催されるセッションの...