OUR FUTURES

レジリエンス:Cafe Vol.2 「私のまわりの、レジリエンス」

Mission

「レジリエンスの未来像」のイメージを共有しつつ、今私達が持っている「レジリエンスの力」にはどんなものがあるんだろうか。それを発揮し、伸ばしていくには何が必要なのだろうか、といった「身の回りにあるレジリエンス」について話し合ってみたいと思います。

レジリエンス:Cafe Vol.2 「私のまわりの、レジリエンス」

レジリエンス:Cafe Vol.2 「私のまわりの、レジリエンス」

Closed

インフォメーション

開催日時
2014-10-10 (Fri)
18:30 ~ 20:30
応募締切日時
2014-10-10 (Fri) 20:30
会場名
新宿センタービル52F 大成建設 小ホール
住所
新宿区西新宿1−25−1
> google mapで表示
定員
20 人
参加費
無料
Information note

こちらのページからでも受け付けます。
お手数でなければ、こちらのお申し込みページにご登録ください。(耐震ネット)
http://www.taisin-net.com/solution/event_seminer/resilienceCafe1.html

主催者

大成建設株式会社 ■協力:株式会社フューチャーセッションズ 、一般社団法人企業間フューチャーセンター



メンバー

企画メンバー 1

参加者 0


レジリエンス:Cafe Vol.2 「私のまわりの、レジリエンス」

Participation

レジリエンスにご興味がある方はどなたでも。

企業の役職員(経営者含む)/ NPO、公益法人/行政、公共団体/学校・教育関係者、学生の方など、広く募集いたします。
・これまでのセッションに参加いただいた方
・地震対策や防災に取り組まれている方
・BCM/BCPについて取り組まれている方
・レジリエンスについてご興味のある方

Description

レジリエンス:Cafeはゆったりとした気分で「レジリエンスの未来像」を対話していく、ダイアローグセッションのシリーズです。
レジリエンスの未来への想いを持つ様々な人たちが集まり、未来の社会で私たちがどうなっていたいのか、何ができていたらいいのかをそれぞれの視点や想い、見識や知恵、あるいは課題、そして実際の活動を持ち込んで下さい。それらを多様な視点で話し合うことで、目の前の課題の解決だけでなく、本当に目指したい「レジリエントな社会」を共有し、新しいレジリエンスの未来を創造していく場にしていきたいと思っています。
想いのある多様な人が対話を通して、これまで以上に多くの気づきや学び、そして繋がりの生まれる場となることを願っています。

1

問いを共有する
  • 18:30-19:00

サークル(Circle)

みんなが考える「レジリエンスの高い社会」のイメージを出し合ってみます。

  • 30分

2

新しい問題の構図を描く
  • 19:00-20:00

ワールドカフェ(World Cafe)

身の回りにあるレジリエンスを対話で行きましょう。
そのレジリエンスの力を伸ばしたり、広げていくためにはどうすればいいのかを考えてみましょう。

  • 60分

3

気付きの共有
  • 20:00-20:30

サークル(Circle)

話し合った内容や、そこからの気づきをみんなで共有ます。

  • 30分
  • Let's copy this session and evolve into a new session!

このセッションに参加する方はこんなセッションにも参加しています。

2019
10/05
終了

2019
05/18
終了

レポートあり

2019
02/23
終了

このセッションのタグに関連するストーリー

  • ブックストア・トラベラー #049
  • どんな地域で、どんな切り口の本屋体験をしてみたい?新宿歌舞伎町に、愛をテーマにして約600タイトルの本を扱いホスト書店員がおすすめの本を紹介してくれる、歌舞伎町ならではの訪れる理由をつくり出す個...

  • ストリート・ジョブ #048
  • 身近なストリートで、働いたり生み出したりしてみたい職業は?MITメディアラボが発表した論文によると、都市の規模が小さければ小さいほど(とくに人口が10万人を下回る都市)、AIやロボットといったテ...

  • ストリート・ジョブ #048
  • 身近なストリートで、働いたり生み出したりしてみたい職業は?MITメディアラボが発表した論文によると、都市の規模が小さければ小さいほど(とくに人口が10万人を下回る都市)、AIやロボットといったテ...

  • ロス・エネ #047
  • あなたのまわりで廃棄していたけれど、新たな資源として活用できるものは何?食品がすべて無料のスーパーがオーストラリアのシドニーに登場したようです。無料にできる理由は、従来であれば食べられるのに廃棄...