OUR FUTURES

キーワード: インタビュー 21 件のストーリー

検索結果

ファシリテーターとしての生き方の軸 高野 元さん

高野元さんは、イノベーション・ファシリテーター第1号だ。病気で体調を崩したあとも、イノベーション・ファシリテーターのあり方を微塵もぶれさせない、すばらしい人格者だ。彼はつねに...


月刊ガバナンスに株式会社フューチャーセッションズ 代表取締役社長の野村のインタビューが掲載されました

月刊ガバナンス2016年8月号(No.184)に、株式会社フューチャーセッションズ 代表取締役社長の野村のインタビューが掲載(p.1〜4)されました。自治・地域再興というカラ...


2025年 オランダ・ジャーナリズムの未来5 #022

前回に引き続き、オランダのジャーナリズム基金がまとめたテクノロジーの受容と社会的信頼の2軸によって分かれる4つの未来シナリオのうち、「(テクノロジーの受容は)不承不承 + 自...


それぞれが生きたい場所で生きる┃京都移住計画 タナカ ユウヤさん

「社会を変えるチームを生み出すフューチャーセッション」 「社会を変えるチームを生み出すフューチャーセッション」(主催:ベストチーム・オブ・ザ・イヤー実行委員会、株式会社フュー...


セクターを超えたネットワークでソーシャルイノベーションを実現する ー認知症フレンドリージャパン・イニシアチブ 徳田 雄人さん

昨年「G8認知症サミット」がロンドンで開かれ、認知症が改めて世界の重要な課題として位置づけられました。日本では、認知症を医療の対象として捉えるのではなく、高齢社会の人と人の関...


質の高いプロトタイピングに向けて ーFabLab関内 広報 瀬戸 義章さん

フューチャーセッションとFabLabの共通点として、どちらも共に創り出す、コクリエーションの思想が根底にあるのではないだろうか。フューチャーセッションも対話して終わりではなく...


未来の学び場としてのフューチャーセッション ー「教育フューチャーセッション」主宰 中曽根 陽子さん

教育という領域で、様々な活動を実践してこられた中曽根さん。教育問題を捉え直し、多くの人に関心を持ってもらい、新たな関係性を生み出すフューチャーセッションを実施されています。教...


多くの人を惹き付ける「問い」を設計する。ー「上智大学フューチャーセンタープロジェクト」代表 川西 諭さん

フューチャーセッションを通じて、大学を地域に開かれた課題を解決する場にしていこうという活動をなさっている上智大学の川西さんに、多くの人を巻込むための問いかけ、「問い」づ...


アクションを生むセッションをデザインする。ー Child Future Session主宰 小笠原舞さん

昨年のFuture Session Weekから立ち上がった「Child Future Session」。子どもたちにいい社会をつくることを目的に、多様なステークホルダ...