OUR FUTURES

第1回「私たちの未来、大槌の未来」フューチャーセッション

Mission

1回目のテーマ
「私たちにとって、大槌にとって、 大切な『問い』をみんなで つくりあげよう」

良い『問い』は、誰もが思わず考えたくなる好奇心を刺激し、たくさんのアイデアを生み出します。想いのこもった大切な『問い』は、人の心を動かします。

第1回「私たちの未来、大槌の未来」フューチャーセッション

第1回「私たちの未来、大槌の未来」フューチャーセッション

Closed

インフォメーション

開催日時
2012-11-23 (Fri)
14:00 ~ 18:00
応募締切日時
2012-11-23 (Fri) 18:00
会場名
中央公民館 第1会議室
住所
小槌第32地割126
> google mapで表示
定員
40 人
参加費
無料
主催者

一般社団法人 おらが大槌夢広場


メンバー

企画メンバー 2

参加者 0


第1回「私たちの未来、大槌の未来」フューチャーセッション

Participation

大槌町住民とそのサポーター

Description

「私たちの未来、大槌の未来」フューチャーセッションは、町民が主体となって、行政、NPO、他地域サポーターとともに、大槌の未来を創るためのプロセスを提供します。全4回のセッションを通して、みんなで夢を共有し、テーマを出すところから始め、数多くのアイデアを試作し、仕組み化するところまでを目標に進めて行きます。

1

お互いを知ろう
  • 14:00-14:00

ペアインタビュー

ペアインタビュー
・今、住んでいるところにきてから何年?
・その住んでいるところの好きなところは?

  • 0分

2

テーマに沿って知識を広く持ちよる
  • 14:00-14:00

フィッシュボウル(Fishbowl)

テーマ:この1ヶ月間で感じた、「これなんとかならないかなぁ=ギャップ」
1. テーブルごとに対話
2. 各テーブル1人ずつ、金魚鉢に出てきて対話
3. 金魚鉢で出たギャップをすべて付箋で貼り出す

  • 0分

3

大切な「問い」を選ぼう
  • 14:00-14:00

ドット投票(Dot Voting)

各テーブルで話し合った、「これなんとかならないかなぁ=ギャップ」をホワイトボードに貼り出す。
「これは大切だ」と思うものに、各人3票のドット投票を行なう。
投票後、上位ベスト9の「問い」を選定する。
どの「問い」を深めたいかを自分で決めて、チームに分かれる。

  • 0分

4

「問い」を深めよう
  • 14:00-14:00

ストーリーテリング(Storytelling)

「問い」ごとのチームに分かれて座る。
1. この「問い」が大切だと思った理由(より上位の目的)を話す
2. この「問い」をもっと具体化した「最初の一歩の取り組み」を話す

  • 0分

ストーリーテリング(Storytelling)

各チームの発表&チェックアウト。

  • 0分
  • Let's copy this session and evolve into a new session!

このセッションに参加する方はこんなセッションにも参加しています。

2019
06/20
終了

レポートあり

2019
03/14
終了

レポートあり

2019
02/24
終了

レポートあり

2019
02/22
終了

このセッションのタグに関連するストーリー

  • 平時も有事も安心な食 #041
  • 安心なまちでは、どんな食環境になっている? 首都直下地震の最大想定被害者数は東日本大震災(47万人)の15倍、南海トラフ地震では20倍にもなり、必要な食品を確保できなくなるとも言われています。...

  • 社会的アイドル #028
  • 社会問題をアイドルと解決しているとしたら、あなたはどんな活動をしている? インターネット経由で人々や組織に財源の提供や協力を行なうクラウドファンディングは、商品やイベントやアートなど、さまざま...

  • ソーシャル・カジノ #023
  • 地域通貨をやり取りするカジノがまちにあったら、あなたはどんな地域活動をしている? カジノやマージャンなどを介護予防につなげる「アミューズメント型」「カジノ型」と呼ばれる介護施設が増えてきている...