OUR FUTURES

認知症の人と一緒に考える未来の道具

Mission

人生の主人公であり続けるためにの"未来の道具"についてのプロトタイピング・セッション。ドラえもんのポケットのような、でも現実にもできそうな、持続可能性につながる"未来のツール"について考えるます。

認知症の人と一緒に考える未来の道具

認知症の人と一緒に考える未来の道具

Closed

インフォメーション

開催日時
2012-06-05 (Tue)
13:00 ~ 17:00
応募締切日時
2012-06-05 (Tue) 17:00
会場名
地球環境パートナーシッププラザ(GEOC)セミナースペース
住所
東京都渋谷区神宮前5-53-70 国連大学1F
> google mapで表示
定員
30 人
参加費
無料
主催者

国際大学GLOCOM、NPO法人認知症フレンドシップクラブ、富士通研究所

企画メンバー:野村恭彦、徳田雄人岡田誠、原田博一



メンバー

企画メンバー 1

参加者 0


認知症の人と一緒に考える未来の道具

Participation

認知症というIssueについて、セクターを越えて関わる可能性を一緒に広げていきたい人。デザイナーやプログラマーの方も是非!!

Description

これまで2回のフューチャーセッション(2011年10月26日「認知症からみた『助け合う街』のあるべき姿」、2012年2月8日「認知症患者・家族が人生の主人公であり続けるための『コト』のデザイン」)を通じ、認知症について考えてきました。これまでのセッションも踏まえ、3回目である今回は、認知症のご本人の方をゲストとしてお招きし、一緒に、人生の主人公であり続けるための"未来の道具"について考えていきます。

認知症の人の暮らしを支える道具と言えば、介護関係の道具などを想起しがちですが、最近では、認知症の人同志がフェイスブックを通じて交流をするなど、新しい技術や道具が暮らしを支え始めています。記憶やコミュニケーションで困っている認知症の人たちの視点を通じて、これからの社会に必要なモノのあり方・デザインを考えます。これまでの2回のフューチャーセッションと同様、セクターを越えた参加者で集まり、"未来の道具"のプロトタイピングを行いたいと思います。ぜひ、ご参加下さい。

申込みは下記からお願いします。
https://docs.google.com/spreadsheet/embeddedform?formkey=dE42RWkwcXZHUWVJck5PeFhoYkJCSlE6MA

※本フューチャーセッションは、Future Session Week 2012 特別サイトの閉鎖に伴い、OUR FUTURES上に移行したものとなります。Future Session Week 2012 特別サイトはOUR FUTURESとは別サービスとなるため、企画メンバー情報、参加者情報などは引き継がれておりません。
旧サイトでの参加者数:28人

(表示可能なステップはありません)

  • Let's copy this session and evolve into a new session!

このセッションに参加する方はこんなセッションにも参加しています。

2021
12/01

2021
10/20
終了

2021
09/30
終了

2021
09/22
終了

このセッションのタグに関連するストーリー

  • Future Session Week 2017 はじまります!
  • 想いある人たちが集中的にFuture Sessionを開催するイベント、「Future Session Week」の2017年版がいよいよはじまります!期間は、2017年7月1日(土)〜 7月9...

  • グッド・スリーパー・ハウス #016
  • 睡眠不足がなくなったら、あなたは何に“目覚める”? 大人だけでなく、子どもも睡眠不足による慢性疲労が増加していますが、原因の解明や治療への取り組みが進み、患者に共通する脳活動の特徴が浮かび上が...

  • Future Session Week 2016 はじまります!
  • 想いある人たちが集中的にFuture Sessionを開催するイベント、「Future Session Week」の2016年版がいよいよはじまります!期間は、2016年6月25日(土)〜 7月...