OUR FUTURES

みんなが暮らしやすい「超高齢社会」の未来

Mission

「超高齢社会」を共に生きる未来シナリオを考えます。

みんなが暮らしやすい「超高齢社会」の未来

みんなが暮らしやすい「超高齢社会」の未来

Closed

インフォメーション

開催日時
2014-11-30 (Sun)
12:30 ~ 15:30
応募締切日時
2014-11-30 (Sun) 15:30
会場名
kitenビル8階 大会議室
住所
宮崎県宮崎市錦町1番10号 kitenビル8階
> google mapで表示
定員
80 人
参加費
無料
主催者

宮崎産業経営大学


メンバー

企画メンバー 1

参加者 0


みんなが暮らしやすい「超高齢社会」の未来

Participation

超高齢社会の未来に関心のある方々(高校生・大学生、地域の方々、お年寄り、教育関係者など)

Description

2020年、宮崎県は3人に1人が高齢者となり、超高齢社会がより深刻になっていきます。既に、専門家からは高齢者が暮らしにくさの実感を抱き、同時に超高齢化が社会の閉塞感を生み、若者・子育て世代の暮らしにくさにも影響を与えていると指摘されています。
このまま2020年の超高齢社会はみんなが暮らしにくい社会になっていくのでしょうか?

今回のフューチャーセッションでは、みんなが共有したくなる超高齢社会の未来シナリオを考えたいと思います。高齢社会に関心のある人はもちろん、若い人(学生)たち、地域の方々、お年寄りの皆さん、教育関係者の方のご参加をお待ちしております。

1

問いを共有する
  • 12:30-12:45

サークル(Circle)

フューチャーセッションの概要の説明と、これまで実施してきたセッション(超高齢社会について都城商業高校の生徒たちと2回開催してきました)の成果を報告します。

  • 15分

2

関係性をつくる
  • 12:45-13:10

ストーリーテリング(Storytelling)

超高齢社会の問題点や市民に求められる視点を参加者全員で共有します。専門家を招いて、現状の問題点を共有します。

  • 25分

3

多様な知識を持ち寄る
  • 13:10-13:40

ワールドカフェ(World Cafe)

望ましい超高齢社会とは、どのような社会でしょうか?そのために必要なきっかけ、変化とは?

  • 30分

4

プロトタイピングする
  • 13:40-14:20

クイックプロトタイピング(quick prototyping)

ワールドカフェで生まれてきたアイディアをもとに「未来シナリオ」を作成します。

  • 40分

5

アクションを生み出す
  • 14:20-14:35

サークル(Circle)

参加者全員で未来シナリオを共有します。どんな未来シナリオが生まれたでしょうか?明日からできること、未来に向けてできることを改めて考えます。

  • 15分
  • Let's copy this session and evolve into a new session!

このセッションに参加する方はこんなセッションにも参加しています。

2015
12/13
終了

このセッションのタグに関連するストーリー

  • ブックストア・トラベラー #049
  • どんな地域で、どんな切り口の本屋体験をしてみたい?新宿歌舞伎町に、愛をテーマにして約600タイトルの本を扱いホスト書店員がおすすめの本を紹介してくれる、歌舞伎町ならではの訪れる理由をつくり出す個...

  • 助け合いアシスト・スーツ #033
  • ロボットスーツでボランティア、あなたはどんな活動をしている? 人体に装着することで筋力を増加させ、歩行機能を改善する機械装置が医療デバイスとして認められただけでなく、保険適用がされるようにまで...

  • 助け合いアシスト・スーツ #033
  • ロボットスーツでボランティア、あなたはどんな活動をしている? 人体に装着することで筋力を増加させ、歩行機能を改善する機械装置が医療デバイスとして認められただけでなく、保険適用がされるようにまで...

  • キャリアチェンジ・ブートキャンプ #032
  • 短期集中教育でキャリアを変えられるとしたら、あなたはどんなキャリアにチェンジしたい? 週6日、1日11時間で3ヶ月といったように、短期間に超過密スケジュールの教育によってプログラマーを育てる学...