OUR FUTURES

フューチャーセッションズ 未来勉強会#11 【ロボットつくりを通じてわかった”人間らしさ”/モノへの愛着とは??〜】ゲスト:トヨタ自動車株式会社 片岡史憲氏

Mission

背景:

「あなたは、ロボットを味方だと思いますか、それとも敵だと思いますか?」

この問いは、”捉え方によってどちらとも言える”という内容かもしれませんが、傾向として日本人はアニメのおかげで、ロボットに対して好意的に捉える方が多いようです。

近年では、国内の人口減の影響なのか、ロボットに関するニュースが増えてきました。自動化を推進するロボットだけでなく、生活を豊かにするロボットは、これからの未来に必要不可欠だと思います。

しかし改めて、

『ロボットとは、どんな存在なのでしょうか?』

『もしかすると、ロボットを考えることは、人間を考えることではないでしょうか?』

今回は、トヨタ自動車でKIROBOというロボットの開発責任者を務めた片岡さんと共に、ロボットを通じた人間らしさと共に、『モノへの愛着とは?』を探求する対話を行います。

KIBO ROBOT PROJECT:

https://toyota.jp/kirobo_mini/kibo-robo/

KIROBO mini:

https://toyota.jp/kirobo_mini/

※KIROBO mini は、2018年12月をもって販売を終了しています。


プログラム内容:

テーマ

  • ロボットつくりを通じてわかった”人間らしさ”


問い

  • モノへの愛着とは?


◆プログラム(約2時間分)

  • イントロダクション(約10分)
  • インスピレーショントーク(約30分)
    − 自己紹介 

      − 片岡さんにとってのロボットとは?

      − 質疑応答

  • セッション(約70分)
    − あなたは、ロボットとどう過ごしたいですか?
    − また、人間とどう過ごしたいですか?
    − 愛着とは何だろうか?

   どうしたら、モノに愛着が湧くのだろうか?


  • クロージング(約10分)


〜勉強会後、1時間ほどの懇親会時間アリ〜

フューチャーセッションズ 未来勉強会#11 【ロボットつくりを通じてわかった”人間らしさ”/モノへの愛着とは??〜】ゲスト:トヨタ自動車株式会社 片岡史憲氏

フューチャーセッションズ 未来勉強会#11 【ロボットつくりを通じてわかった”人間らしさ”/モノへの愛着とは??〜】ゲスト:トヨタ自動車株式会社 片岡史憲氏

Closed

インフォメーション

開催日時
2019-04-24 (Wed)
19:00 ~ 22:00
応募締切日時
2019-04-24 (Wed) 22:00
会場名
フューチャーセッションズ 渋谷本社・渋谷 if space
住所
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-10-5 TOHTAMビル4F
> google mapで表示
定員
20 人
参加費
無料
Information note

最寄り駅:

  • JR渋谷駅東口・南口 徒歩5分
  • JR渋谷駅新南口 徒歩4分
  • 副都心線渋谷駅16番出口 徒歩5分
主催者
  • 株式会社フューチャーセッションズ


フューチャーセッションズ 未来勉強会#11 【ロボットつくりを通じてわかった”人間らしさ”/モノへの愛着とは??〜】ゲスト:トヨタ自動車株式会社 片岡史憲氏

Participation

  • 技術系:10名


  • 技術系以外の方:10名 

Description

ゲスト インスピレーショントーカー:


片岡 史憲(かたおか ふみのり)

トヨタ自動車株式会社 

S-フロンティア部、未来プロジェクト室、先進プロジェクト推進部 主査 

トヨタモビリティサービス株式会社 理事

青山学院大学理工学部卒業。
1989年トヨタ自動車株式会社に入社以来、本格4WD車のサスペンション開発や製品企画を担当。
2010年トヨタマーケティングジャパン出向しミニバン/SUV系のマーケティングディレクターを経て、2017年末まで新コンセプトプランナー、ロボット宇宙飛行士KIROBOとKIROBO miniの開発責任者、及びランドクルーザー開発主査を歴任。2018年からは法人事業部で技術営業として大企業との協業を担当。
現在は多部署を兼務しながら、仲間づくりと未来をつくることに取り組む(携わる)。


ファシリテーター:


最上 元樹
株式会社フューチャーセッションズ イノベーション プロデューサー 

2015年グロービス経営大学院大学経営研究科経営専攻修了(MBA)。
2002年に文房具事務用品メーカーのエーワン株式会社に入社後、営業、製品開発を経験。2010年から3M Japan Group 文具・オフィス事業部のマーケティングにて、事業戦略やマーケティング戦略立案を主導したのち、2016年1月フューチャーセッションズに入社。
大手企業のイノベーションプロデュースを中心に活動し、現在に至る


株式会社フューチャーセッションズ 
https://www.futuresessions.com/



フューチャーセッションとは?

フューチャーセッションとは、『既存の問題や課題を再定義し、未来のステークホルダーを招き、対話によって、協力し合える変化を起こす場』を生み出す新しい手法です。

経済産業省が発行する 『2016年 ものづくり白書』に「イノベーティブなアイデアやサービスを生み出す新しいメソッド」として掲載を頂きました。

「2016年 ものづくり白書」(METI/経済産業省)



注意事項:

  • 以下に添付されている「フューチャーセッションズ 未来勉強会 参加規約」をダウンロードし、内容ご確認の上、同意後、ページ右上の「参加ボタン」を押してお申し込みください。
  • セッションの構成上、途中参加はご遠慮いただき、開始時間に遅れないようご調整お願い致します。
  • 当日は、より多くの気づきを得るためにも、オープンマインドな気持ちでの交流・対話ができる場にしたいと考えています。
  • 当日のセッションで会話される内容やそこでの気づき・アイデアは、参加者のみなさんとの共有知となります。なお、秘密情報(ご所属会社や団体などご自身に関わるもの、第三者のものを問いません)はシェアしないようにお願い致します。
  • セッション当日の様子を写真/動画で撮影させて頂いた内容は、後日にレポートとして、フューチャーセッションズのWebサイト、ソーシャルメディア、広告などへ掲載する可能性がございますので、予めご了承ください。

添付ファイル

フューチャーセッションズ_未来勉強会_参加規約.pdf
(2019/03/19 14:37:03にアップロードされました)

1

イントロダクション
  • 19:00-19:15

オープニング


  • 10分

アイスブレイク


  • 5分

2

インスピレーショントーク
  • 19:15-19:45

ゲストトーク

トヨタ自動車株式会社 片岡史憲氏より、簡単なトークを頂き、「モノへの愛着」を対話するきっかけを得ます。

※質問は、トーク後に伺います。

  • 30分

3

セッション
  • 19:45-20:55

セッションの進め方

セッションの目的:

  • 「ロボットとの暮らし」を考えるプロセスから、『人間らしさ』や『モノへの愛着』について学ぶこと


進め方:

  1. 【個人ワーク】「わたしはロボットとどう過ごしたいか?」を付せんに洗い出す【05】
  2. 2~3つのチームをつくる【05】
  3. 【グループワーク】「私たちは、ロボットとどのように暮らしたいだろうか?」を付せんに洗い出す【10】
  4. 【グループワーク】「ロボットと暮らし始めた際に、ヒトとどう過ごしたいだろうか?」を付せんに洗い出す【10】
  5. 【全体対話】ロボットと暮らし始めた際に「どんな暮らしをしたいか?」を対話する【20】
  6. 【全体対話】「愛着とは何か?/どうしたら、モノに愛着が湧くだろうか?」を対話する【20】
  • 70分

4

クロージング
  • 20:55-21:00

クロージング

クロージングの挨拶を行い、
全体で集合写真を撮影します。


終了後は、1時間程度の懇親会をご用意していますので、ぜひご参加ください。

  • 5分
  • Let's copy this session and evolve into a new session!

The number of sessions which evolved from this session: 1