OUR FUTURES

金澤町家de認知症フューチャーセッション

Mission

 ==============================
◇◆◇◆◇金澤町家de認知症フューチャーセッション◆◇◆◇◆
認知症になっても自分らしく暮らせる街ってどんな街?
==============================

何歳になっても、認知症になっても、自分の住み慣れた町で家で、
自分らし
く最期まで暮らしていくために。 自分たちや家族の10年後、20年後。
色んな職種、年齢のみなさんでアイデアをだしあえたら!
 町中で、お店で、どこかで・・・
「認知症の応援団の一人でいたい」
そして、私たちもいつか認知症になったら誰かに
「応援してもらって住み慣れた街で自分らしく生きていきたい」
と思います。

金沢の古い町家を再生した「ゼンリンカフェ」で、
いんぎら~とみなさんで未来を考えてみたいと思います。



金澤町家de認知症フューチャーセッション

金澤町家de認知症フューチャーセッション

Closed

インフォメーション

開催日時
2015-06-11 (Thu)
18:50 ~ 21:00
応募締切日時
2015-06-10 (Wed) 17:00
会場名
金澤町家コミュティカフェZenrinCafe
住所
金沢市野町1丁目3-22
> google mapで表示
定員
25 人
参加費
  • 会場払い 500 円
Information note

飲み物・お菓子・パンつき。(前日17時までに、お申し込みください)

主催者

 金澤町家de認知症フューチャーセッション



メンバー

企画メンバー 1

参加者 0


金澤町家de認知症フューチャーセッション

Participation

 こども~お年寄りまで。専門職、専門職以外大歓迎♪
いろんな立場の方で未来を語りあいましょう!

Description

 参加申し込みはfacebookのイベントページよりお願いいたします。

1

認知症になっても自分らしく暮らせる街ってどんな街?
  • 18:50-20:55

サークル(Circle)

チェックイン!

○問いを共有
「認知症になっても住み慣れた町で自分らしく暮らすためには?」

○自己紹介タイム
ここでこの場所で、出会えた奇跡に「感謝」す。
2人組みになって3つのテーマで語り合います。
テーマ毎に話す相手を見つけます。

①「今の気持ちはどんな色」
②「これ~おすすめなんです!とっておきの何か」
③「10年後2025年・・・
私は、町は、社会は、日本・世界・・・はこうなっているね」
(キーワードは自由です)

  • 25分

マグネットテーブル(Magnet Table)

 2025年(10年後の未来)の未来を個々が想像し、
アイデアをシェアします。

「認知症になっても住み慣れた町で自分らしく暮らすためには?」

「誰もやっていないこと!」「タテ・ヨコ・ナナメから考える」
「画期的なアイデア!」「夢のようだけどきっと実現できる」
いろんな未来を描きましょう!
自分と似た考え(アイデア)の人、似ていないけど心惹かれる、
共感できる人、一緒にシェアしたい素敵な人を探します。

  • 15分

未来編集会議

 グループでアイデアを拡げ、「2025発行未来新聞」編集会議、作成。

1人では浮かばないアイデアも、2人、3人、みんなが集まれば
未来が開けます。アイデア&妄想&希望&夢を持ち寄り、
未来新聞をつくります。

飲み物やお菓子を食べながらワイワイまとめます。

 

  • 60分

サークル(Circle)

 未来新聞をシェアする。アイデアを拡げる。夢の発表タイム。

他のグループのアイデアを聞くと
「なるほど~」「そっか~」「すご~い」
「自分も何かできるかもしれない」「未来は変えられる」
「自分だったらこんなことからできる」。


未来を願ったり、言ったり、書いたり、
描いたり、すると、そんな未来に近づいてきますね。


誰かの「応援者」になると、
誰かが自分の「応援者」になってくれます。

みなさんが作った
「未来新聞~認知症になっても住み慣れた町で自分らしく暮らせる~」
は約一ヶ月間、ゼンリンカフェで展示させていただきます。

→チェックアウト(ふりかえり)
まずは今の気持ちを色で伝えると?
本日の感想、自分が明日からできそうなことなど一言!

 

  • 25分
  • Let's copy this session and evolve into a new session!

このセッションのタグに関連するストーリー

  • グッド・スリーパー・ハウス #016
  • 睡眠不足がなくなったら、あなたは何に“目覚める”? 大人だけでなく、子どもも睡眠不足による慢性疲労が増加していますが、原因の解明や治療への取り組みが進み、患者に共通する脳活動の特徴が浮かび上が...