OUR FUTURES

高松の助け合いの未来フューチャーセッション 第1回「ありたい姿を描く」

Mission

どうしたら、助け合い社会に必要な「つながり」を生み出せるだろうか?

助け合い社会に必要な、人と人の「つながり」を生み出すアイデアを対話し考えよう!

対話すること:どのような参加者が来ているのか、お互いの多様さを理解し合い、高松の強みについて対話します。いつまでも地域で豊かに暮らせるように、どのような場があると、「つながり」続けることができるか対話します。人と人がつながるために、市民・企業・行政はどんな役割を担っているのか、アイデアを出します。アイデアをもとに、いきいきとした高松の未来を皆さんで描いていきます。

高松の助け合いの未来フューチャーセッション 第1回「ありたい姿を描く」

高松の助け合いの未来フューチャーセッション 第1回「ありたい姿を描く」

Closed

インフォメーション

開催日時
2013-06-01 (Sat)
13:30 ~ 17:30
応募締切日時
2013-06-01 (Sat) 17:30
会場名
かがわ国際会議場(サンポート高松 タワー棟6F)
住所
香川県高松市サンポート2-1
> google mapで表示
定員
50 人
参加費
無料
主催者

助け合いラボ



メンバー

参加者 0


高松の助け合いの未来フューチャーセッション 第1回「ありたい姿を描く」

Participation

「助け合い社会」をめざす自治体、NPO、企業、市民など

Description

「助け合いラボ」とは、高齢社会の社会的課題である「つながり」に着目し、市民・企業・行政の連携で自律的に豊かな“助け合い”を行える仕組みを研究するプロジェクトです。
日本全国から高齢化の進行が著しい地域と協力し、それぞれの地域で2回のセッション(対話の場)を開催。長期的に検討すべき重要な社会的課題を描き出し、第一歩の自立的な行動につなげます。

1

関係性をつくる
  • 13:30-13:50

サークル(Circle)

「助け合いラボ」主旨、セッションの目的、進め方、ワークシートについて共有します。

  • 10分

ペア対話

  1. テーブル内の隣の人とペアになってください。
  2. 「自分と高松の関わり」について、ペアで3分インタビュー(一人1分30秒ずつ)
  3. その後テーブルで4人になって内容共有しつつ自己紹介(3分)
  • 10分

2

自分たちの強みを見つめなおす
  • 13:50-14:45

グループワーク

高松市の良さ、強みは何か、規模の大小の観点でテーブル内で対話します。課題についても対話し、最後に強みと課題をリストアップ。リストアップしたものは簡単に全体で共有します。

Round 1:自分たちのまちの強みは何か共有する(20分)
私たちのまちの良さ、強みは何だろうか?規模の大小の観点で発見しましょう!
大:自然やまちの景観、他都市への行きやすさなど
小:建物やモニュメント、街路やまち中の移動しやすさ、人や小物など

→各テーブルで、まちの大小の強みを3つずつリストアップします(5分)
  • 25分

グループワーク

Round 2:自分たちのまちの課題は何か共有する(15分)
私たちのまちの課題は何だろうか?どんな人がどんな課題を持っているだろうか?

→各テーブルで、まちの課題を3つリストアップします(5分)
→まちの強みと課題を全体で共有します(10分)
  • 30分

3

ビジョン(ありたい姿)を考える
  • 14:45-16:00

ワールドカフェ(World Cafe)

「高齢社会」と地域の問題、「移動手段」に関する情報、「助け合い」高齢者が貢献する好事例として、「つながりの場パターン」と「つながるための移動パターン」を共有します。
気になったパターンはシートにメモしておきます。
  • 20分

グループワーク

2020年のありたい姿について対話します。
荷物を持って席を移動し、できるだけ、まだあまり話していない人とグループになります。1テーブル6人になるように着席します。

Round 1:2020年に、高松にどんな「つながる場と移動」があるといいだろうか?
  • 15分

ペア対話

6人の中でペアになり対話します。
Round 2:それが自分の「本当の困りごと」を解決しているだろうか? 
→付せんに書き留めておきます
  • 15分

グループワーク

テーブル内で付せんのメモを共有します。
本当の困りごとを解決している「つながる場と移動」を考えましょう。

Round 3:私たち一人ひとりはどんな役割を担っているだろうか?
(自分は何がやりたいか?できるか?)

本当の困りごとの付せんを壁に貼り出します。
貼り出した人から休憩に入ります。
  • 25分

4

ビジョンを伝わる形にする
  • 16:00-17:10

クイックプロトタイピング(quick prototyping)

<未来絵日記を構成する>
参加者一人ひとりの皆さんが、高齢者が生き生きと動けているまちは、どんな要素から成り立っているかを考えます。
これまで話してきた、まちの大小の強み、つながる場のパターン、移動のパターンを参考にして、シートを埋めていきます。
  • 10分

クイックプロトタイピング(quick prototyping)

<未来絵日記を作成する>
  1. 各人の構成をグループ内で共有
  2. それらを統合した「未来絵日記」としてつづります
    ・どんな人が、どんな活動をしているのか? 
    ・どんな場があるのか? 
    ・どのように移動しているのか? 
    ・どんなツールやサービスがあるのか?
  • 40分

プレゼンテーション

グループの未来日記を全体で共有します。
タイトルとストーリーを1分でお話し下さい。
  • 10分

サークル(Circle)

チェックアウト。

全体で1つの大きなサークルになり、本日の気づきを一言ずつ共有します。

  • 10分
  • Let's copy this session and evolve into a new session!

このセッションのタグに関連するストーリー

  • 平時も有事も安心な食 #041
  • 安心なまちでは、どんな食環境になっている? 首都直下地震の最大想定被害者数は東日本大震災(47万人)の15倍、南海トラフ地震では20倍にもなり、必要な食品を確保できなくなるとも言われています。...

  • ファクト予報 #037
  • 事実確認が容易になった社会では、ニュースの受け取り方や発言方法はどう変わる? 政策の詳細より感情へのアピールが重視される政治文化や災害時の流言・デマによる問題の深刻化によって、事実確認(Fac...

  • 助け合いアシスト・スーツ #033
  • ロボットスーツでボランティア、あなたはどんな活動をしている? 人体に装着することで筋力を増加させ、歩行機能を改善する機械装置が医療デバイスとして認められただけでなく、保険適用がされるようにまで...

  • 助け合いアシスト・スーツ #033
  • ロボットスーツでボランティア、あなたはどんな活動をしている? 人体に装着することで筋力を増加させ、歩行機能を改善する機械装置が医療デバイスとして認められただけでなく、保険適用がされるようにまで...