OUR FUTURES

キーワード 高齢社会

  • ”触れる地球”を前にMIRAIを語る
  • 終了
  • 2018/11/28 18:00:00 (2.5時間) / 定員: 30 人
  • 「"触れる地球"を前にMIRAIを語る」<開催概要>開催日時 : 11月28日(水)18:00-20:30開催場所 : NECソリューションイノベータ本社ビル1F お客様サロ...

  • 「Re-Born(再生)」 企業は意志を持って生まれ変わる!
  • 終了
  • 2017/11/24 19:00:00 (2.5時間) / 定員: 50 人
  • ●主催者挨拶塚本恭之|一般社団法人企業間フューチャーセンター(EAFC)代表理事●基調講演「意思を持つことで歴史が変わる」横塚裕志様|一般社団法人 情報サービス産業協会会長横...



  • 対話の場:明石フューチャーセッション2016
  • 終了
  • 2016/11/20 11:00:00 (7時間) / 定員: 30 人
  •  対話の場『明石フューチャーセッション2016』 ~市民が安心して住み続けられるユニバーサルなまち・明石を目指す~ 未来思考で対話し、変化を起こして行くための“場”として、い...



  • みんなが暮らしやすい「超高齢社会」の未来
  • 終了
  • 2014/11/30 12:30:00 (3時間) / 定員: 80 人
  • 2020年、宮崎県は3人に1人が高齢者となり、超高齢社会がより深刻になっていきます。既に、専門家からは高齢者が暮らしにくさの実感を抱き、同時に超高齢化が社会の閉塞感を生み、若...


  • プレアイデアソン
  • 終了
  • 2014/08/29 09:30:00 (2.5時間) / 定員: 20 人
  • 課題や想いが共有され、宮前区G-ハッカソンのテーマが明確になる(タイトルが決まる)。また、そのテーマのステークホルダーが想定され、その方々にどう知ってもらい、参加してもらえる...



助け合いラボ

セッション数:6

  • 高松の助け合いの未来フューチャーセッション 第2回「アクションを起こす」
  • 鎌倉の助け合いの未来フューチャーセッション 第2回「アクションを起こす」
  • 高松の助け合いの未来フューチャーセッション 第1回「ありたい姿を描く」
  • 調布の助け合いの未来フューチャーセッション 第2回「アクションを起こす」
  • 鎌倉の助け合いの未来フューチャーセッション 第1回「ありたい姿を描く」
  • 調布の助け合いの未来フューチャーセッション 第1回「ありたい姿を描く」

市民・企業・行政がセクターを超えて共創する助け合い地域づくりプロジェクト


助け合いアシスト・スーツ #033

ロボットスーツでボランティア、あなたはどんな活動をしている? 人体に装着することで筋力を増加させ、歩行機能を改善する機械装置が医療デバイスとして認められただけでなく、保険適...


キャリアチェンジ・ブートキャンプ #032

短期集中教育でキャリアを変えられるとしたら、あなたはどんなキャリアにチェンジしたい? 週6日、1日11時間で3ヶ月といったように、短期間に超過密スケジュールの教育によってプ...


シェア・プレイン #030

飛行機も自動車感覚で乗れるようになったら、あなたは何に乗っている? 飛行機ベンチャーCobalt Aircraftは、小型飛行機「Co50 Valkyrie」(5人乗り)の...


ハイテク墓地 #029

テクノロジー満載のハイテク墓地が広まったら、お墓参りのあり方はどう変わる? 世界有数の人口密度である香港では墓地不足の問題が生じており、その解決策としてテクノロジーを活用し...


多国籍&多世代共生ヴィレッジ #014

多国籍・多世代共生が普通になったら、あなたの周りではどのような新しい文化が生まれている? 日本国籍と他国籍を同時にもつ二重国籍者の数は、推定で40〜50万人と言われ、年々増...


G空間未来デザインプロジェクト:「地域課題を解決するための地理空間オープンデータを用いたマーケソン」開催実施報告

2015年2月20日(金)、21日(土)、神奈川県川崎市の宮前区役所および川崎市役所にて、「地域課題を解決するための地理空間オープンデータを用いたマーケソン」を開催しまし...


G空間未来デザインプロジェクト:「地域課題を解決するための地理空間オープンデータを用いたアイデアソン」開催実施報告

出掛けたくなる、みんなで健康になる街をめざして2014年10月27日、オープンデータとして公開されている地理空間情報(G空間情報)を活用するサービスやアプリの創出を目的とした...


G空間未来デザインプロジェクト:「地域課題を解決するための地理空間オープンデータを用いたハッカソン」開催実施報告

2014年12月20日(土)、21日(日)、カタリスト BA(二子玉川)にて、「地域課題を解決するための地理空間オープンデータを用いたハッカソン」を開催しました。※参考:...


セクターを超えたネットワークでソーシャルイノベーションを実現する ー認知症フレンドリージャパン・イニシアチブ 徳田 雄人さん

昨年「G8認知症サミット」がロンドンで開かれ、認知症が改めて世界の重要な課題として位置づけられました。日本では、認知症を医療の対象として捉えるのではなく、高齢社会の人と人の関...


Shoji Mori

高齢者施設でリハビリテーション(作業療法士)の仕事に携わっています。 現在は、通所リハビリテーションの組織の中で仕事をしていますが、今後の超高齢社会を見据えると、現状の介護...


Kubota Yoshimasa

作業療法士として18年。リハビリ専門病院、訪問、入所・通所など高齢者のリハビリをほぼ網羅。 同時に働きながら、京都造形芸術大学の建築デザイン科を卒業し、二級建築士を取得。 ...


Yutaka Sano

企業で超高齢社会をテーマに商品やサービスの在り方を考え、ユニバーサルデザインという形で具現化する仕事をしています。一方で長寿社会における、長く自由度のある働き方や、幅広い年代...


Chiharu Kawano

高齢社会を見据えての社会変化、企業のあり方を描きながら新規事業や商品開発を検討しています。