OUR FUTURES

【土岐くらしのラボ 2022】⑤課題を解決するアイデアを創出する

Mission

土岐くらしのラボ2022

STEP01:共創プロジェクトに役立つファシリテーションを学ぶ

 ・2022.01.15(sat) 14:00-17:00 ①キックオフセッション

 ・2022.01.29(sat) 14:00-17:00 ②課題を探索するファシリテーションを学ぶ

 ・2022.02.12(sat) 14:00-17:00 ③アイデアを創出するファシリテーションを学ぶ

STEP02:土岐市の課題を解決するプロジェクトアイデアを創出する

 ・2022.03.12(sat) 14:00-17:00 ④土岐市の課題を探索する

 ・2022.04.09(sat) 14:00-17:00 ⑤課題を解決するアイデアを創出する

 ・2022.04.23(sat) 14:00-17:00 ⑥課題を解決する物語をつくる

 ・2022.05.21(sat) 14:00-17:00 ⑦プロジェクト発表会


各回の持ち物:

  • 筆記用具
  • slackを使えるツール(パソコンやスマートフォンなど)をお持ち下さい

【土岐くらしのラボ 2022】⑤課題を解決するアイデアを創出する

【土岐くらしのラボ 2022】⑤課題を解決するアイデアを創出する

Closed

インフォメーション

開催日時
2022-04-09 (Sat)
14:00 ~ 17:00
応募締切日時
2022-04-09 (Sat) 17:00
会場名
土岐市役所 庁舎1階/多目的スペース
住所
〒509-5192 岐阜県土岐市土岐津町2101番地
> google mapで表示
定員
30 人
参加費
無料
主催者
  • 主催:土岐くらしのラボ


メンバー

企画メンバー 1

参加者 1

【土岐くらしのラボ 2022】⑤課題を解決するアイデアを創出する

Participation

  • 土岐くらしのラボ2022参加者

1

イントロダクション
  • 14:00-14:20

共有)イントロダクション

以下の内容を共有します。

★本日は、事務局もワークに積極的に参加して、「おせっかいアイデアなど」を出しますので、よろしくお願いします!!!

  • 15分

Slackへ投稿する

以下の内容をSlackの【23_ラボ2022_意気込み振返り】というチャンネルへ投稿します。

  • 今日の意気込み!
  • 本日をどんな状態で終えたいか!
  • 5分

2

手段を可視化し、グループをつくる
  • 14:20-14:40

ワーク)できること・好きなこと・詳しいことを付せんに書く

付せんを活用した個人ワークで以下を行います。

個人ワーク:

  • 自分の「手段(できること)」と「好きなこと(趣味を活かしてできること)」「詳しいこと」を付せんへ書き出します(7個以上)

※「コレは活かしたい!」という内容には、★印を付けます

※「可読可能な文字」で書いてください!

※移動する際は、付せんを持ち歩いてください。

  • 10分

グループに分かれる

以下の進め方で対話グループをつくります。(2名以上)

進め方:

全員が立ち上がり、椅子を隅に寄せて、以下のグループに分かれます。

  • 前回の6テーマ
    - A:人づくり
    - B:空間づくり
    - C:イベント
    - D:移住増加
    - E:ユニバーサル
    - F:困りごと
  • NEW(新しいテーマ)
  • 相談テーブル
    - 前回未参加者
    - モヤモヤ中の方
    - 手段ではなく課題中心でチームを作りたい方など

この後のお願い:

  1. 時間管理のために「手あげのルール」を用います。
  2. 『私は、このチームでやる!』と、チームを確定させたら、椅子を持ってきて座ってください。
  3. チームの「移動」「新設」「メンバー勧誘」は積極的に行って頂いて構いません。
  4. 相談テーブルは、できるだけ長居せずに、対話チームに入って、所属チームを見つけてください。
  5. 事務局も積極的に参加します。対話の仲間に入れてください。
  • 10分

3

チームの構想をつくる
  • 14:40-16:55

ワーク)掛け合わせアイデアを創出する

集まった対話メンバーの「できること」や「好きなこと」「詳しいこと」を掛け合わせたアイデアを創出します。

進め方(参考):

  • メンバー同士の「できること」と「好きなこと」「詳しいこと」を掛け合わせて、共創発想型アイデアを創出します。

【アイデア数の目安:10個以上】

  • 35分

休憩

10分間の休憩を取ります

  • 10分

ワーク)アイデアを目的にこじつける

掛け合わせたアイデアを基に「目的や社会的意義」をこじつけます。

進め方:

  • 実行可能なアイデアで「トキメカないアイデア」を省く(約3つまで絞る)
  • 「トキメイたアイデア」に目的・社会的意義をこじつける

※社会的意義をもたせる際には、追加アイデアを付与してOKです。ただし、実行可能なアイデアとなるようにしてください。

  • 30分

ワーク)活動案を生み出す

「目的・社会的意義」と「掛け合わせたアイデア」を基に「活動案」を生み出します。

進め方:

  • 土岐の暮らしをより良くする活動を生み出します。

★実行可能な活動となるようにしてください。

  • 30分

ワーク)構想を整える

他者に活動を説明できるように構想を整えます。

※1~2分でプレゼンを行います。

構想内容:

  • 〇〇のために(目的・社会的意義)
  • チームの〇〇を活かして(できること・好きなこと・詳しいこと)
  • 〇〇を行います!!(活動)
  • 15分

プレゼンテーション

各チーム1~2分程度で構想のプレゼンテーションを行います。

プレゼン内容:

  • 〇〇のために(目的・社会的意義)
  • チームの〇〇を活かして(できること・好きなこと・詳しいこと)
  • 〇〇を行います!!(活動)
  • 15分

4

クロージング
  • 16:55-17:00

共有)クロージング

以下の内容を共有して、クロージングします。

  • 次回の内容:
    第6回は、本日の構想を更に具体化して「課題を解決する物語」をつくります。
    また、終了後に、第7回の発表会の雛形となるプレゼンテーション用のスライドファイルを共有させて頂きます。
  • 集合写真撮影
  • チームMTG:
    「4月23日まで、どんなことを考えてくるか?」など、チーム内でのMTGが必要であれば、30分程度会場をそのままにしますので、ご利用ください。
  • 5分
  • Let's copy this session and evolve into a new session!

The number of sessions which evolved from this session: 1

このセッションに参加する方はこんなセッションにも参加しています。

2023
03/04

2023
01/21

2022
12/10

2022
10/25