OUR FUTURES

【西原市長退任記念イベント】対話でイノベーションを次々起こす協創のまちづくり

【西原市長退任記念イベント】対話でイノベーションを次々起こす協創のまちづくり

【西原市長退任記念イベント】対話でイノベーションを次々起こす協創のまちづくり

開催終了

インフォメーション

開催日時
2017/11/17 (金)
19:00 ~ 21:00
応募締切日時
2017/11/17 (金) 21:00
会場名
フューチャーセッションズ本社・渋谷if space
住所
渋谷区渋谷3-10-5 TOHTAMビル4F
> google mapで表示
定員
30 人
参加費
無料
主催者
野村 恭彦(フューチャーセッションズ)

【西原市長退任記念イベント】対話でイノベーションを次々起こす協創のまちづくり

セッションの目的

「市民ファシリテーターのまち」として日本中に有名になった、牧之原市。

市民ファシリテーターを10年かけて育成し、地域の力とした西原市長。市民協働のまちづくり、地方創生のビジョンづくりで、一歩も二歩も先を行く、本質的な「主体的な市民のまち」をつくってきました

そして、この10月末に市長を卒業し、牧之原市でつくってきた「対話によるまちづくり」を日本全国に広げて行くことも、考えていらっしゃいます。

フューチャーセッションズも、牧之原市で、市民ファシリテーターの主体性を「行政の企画したセッションのファシリテーター」から「市民自らがまちの課題設定を行い、対話を主導するファシリテーター」へと、もうワンステージ上げるための活動を支援してきました。

この日は、10月末に退任したばかりの西原市長をお迎えし、次の2つのトピックについて対話し、これからのイノベーションや、行政のあり方を考えます。

  • 対話によるまちづくりとは?ー市民協働、官民協働、協創プラットフォームを考える
  • 自治体の首長は、イノベーションの旗をどこまで振れるのか?ー対話でイノベーションを次々起こす、協創のまちづくりを考える

対象者

  • 行政・自体体のまちづくり、市民協働に関わる方々
  • 企業の人事、組織開発、働き方改革に関わる方々
  • 企業・NPOでまちづくりのイノベーションを考える方々

1

対談
  • 19:00-19:45

イントロダクション

今なぜ、市長がイノベーションの鍵を握っているのか?

  • 市民協働、官民協働の最前線:渋谷をつなげる30人
  • 15分

ストーリーテリング(Storytelling)

講演:

  • 西原茂樹(前・牧之原市長)
  • 30分

2

対談
  • 19:45-20:45

フィッシュボウル(Fishbowl)

対談:

  • 西原茂樹(前・牧之原市長)
  • 野村恭彦(フューチャーセッションズ代表)
  • そして参加者のみなさん


トピック:

  • 対話によるまちづくりとは?ー市民協働、官民協働、協創プラットフォームを考える
  • 自治体の首長は、イノベーションの旗をどこまで振れるのか?ー対話でイノベーションを次々起こす、協創のまちづくりを考える
  • 60分

3

チェックアウト
  • 20:45-21:00

サークル(Circle)

  • 気づきの共有
  • 15分
  • このセッションをコピーして、新しいセッションとして進化させましょう!

このセッションに参加する方はこんなセッションにも参加しています。

開催まで
あと 2

2017
10/20
終了

2017
10/13
終了