OUR FUTURES

「プロボノの未来」What's up Probono!!

Mission

2009~2010年あたりに広まり始めたプロボノ。
プロボノ(Pro Bono Publico)とは、個人の持つプロフェッショナルスキルを社会貢献のために使う活動であり米国で始まったとされています。

Probonoにこれまでかかわってきた方だけでなく、これから始めようという方や、初めて聞いた方にも、Probonoの未来をともに考えて行きたいと思っています。

「プロボノの未来」What's up Probono!!

「プロボノの未来」What's up Probono!!

Closed

インフォメーション

開催日時
2015-06-09 (Tue)
18:30 ~ 21:30
応募締切日時
2015-06-09 (Tue) 21:30
会場名
3x3 Labo
住所
東京都千代田区大手町2-6-2 日本ビル6F 662区
> google mapで表示
定員
60 人
参加費
無料
主催者

主催:ナレッジワーカーズインスティテュート株式会社
協力:一般社団歩人 企業間フューチャーセンター




「プロボノの未来」What's up Probono!!

Participation

・プロボノや社会貢献に興味のある方
・プロボノ経験者の方
・プロボノを最近知ったという方
・プロボノにお世話になったことのある方、これから支援を望む方
・プロボノ団体運営の方々
・フューチャーセッション興味があり、新しいナレッジに出会いたい方

Description

プロボノが日本で本格的にスタートして5年が過ぎました。
プロボノ活動をやってみたいという方も着実に増え、プロボノの認知はこれからと思われる一方、無償での活動に疑問を呈する方や、すでにプロボノ活動をやめてしまった方などもおられます。

プロボノはこのまま一過性の活動となってしまうのでしょうか?
社会貢献ブームの一部として終わってしまうのでしょうか?
プロボノが日本にブレークスルーを起こせるのでしょうか?

プロボノ経験者もプロボノやってみたい方、プロボノを利用されたNPOやスモールビジネスの皆さまも、そしてプロボノを最近知ったという人達も、これからプロボノは日本でどのようになるのか、ダイアローグにより未来を導き出したいと思っています。

「プロボノの未来」をともに紡いでみませんか?

プログラム概要(予定):

・チェックイン~
 ご挨拶と本日のダイアローグの説明
・アイスブレーク
・気づきのインプット
 ~ゲストによるパネルディスカッション風フィッシュボール~
・二つのテーマに分かれてのダイアローグ
・「プロボノの未来」のアウトカムレビュー
・チェックアウト~「私の今後のアクション」

(表示可能なステップはありません)

  • Let's copy this session and evolve into a new session!

このセッションに参加する方はこんなセッションにも参加しています。

2017
09/28
終了

2017
07/07
終了

レポートあり

2016
12/01
終了

レポートあり

2016
11/01
終了

レポートあり

このセッションのタグに関連するストーリー

  • Future Session Week 2017 はじまります!
  • 想いある人たちが集中的にFuture Sessionを開催するイベント、「Future Session Week」の2017年版がいよいよはじまります!期間は、2017年7月1日(土)〜 7月9...

  • ファクト予報 #037
  • 事実確認が容易になった社会では、ニュースの受け取り方や発言方法はどう変わる? 政策の詳細より感情へのアピールが重視される政治文化や災害時の流言・デマによる問題の深刻化によって、事実確認(Fac...

  • 2025年 オランダ・ジャーナリズムの未来5 #022
  • 前回に引き続き、オランダのジャーナリズム基金がまとめたテクノロジーの受容と社会的信頼の2軸によって分かれる4つの未来シナリオのうち、「(テクノロジーの受容は)不承不承 + 自分のためにやってもら...

  • 2025年 オランダ・ジャーナリズムの未来4 #021
  • 前回に引き続き、オランダのジャーナリズム基金がまとめたテクノロジーの受容と社会的信頼の2軸によって分かれる4つの未来シナリオのうち、「(テクノロジーの受容は)不承不承 + 自分でやる」で現れる「...