OUR FUTURES

人事による”働き方改革”実験室 フューチャーセッション 〜幸せに働き、生きるために、社会を変えるチームをつくろう

Mission

「働き方改革」が叫ばれています。でも、それが単なる残業削減やリモートワーク導入にとどまるのではなく、「働き方の幸福論」を本気で考える契機にしたいと思っています。本セッションは、企業・行政・NPOの3つのセクターを超えた協業のプラットフォームをつくる「フューチャーセッションズ」と、仕事・組織を超えた自分らしい社会との関わりを支援する「NPO法人二枚目の名刺」のコラボレーションでお届けします。

セッションの特徴は、一人ひとりの参加者が自組織にとっての「働き方改革」を具体化できることと、加えて、参加者全員で「働き方改革」の幅広い可能性を共に描くことを両立するところにあります。

この場をスタートとして、「人事による、本気の”働き方改革”実験室」を立ち上げていきます。30名限定の募集です。ぜひ、本気の方をお待ちしています。

注意)
本ページの参加ボタンを押していただいても、参加申し込みになりません。
次のリンク先でお申し込みをお願いします。
働き方を考えるカンファレンス2017
http://www.atwill.work/booth/

◎スピーカー

  • 野村恭彦(株式会社フューチャーセッションズ代表, KIT虎ノ門大学院 教授)
  • 加生健太朗(株式会社フューチャーセッションズ)
  • 安東 直美(NPO法人二枚目の名刺 ディレクター)

人事による”働き方改革”実験室 フューチャーセッション 〜幸せに働き、生きるために、社会を変えるチームをつくろう

人事による”働き方改革”実験室 フューチャーセッション 〜幸せに働き、生きるために、社会を変えるチームをつくろう

Closed

インフォメーション

開催日時
2017-02-15 (Wed)
10:30 ~ 12:00
応募締切日時
2017-02-15 (Wed) 12:00
会場名
虎ノ門ヒルズ
住所
東京都港区虎ノ門1−23−1
> google mapで表示
定員
30 人
参加費
無料
Information note

本ページの参加ボタンを押していただいても、参加申し込みになりません。

こちらにアクセスをお願いします。

働き方を考えるカンファレンス2017
http://www.atwill.work/booth/


メンバー

企画メンバー 1

参加者 1

人事による”働き方改革”実験室 フューチャーセッション 〜幸せに働き、生きるために、社会を変えるチームをつくろう

Participation

  • 人事部門、人材育成部門の働き方改革のチェンジリーダー
  • 働き方改革の推進者、実践者

1

参加者の信頼感を高める
  • 10:30-10:55

イントロダクション

主催者の熱い想い:

  • 人事による”働き方改革”実験室とは
  • 幸せに働き、生きるために、社会を変えるチームとは
  • 5分

ストーリーテリング(Storytelling)

安東さん(二枚目の名刺)と野村(フューチャーセッションズ)が、「働くことと生きることをつなげる」ことについて、事例を交えて物語ります。(聞き手:加生)

  • 二枚目の名刺が考える、「働き方の幸福論」
  • フューチャーセッションズが描く、「企業・行政・NPOのセクター横断で生きる」という新しい働き方
  • 20分

2

参加者に自分で決めてもらう
  • 10:55-11:20

ペア対話

問い:あなたにとっての「幸せに働き、生きる」とは?

  • 5分

テーブル対話

4人それぞれの「幸せに働き、生きる」ことの意味を共有した上で、
4人の想いを実現するために、次の問いについて対話します。

問い:そのために、「働き方改革」の風をどう活かせますか?

お一人ひとりの幸せに働き、生きるビジョンを実現するために、
手段としての働き方改革をうまく利用することを考えてください。


  • 10分

マグネットテーブル(Magnet Table)

次のように、一人ひとりが「新たな問い」をつくります。
A4用紙に大きな文字で書いてください。

新たな問い:

  • どうしたら____(働き方改革)で、
    _____(幸せに働き生きる)できるようになるだろうか?


A4用紙を胸にかざして歩き回ります。
一緒に「働き方改革実験」をやりたいと思える人と、5人チームを作ってください。

  • 10分

3

試作(プロトタイプ)してみる
  • 11:20-12:00

クイックプロトタイピング(quick prototyping)

5人チームで一緒になって、一人ひとりの「新たな問い」に共通に答え得る、「エレガントで小さな一歩となる実験アイデア」を考えます。

A4用紙に、実験名を大きな文字で書き、その詳細を詰めてください。

例えば、「Gapの”DENIM FRIDAY” 」のような、次の3つの要素を兼ね備えたアイデアを考えてください。

  1. 組織制度に直接関わるものではなく、企業文化にアプローチする間接的な施策(その方がスピード感を持ってやれる!)
  2. 一社だけでなく、企業横断でやることでインパクトを高める
  3. 象徴的なメッセージが伝わり、「人事、変わったね」と言われるようなかっこいいもの
  • 20分

プレゼンテーション

人事部による、働き方実験室

  1. 会議室シェア: カメレオンジャーニー(自分の気分で好きなところを選べる)
  2. 採用活動シェア: 日本再生人事(人事が変われば日本が変わる)
  3. 無駄削減シェア: 突撃!隣の晩ごはん実験室(他人の仕事を見に行くことから)
  4. ラウンドテーブルシェア: 最初の一歩実験室〜ファーストステップ(何かここから始まる場)
  5. 地域貢献シェア:私の仕事をまちの未来に(まちの人の声から企業を再考する)
  • 10分

サークル(Circle)

一人一言(息継ぎなし)で、次のアクションを宣言していただきます。


例)

  1. 今すぐ、チームメンバーとランチする
  2. 今晩、チームメンバーと飲みに行く
  3. チームメンバーとの次のミーティングをセットする
  4. 4月の第2回実験室フューチャーセッションに参加する
  5. 4月までに小さな実験をしてみる
  • 10分
  • Let's copy this session and evolve into a new session!

このセッションに参加する方はこんなセッションにも参加しています。

2019
06/20
終了

レポートあり

2018
10/31
終了