OUR FUTURES

藤崎町 未来志向の地域デザインプロジェクト2019

本プロジェクトは、「私たちの未来を私たちでつくるための藤崎町未来志向の地域デザインプロジェクト」です。

「藤崎町の未来をつくるために、何かを始めてみたい」というメンバーを中心に、「ふじさき地域デザインLABO」が主体となって、様々な活動を行い、活動を発信します。

このプロジェクトについて

プロジェクト概要:

私たちの未来を私たちでつくるための藤崎町 未来志向の地域デザインプロジェクト


背景:

人口減少・高齢化社会の進展、AI・IoTなどのテクノロジーの進化、環境問題、子どもの貧困といった、様々な問題が同時に発生しつつ、複雑に入り組んでいます。

この複雑な問題に対して、行政が単独で活動をしても「どのように対処したらよいか」という解決策を発見することも難しい時代になってきています。


必要性:

複雑に絡み合った問題の解決の糸口を掴むには、行政だけの視点で問題解決を行うのではなく、住民・企業・NPO・行政などの多様な関係者が、組織を越えて連携する。

そして、未来のありたい姿を共有しながら、解決策を共に創っていくこと(共創)が求められています。



方向性:

私たちの住む地域を持続させるには、「経済効果のみを狙った単発の施策」ではなく、

地域の基盤構築となる『つながり醸成』や『未来を切り開く若者の育成支援』や

『子どもが住み続けたくなるまちづくり』を行うことが重要です。


本プロジェクトでは、

「藤崎町をより良くしたいメンバー」が、『私たち自身が楽しんで取り組むことが、笑顔を生む活動へつながる』を信念に行動します。 そして、「町内外問わず藤崎町への思いを持った人」を招き入れて、「様々な視点から地域活性を考えてワクワクする企画」を立案し、「規模の大小を問わず素早く実践」します。

私たちは、この活動を通じて藤崎町に1つでも多くの笑顔を生み出すことや、藤崎町への誘客を促すことを進めて、地域をより良くする活動の基盤構築となる環境づくりを進めたいと考えています!



目指す状態:

メンバーの開催したセッションから組織を超えたチームが生まれ、楽しみながら行う企画や実践を通じてまちの暮らしやすさが向上したりまちへの誘客が起きている状態


プロジェクトステップ:

STEP01(2019年度):

  • 共創を促す手法 ”フューチャーセッション” を学び実践する
    (イノベーション・ファシリテーター講座を開講)


STEP02(2020年度):

  • “フューチャーセッション” の開催や誘客につながるプロジェクトなどを実践する


藤崎町 未来志向の地域デザインプロジェクト2019:


開催日時:

  • ファシリテーション講座:
    −第1回:2019年11月18日 9:00-17:00
    −第2回:2019年11月25日 9:00-17:00
    −フォローアップ:2019年12月02日 19:00-21:00 ※オンライン会議
    −第3回(1日間):2020年1月16日 9:00-17:00
    −第4回  (1日間):2020年1月23日 9:00-17:00
    −フォローアップ:2020年1月30日 19:00-21:00 ※オンライン会議
  • プロジェクト構想セッション:2020年2月13日 14:00-17:00
  • 振返りセッション:2020年3月12日 14:00-17:00
  • ※各回の間に事前課題へ取り組んでいただきます


講師:

  • 最上 元樹(ふじさき地域デザインLABO 共創アドバイザー)
  • 相内 洋輔(ふじさき地域デザインLABO 共創アドバイザー)


会場:

  • 藤崎町内(会場手配中)



  • セッション
  • 2
閲覧権限のあるセッションだけが表示されています。