OUR FUTURES

Shibuya Loco-working Centerをつくろう:渋谷住民がローカルで働くための信頼のプラットフォーム

Shibuya Loco-working Centerをつくろう:渋谷住民がローカルで働くための信頼のプラットフォーム

Shibuya Loco-working Centerをつくろう:渋谷住民がローカルで働くための信頼のプラットフォーム

開催終了

インフォメーション

開催日時
2017/07/07 (金)
10:00 ~ 12:00
応募締切日時
2017/07/07 (金) 12:00
会場名
渋谷if space (TOHTAMビル 4F)
住所
渋谷区渋谷3-10-5
> google mapで表示
定員
30 人
参加費
無料
主催者
  • フューチャーセッションズ 野村
  • 代官山ひまわり 森田さん



Shibuya Loco-working Centerをつくろう:渋谷住民がローカルで働くための信頼のプラットフォーム

セッションの目的

Shibuya Loco-working Centerを立ち上げよう!

子育てしながら働けるまちづくりを続けてきた、「代官山ひまわり」。
渋谷をつなげる30人プロジェクトで生まれたつながりから、フューチャーセッションズとgreenzが応援して、一緒に「ロコワーカーが働きやすいまちをつくろう」という運動を開始しました。

この日は、具体的に「渋谷の各地域にロコワーカーセンターを作るなら、どう働きたい?」という働き方の部分と、「ロコワーカーが働ける環境が広がることによって、渋谷という地域にどんなインパクトがある?」という地域目線の部分についても考えます。

このセッションは、7月2日のLoco-working協議会のセッション、“Loco-work”が生み出した、ローカルイノベーション 新たな展開を迎える、地域”発”の事業の可能性とは?( https://www.ourfutures.net/sessions/2459 )の関連セッションです。2日の協議会のセッションでは、Loco-workコンセプトそのものを深め、発展させていきます。7日の渋谷でのセッションは、「渋谷での実践」を一緒に行うものです。Loco-workに関心のある方は、ぜひ両方にご参加いただけると、理解も関係性も深まると思います。

Loco-workを日本中、さらには世界中に広げていきたいですね!!

楽しみにしています。

対象者

Loco-workingに関心のある個人、企業、行政のそれぞれの視点を持った「未来人」

  • 渋谷でロコワーキングしてみたい個人の方々
  • 渋谷でロコワーカーと協働したい企業の方々
  • 渋谷でロコワーカーを活かしたい行政の方々

詳細説明

ロコワーキング=”地域の仲間とチームで働く”
というコンセプトを聞いたことがありますか?

ロコワーカーを増やすということには、個人側のメリットと、企業側のメリットの両面、さらには長期的には行政側にも大きなメリットがあります。

  • 個人:「地元で子育てしながら働く人」が楽しく活躍できます
  • 企業:「地元で子育てしている人」が働くことで、企業と地域の具体的なつながりを生み出すことができます
  • 行政:幼稚園に子どもを通わせながら仕事ができる人が増えると、保育園不足の解消になる可能性があります


ロコワーカーの仕事としては、誰でもできる内職仕事ではなく、地域の人だからこそ得意を発揮でき、かつ成長できる仕事であると、3者のメリットが最大化されるでしょう。そのために、まず次の2つの「ロコワーカー・プログラム」を立ち上げます。

  • まち歩きリサーチ・プログラム:ロコワーカーが、地域でまち歩きを行い、地域の魅力と残念なところを記録・収集し、マップ化
  • ファンサイト・プログラム:ロコワーカーが、地域やショッピングセンターの取材を行い、ロコ目線で魅力を取材・発信し、ファンサイト運営を行う


この日のセッションでは、Loco-working Centerに関心のある個人、企業、行政のそれぞれの視点を持った「未来人」が集まり、お互いのニーズを理解しあいながら、具体的なプロジェクトのイメージを生み出したいと思います!!

フューチャーセッションウィーク金曜の朝10時、「Loco-working Centerをつくろう」をテーマに、本気のセッション開催しました。

Loco-workingは、地域に関わる仕事を地域の人とチームとなって進める、新しい働き方。子育てしながら働く環境づくりでもあり、シビックプライドを高める働き方でもあります。

そんな働き方を促進する「物理的なスペース」を渋谷区内に作ってしまおう、というセッション。

****Loco-working Centerってどんな場所?****

1:自分の良さの発見の場所
発見は、自己実現や自己肯定。子どもにも肯定的になる。新しいものにチャレンジしたいことを持ち寄れる場所。しっくりきたり、ダメだなと思ってもよくて、自分の中の幸せにつながっていけばいい。例えば、今日私います、というようなプロフィールボタンがあって、「なになにできまーす」という得意も掲示しておく。

2:面でつながるLoco-working Center
一本の道路に沿った空きスペースに、たくさんのロコワーキングスペースができたらいい。小さい部屋を使ったり、広い場所を使ったり。それを企業に可視化していく。さらに、ワークだけでなくコミュニティとして関われるともっといい。

3:庭付き一戸建ての家
ハンドメイドが得意、事務系が得意など、一人ひとりの得意を組み合わせる。町会の仕事を請け負うのもありかも。自分の良さやスキルを再発見できる場所に。そこで見つけて、再スタートできる。子どもと一緒に行く子育て支援センターに行ける時期は短いので、その次の時期にも行ける場所であってほしい。子どもといるゾーン、お仕事ゾーンが分かれてある。仕事だけでなく、子ども向けの情報も集まっているといい。

4:地元愛の拠点
まず笹塚に作る。空き家活用の2階建。1Fはカフェで、スモールチャレンジができる場所に。コーヒーが好きな人がカフェをやったり、アクセサリーが得意な人がショップをするとか。できる人は、ここから巣立つといい。学生がキャリアに悩んだりするので、地元ママや経営者と会える。2Fはコワーキングスペース。外国人居住者のキャリアも考えられる場に。

さぁ、つくろう!!
関心のある方、渋谷区でLoco-workingしてみたい!という方、よろしくお願いいたします!!

このセッションに参加する方はこんなセッションにも参加しています。

2017
07/13
終了

レポートあり

2017
07/11
終了

2017
07/07
終了

レポートあり

このセッションのタグに関連するストーリー

  • Future Session Week 2017 はじまります!
  • 想いある人たちが集中的にFuture Sessionを開催するイベント、「Future Session Week」の2017年版がいよいよはじまります!期間は、2017年7月1日(土)〜 7月9...