OUR FUTURES

おもてなしと科学技術の未来

Mission

日本人全体の心に自然に根づいている「おもてなし」。

科学技術の可能性をふまえて、幅広い視点から、2020年位実現したい「おもてなし」のアイディアを、皆さんと一緒に考えます。
     

Closed

インフォメーション

開催日時
2014-06-09 (Mon)
13:30 ~ 17:00
応募締切日時
2014-06-09 (Mon) 17:00
会場名
3×3Labo
住所
東京都千代田区丸の内3-2-3 富士ビル 3F
> google mapで表示
定員
10 人
参加費
無料
Information note

http://www.ecozzeria.jp/fujibldg33/

主催者

主催:株式会社フューチャーセッションズ/共催:エコッツェリア/協力:企業間フューチャーセンター




Participation

「おもてなし」に関心がある方、「科学技術」に関心がある方、サービス業関連者、海外の友人•知人と交流を深めたいと思っている方、メーカー技術開発者 など

Description

2020年東京オリンピックの開催招致プレゼンで世界に発信された「おもてなし」。
日本人全体の心に自然に根づいている「おもてなし」とは、一体どのような文化で、世界から現在どのように注目され、2020年には新たにどのような文化として発信ができるのでしょう?
 
本セッションでは、科学技術の可能性をふまえて、幅広い視点から「おもてなし」を考えます。

最先端の科学技術へ世界から注目が集まる日本は、医療の発達により平均寿命は世界一、ロボットの活躍現場は福祉•災害救助•宇宙にまで広がり、豊富な自然環境を活かした新エネルギー開発は関心を集めています。
また、インターネットの普及により世界中の人たちと瞬時に情報や想いを共有し、人工衛星技術の発展は近未来の天気予報をもとにしたICT農業なども広がっています。そして、個人による宇宙旅行の時代も目の前に近づいてきました。こうした非常に便利な生活を手にした私たちは、一方で、人間本来の関係性希薄という課題も抱え、行き詰まっています。
     
では、はたして、日本が元来持っている「おもてなし」の心、つまり人間的な温もりや感情、相手を思いやる心や共感する心を備えた科学技術は可能なのでしょうか?一体それはどのようなものなのでしょうか?もしくは、人間にしか出来なくて、科学技術にはできないことは一体何でしょうか?

2020年に実現したい、科学技術を活用した「おもてなし」の可能性、アイディアを共創しませんか?

1

問いを共有する
  • 13:30-13:40

サークル(Circle)

セッション趣旨
全体の流れを説明

  • 10分

2

関係性を作る
  • 13:40-13:50

ペア対話

チェックイン
Q:現在まで受けた最高のおもてなしは?

  • 10分

3

多様な知識を持ち寄る
  • 13:50-14:50

ワールドカフェ(World Cafe)

Q1:そもそも「おもてなし」って何だろう?

Q2:「おもてなし」 と「科学技術」が融合すると、どんなより新しい「おもてなし」が生まれるだろう? 

Q3(Q2同様):「おもてなし」 と「科学技術」が融合すると、どんなより新しい「おもてなし」が生まれるだろう? 

  • 60分

4

新しい問題の構図を描く
  • 14:50-15:05

マグネットテーブル(Magnet Table)

Q:あらためて、2020年に、自分が実現したい「おもてなし」とは?

  • 15分

5

アイデアを広げる
  • 15:05-15:50

ブレインストーミング(Brainstorming)

Q:2020年に、私たちが実現したい「おもてなし」には、どのような「科学技術」があると良いだろう?

  • 30分

ドット投票(Dot Voting)

Q:「すぐには出来ないけれど、2020年には実現したい」アイディアは?

  • 15分

6

プロトタイピングする
  • 15:50-16:30

クイックプロトタイピング(quick prototyping)

「未来新聞」の作成
Q:2020年に実現できている「おもてなし」のシーンと、それを支えている科学技術は何だろう?

  • 40分

7

アクションを生み出す
  • 16:30-16:50

サークル(Circle)

「未来新聞」の作成 (グループ)
Q:2020年に実現できている「おもてなし」のシーンと、それを支えている科学技術は何か?

  • 20分
  • Let's copy this session and evolve into a new session!

このセッションに参加する方はこんなセッションにも参加しています。

2019
03/14
終了

レポートあり

2019
02/24
終了

レポートあり

2019
02/22
終了