OUR FUTURES

信頼でつながる科学と社会のコミュニケーション・プラットフォーム

信頼でつながる科学と社会のコミュニケーション・プラットフォーム

信頼でつながる科学と社会のコミュニケーション・プラットフォーム

Closed

インフォメーション

開催日時
2017-07-09 (Sun)
15:00 ~ 17:00
応募締切日時
2017-07-07 (Fri) 17:00
会場名
喫茶岐れ路(科学コミュニケーション研究所・Life is small. Companyオフィス内)
住所
神奈川県横浜市南区南太田1−11−13 ライオンズプラザ南太田417
> google mapで表示
定員
8 人
参加費
500 円
Information note

美味しいコーヒーありマス。

メールでの参加申し込みも受け付けています。

→ 受付を締め切りました。

主催者

科学コミュニケーション研究所

お問い合わせ 045-517-4090/s.shirane@scri.co.jp



メンバー

企画メンバー 1

参加者 1

信頼でつながる科学と社会のコミュニケーション・プラットフォーム

Mission

科学と社会をめぐるさまざまな場面で、ステークホルダー(関与者)間の信頼が重要であると言われます。世の中の全ての問題を一人ひとりが理解し、判断することは不可能であり、社会の限られたリソースを有効に活用するためには、信頼の構築が不可欠です。専門家から提供される技術的内容に加えて、その専門家を信頼できることが、人々の安心につながるとも言われています。ただし、信頼の重要性が強調されるあまり、健全な不信を抱くこと、それを表現することが難しい環境では、社会の中で適切な議題構築がなされず、対応すべきリスクも見過ごされてしまう恐れがある点に注意が必要です。信頼を静的に固定されたものではなく、信頼と不信が混在するコミュニケーションを通じて、動的に達成するにはどうすればよいでしょうか。
このセッションでは、科学と社会のコミュニケーション・プラットフォームのあり方について話し合います。
セッションで生まれたアイデアは、科学コミュニケーション研究所といっしょにさくりと実現しましょう。

参考資料 文部科学省(2017)『リスクコミュニケーション案内』

Participation

科学と社会の信頼、科学コミュニケーションに興味のある方。

1

はじめに
  • 15:00-15:10

イントロダクション

本日のフューチャーセッションは?


ファシリテーター:

田原敬一郎(科学コミュニケーション研究所 共同代表)


  • 5分

ストーリーテリング(Storytelling)

さいきん気になる科学と社会のことをはなしましょう。

  • 5分

2

「科学と社会をめぐるコミュニケーション」の現在
  • 15:10-15:40

フィッシュボウル(Fishbowl)

「科学と社会をめぐるコミュニケーション」の現在を、それぞれの体験を持ち寄って共有しましょう。

  • 30分

3

信頼でつながる科学と社会のコミュニケーション・プラットフォームを夢想する
  • 15:40-16:10

ブレインストーミング(Brainstorming)

信頼でつながる科学と社会のコミュニケーション・プラットフォームとはどのようなものかを話し合いましょう。

  • 30分

4

信頼でつながる科学と社会のコミュニケーション・プラットフォームを構想する
  • 16:10-17:00

プロアクションカフェ(Proaction Cafe)

信頼でつながる科学と社会のコミュニケーション・プラットフォームとはどのようにすればつくれるか話し合いましょう。

  • 30分

サークル(Circle)

プロトタイプを具体化し、実現するための方法を話し合いましょう。
  • 20分
  • Let's copy this session and evolve into a new session!

The number of sessions which evolved from this session: 1

このセッションに参加する方はこんなセッションにも参加しています。

2017
07/08
終了

2017
07/08
終了

2016
07/07
終了

レポートあり

2015
02/04
終了