OUR FUTURES

フューチャーセッションズ 未来勉強会 in 東北 #01 【Waku2 as life 〜地域資源を活用した持続可能で豊かな暮らしとは?〜】ゲスト:東北大学 流体科学研究所 鈴木杏奈氏

Mission

背景:

「地域資源を活用した持続可能で豊かな暮らし」とは、どんな暮らしでしょうか?

日本・東北をワクワクさせることができるキーワードは、温泉地域!?

私たちが毎日当たり前に使っているエネルギーですが、現行の手段でエネルギーを生み出すためには、自然環境への負荷が避けられません。

日本国内には持続可能でクリーンなエネルギー資源が豊富に存在しているものの、技術的な課題や、人々の意識の相違などから、上手く活用することができていないのが現状です。

ですが温泉地域をもっと活用できる世の中になれば、今よりも一歩進んだ自然との共生社会が創れるのでは?

今回のセッションでは東北大学 流体科学研究所 鈴木助教をお招きして、専門分野である温泉を持続的に取り出す(湧く湧くさせる)ための研究をお話しいただきながら、最近鈴木さんが企業の方々と取り組み始めた、温泉地で働く文化を作る(ワクワクワーク)取り組みについてもご紹介いただきます!

地域資源に対する社会受容性の向上を図り、スムーズな合意形成を加速させるためには、互いの利権を主張し合うのではなく、自分たちがワクワクする地域のビジョンを一緒に創り、その町で豊かに暮らすイメージを共有ことが大切です。

これからの「都市」と「地域」のあり方を描き、新しいヒト・モノ・コト・情報の”流れ”を作るために、何をしたら良いか、『WakuWakuを実現する地域とは?』というセッションを通じて一緒に考えましょう!


プログラム内容:

テーマ

  • 地域資源を活用した持続可能で豊かな暮らしを探究する


問い

  • WakuWakuを実現する地域とは?


◆プログラム(約2時間を予定)

  • イントロダクション(10分)
  • インスピレーショントーク(30分)
    − 自己紹介
    − 研究・活動紹介
    − 質疑応答

  • セッション(70分)
    − WakuWakuできる未来の地域とは?
    − WakuWakuしながらあなたが世の中に貢献できることは?
  • クロージング(10分)


      〜勉強会後、1~2時間ほどの懇親会を開催します〜

      (東北大学レジリエント社会構築イノベーションセンター入居者交流会と合同開催、会費は1,000円 学生は500円となります)

      フューチャーセッションズ 未来勉強会 in 東北 #01 【Waku2 as life 〜地域資源を活用した持続可能で豊かな暮らしとは?〜】ゲスト:東北大学 流体科学研究所 鈴木杏奈氏

      フューチャーセッションズ 未来勉強会 in 東北 #01 【Waku2 as life 〜地域資源を活用した持続可能で豊かな暮らしとは?〜】ゲスト:東北大学 流体科学研究所 鈴木杏奈氏

      Closed

      インフォメーション

      開催日時
      2019-08-06 (Tue)
      15:00 ~ 19:00
      応募締切日時
      2019-08-06 (Tue) 19:00
      会場名
      フューチャーセッションズ東北拠点
      住所
      〒980-0845 仙台市青葉区荒巻字青葉468-1 レジリエント社会構築イノベーションセンター3F
      > google mapで表示
      定員
      15 人
      参加費
      無料
      Information note

      東北大学青葉山新キャンパス(未来科学技術共同研究センターの南側です。)

       <仙台市地下鉄東西線をご利用の場合>
      「仙台駅」から「青葉山駅」までは約9分
      「青葉山駅 南1出口」からセンターまでは徒歩1分
      ・料金/250円(仙台駅から)

      主催者
      • 東北大学 / COI東北拠点(東北大学革新的イノベーション研究プロジェクト)
      • 株式会社フューチャーセッションズ


      フューチャーセッションズ 未来勉強会 in 東北 #01 【Waku2 as life 〜地域資源を活用した持続可能で豊かな暮らしとは?〜】ゲスト:東北大学 流体科学研究所 鈴木杏奈氏

      Participation

      • 地域資源を活用した事業を生み出すことに関心がある方

      • 地熱、温泉の有効活用に興味関心がある方
      • 産学連携に取り組みたい企業の方
      • 流体研究に関心のある方

      Description

      ゲストインスピレーショントーカー:


       鈴木 杏奈(すずき あんな)

      東北大学 流体科学研究所 助教

      東北大学(環境)で博士(学術)取得後、スタンフォード大学(エネルギー資源工学科)、東京大学(数理)でポスドクとして、持続的な地熱エネルギー開発のための流れのデザインに関する研究に従事。2016年11月よりテニュアトラック助教として「自然構造デザイン研究分野」を始動。2011年3月に東北大学地域復興プロジェクト"HARU"を立ち上げ、「東北の自立」について模索する。2018年より、Waku2 as life プロジェクトを提唱し始める。



      ファシリテーター:

      相内 洋輔(あいない ようすけ)

      株式会社フューチャーセッションズ ソーシャルビジネスプロデューサー 

      ㈱リクルートに入社後、震災を機に公益財団法人東日本大震災復興支援財団へ転職。ソフトバンク㈱のCSR業務を兼務しながら、これからの東北を担う若者の育成や、東北の教育系NPOどうしのネットワークを構築するなど、復興支援に5年間従事。2018年にワークショップ、ファシリテーションの専門家として独立。同年より、フューチャーセッションズに参画し、東北拠点を立ち上げる。 


      主催者:

      東北大学 / COI東北拠点(東北大学革新的イノベーション研究プロジェクト) 


      フューチャーセッションとは?

      フューチャーセッションとは、『既存の問題や課題を再定義し、未来のステークホルダーを招き、対話によって、協力し合える変化を起こす場』を生み出す新しい手法です。
      経済産業省が発行する 『2016年 ものづくり白書』に「イノベーティブなアイデアやサービスを生み出す新しいメソッド」として掲載を頂きました。
      「2016年 ものづくり白書」(METI/経済産業省)
      http://www.meti.go.jp/press/2016/05/20160520001/20160520001.html


      注意事項:

      • 以下に添付されている「フューチャーセッションズ 未来勉強会 参加規約」をダウンロードし、内容ご確認の上、同意後、ページ右上の「参加ボタン」を押してお申し込みください。
      • セッションの構成上、途中参加はご遠慮いただき、開始時間に遅れないようご調整お願い致します。
      • 当日は、より多くの気づきを得るためにも、オープンマインドな気持ちでの交流・対話ができる場にしたいと考えています。
      • 当日のセッションで会話される内容やそこでの気づき・アイデアは、参加者のみなさんとの共有知となります。なお、秘密情報(ご所属会社や団体などご自身に関わるもの、第三者のものを問いません)はシェアしないようにお願い致します。
      • セッション当日の様子を写真/動画で撮影させて頂いた内容は、後日にレポートとして、フューチャーセッションズのWebサイト、ソーシャルメディア、広告などへ掲載する可能性がございますので、予めご了承ください。

      添付ファイル

      フューチャーセッションズ_未来勉強会_参加規約.pdf
      (2019/07/04 18:34:57にアップロードされました)

      1

      イントロダクション
      • 15:00-15:15

      オープニング

      ファシリテーターより、以下の内容を共有します。

      • 未来勉強会の説明
      • 本日の目的と到達点の説明
      • 10分

      アイスブレイク

      初めてお会いする方と2~3人組となり、以下のテーマについて簡単な対話を行います。(1人:1分程度)


      テーマ:

      • お名前
      • 所属
      • 好きな食べ物
      • 本日に話したいと思っていること
      • 5分

      2

      インスピレーショントーク
      • 15:15-15:45

      ゲストトーク

      東北大学 鈴木 杏奈先生より、簡単なトークを頂きます。

      ※質問は、トーク後に伺います。

      • 30分

      3

      セッション
      • 15:45-16:55

      セッションの進め方

      セッションの目的:

      「WakuWakuを実現する地域とは?」を考え、学ぶこと


      進め方:

      1. 「WakuWakuできる未来の地域とは?」を対話し、キーワードを書き出す【30】
      2. 「WakuWakuを実現する働き方とは?」について、グループの中で「コレが重要だ!」というキーワードを約10個に絞って言語化してみる【30】
      3. 各チームのキーワードを共有する【10】
      • 70分

      4

      クロージング
      • 16:55-17:00

      クロージング

      クロージングの挨拶を行い、
      全体で集合写真を撮影します。

      終了後は、1時間程度の懇親会をご用意していますので、ぜひご参加ください。

      • 5分
      • Let's copy this session and evolve into a new session!