OUR FUTURES

―未来の個と組織の関係性・あり方を考える―【招待制】

Mission

「個」と「組織」の新しい関係性をカタチづくること、
最終アウトプットとして、それを広めることのできるツールを開発すること

―未来の個と組織の関係性・あり方を考える―【招待制】

―未来の個と組織の関係性・あり方を考える―【招待制】

Closed

インフォメーション

開催日時
2012-07-13 (Fri)
19:00 ~ 22:15
応募締切日時
2012-07-13 (Fri) 22:15
会場名
KIT虎ノ門大学院
住所
東京都港区愛宕1-3-4 愛宕東洋ビル12階
> google mapで表示
定員
20 人
参加費
無料
主催者

野村恭彦先生

企画メンバー:安藤正行さん、坂田直哉さん、田村直人さん、佐藤周治



メンバー

企画メンバー 1

参加者 0


―未来の個と組織の関係性・あり方を考える―【招待制】

Participation

【招待制】KIT虎ノ門大学院 院生・科目等履修生、ゲスト

Description

以下の視点でセッションします。 

  1. ナナメヨコスパイラルを描くためのプロセスとKPI
    活躍も充電も大事という成長プロセスをいかに組織全体で運営できるか?
  2. チームのパフォーマンスを上げる「薬のような知」は何か?
    組織でユニークなパフォーマンスを高める「知」をどう見つけるか?
    いろいろな方向を向いている人たちを同じ方向に向ける「知」は?
  3. 「個人の心(想)のつながりあいの場」と「企業理念」をつなぐには何が必要か?
    ーーー個人の持つ想いが実現する。各人のハッピー
  4. 挑戦に人を巻き込むために、どんな話し方、伝え方が必要か?
    新しいことを始めるときに組織の壁を越えて他の人の協力を得るために
    これを促す仕組みは

※本フューチャーセッションは、Future Session Week 2012 特別サイトの閉鎖に伴い、OUR FUTURES上に移行したものとなります。Future Session Week 2012 特別サイトはOUR FUTURESとは別サービスとなるため、企画メンバー情報、参加者情報などは引き継がれておりません。
旧サイトでの参加者数:2人

1

チェックイン
  • 19:00-19:10

イントロダクション

前回の講義までのチーム別に座り、前回までの振り返りや確認、今回のセッションのゲストの紹介を行う。(10分程度)
  • 10分

2

集まった人がお互いを理解する
  • 19:10-19:25

チーム紹介

『各チームのA4 1枚まとめ(前回講義の宿題)』を元に各チームの紹介を行う。(1チーム3分 × 4チーム =15分) 
この発表によって、ゲストに前々回、前回の講義の内容を理解していただくこと、院生はこれまで議論してきた内容の振り返りを行うことを目的とする。
  • 15分

3

ゲストからインスピレーションを得る
  • 19:25-20:25

プレゼンテーション

◆ゲスト講師の登壇 4名×15分(60分)テーマ:「個と組織の関係性」
  • 小野 裕之 様 NPO法人グリーンズ greenz.jp副編集長
  • 東 浩司 様 株式会社ソラーレ代表 NPO法人ファザーリング・ジャパン理事
  • 杉山様 アサヒグループホールディングス株式会社 コーポレートブランド部門
  • 河野謙三様 株式会社エミライ代表 KIT虎ノ門大学院7期生
ゲスト講師の登壇、スピーチ後に1チーム1個質問をする。
  • 60分

4

集まった人でダイアログ
  • 20:25-21:10

ワールドカフェ(World Cafe)

(1セット ①15分、②15分、③15分 =45分)

各グループのホスト以外は1回目と2回目のダイアログで他のテーブルで対話をしてきます『話し手の組換え』をします。
最後の1回は元のテーブルにもどりフィードバックします。
  • 45分

5

アウトプット/プロトタイピング
  • 21:10-21:45

クイックプロトタイピング(quick prototyping)

チームはWCによって他チームの視点が付加されているはずです。
チームごとにアウトプットをまとめて発表。
  • チームまとめ(15分)
  • 各チーム発表(5分×4チーム 20分)
  • 35分

6

チェックアウト
  • 21:45-22:15

サークル(Circle)

院生はグループで代表がコメント。
ゲストは1人ずつコメント。
野村先生に締めとまとめをお願いする。
(15分+α)
  • 30分
  • Let's copy this session and evolve into a new session!

このセッションに参加する方はこんなセッションにも参加しています。

開催まで
あと 6

2019
03/14
終了

レポートあり

2019
02/24
終了

レポートあり

2019
02/22
終了

このセッションのタグに関連するストーリー

  • Future Session Week 2017 はじまります!
  • 想いある人たちが集中的にFuture Sessionを開催するイベント、「Future Session Week」の2017年版がいよいよはじまります!期間は、2017年7月1日(土)〜 7月9...

  • Future Session Week 2016 はじまります!
  • 想いある人たちが集中的にFuture Sessionを開催するイベント、「Future Session Week」の2016年版がいよいよはじまります!期間は、2016年6月25日(土)〜 7月...

  • フューチャーセッション・ウィークとは
  • フューチャーセッション・ウィークは、様々なセクターでイノベーションに取り組む組織や個人が、それぞれの大切なテーマで、フューチャーセッションを同時期に開催し、新たな関係性と協調アクションを生...