OUR FUTURES

対話×テクノロジーの未来

Mission

対話×テクノロジーの未来
MetaMoJiが開発しているShareAnytimeを活用し、対話の可能性を探索するセッションです。

2020年の「対話」「テクノロジー」の可能性を探ります。
・テクノロジーがあると対話はどう広がっていくのか?
・ファシリテーションのレベルを上げるテクノロジーは?
・アクションにつながる対話にとって必須な機能は何か?

ShareAnytimeでプロトタイプをつくってみるセッションです。
使い方提案:すでにある機能を応用し実現できる対話
新機能提案:新たに機能があると実現できる未来の対話

対話×テクノロジーの未来

対話×テクノロジーの未来

Closed

インフォメーション

開催日時
2014-06-11 (Wed)
13:00 ~ 17:00
応募締切日時
2014-06-11 (Wed) 17:00
会場名
3×3Labo
住所
東京都千代田区丸の内3-2-3 富士ビル 3F
> google mapで表示
定員
30 人
参加費
無料
Information note

http://www.ecozzeria.jp/fujibldg33/

主催者

主催:株式会社フューチャーセッションズ/共催:MetaMoJi/共催:エコッツェリア/協力:企業間フューチャーセンター




対話×テクノロジーの未来

Participation

アウトプットを意識しているセッション実践者
対話に関心ある方、テクノロジーに関心ある方など、どなたでも参加可能です。

Description

※iPad、Android、Windows8などのタブレット端末とスタイラスペンを必ずお持ちください。
 お持ちでない方は、若干貸し出しもしますので、「fsw@futuresessions.com」までご連絡ください。
※セッションでは「Share Anytime Free」を利用しますので、事前ダウンロードをお願いいたします。
 http://shareanytime.com/jp/
※当日のセッションは、以下のドキュメントを活用します。
 https://cabinet.7knowledge.com/gallery/saview/001ff6731e13b6fe009db7d056cd5c9a3.html
(セッション開始まで編集や書き込みは行わないでください。)

1

問いを共有する
  • 13:00-13:15

サークル(Circle)

セッションの目的共有(FSSとMetaMoJiより)
今回ShareAnytimeを使う意図

  • 15分

2

関係性をつくる
  • 13:15-14:00

ストーリーテリング(Storytelling)

ShareAnytimeのレクチャーと自己紹介の記入
■ShareAnytimeを活用方法:1枚のキャンバスに各自、自己紹介を記入していく

  • 45分

3

多様な知識を持ち寄る
  • 14:00-15:00

ワールドカフェ(World Cafe)

観点を示し、グループごとに対話してもらう
Round 1・2:参加者視点でどのようなテクノロジーがあるといいだろうか?
(創造性向上/傾聴力/いつもと違う・ワクワク感)
Round 3・4:ファシリテーター視点でどのようなテクノロジーがあるといいだろうか?
(参加者の多様性/参加者の感情を把握する/全体像と細部が同時把握できる/集合知の可視化)
ハーベスト:ShareAnytimeでできる可能性・実験したい領域を見つける
(各自がチェックしていく)

  • 60分

4

新しい問題の構図を描く
  • 15:00-15:30

マグネットテーブル(Magnet Table)

テクノロジーを活用し自分が実現したい対話の領域を整理する
例)参加者全員が創造性をフルに発揮する対話の場

■ShareAnytimeを活用方法:タイプで記入し、各自自由にグルーピングしていく。(KJ法)
分類し終わった中で、各自が実現したい領域を選択する。

  • 30分

5

プロトタイピングする
  • 15:30-16:45

クイックプロトタイピング(quick prototyping)

未来の対話の場企画書を作成する
・どういう対話を実現したいのか?
 (2020年に実現できること/この1年で実現したいこと)
・それがもたらす効果な何か/どんな課題を解決するのか?なぜ必要なのか?
・それを実現するために必要なテクノロジー

■ShareAnytimeを活用方法:各グループ枚数制限無しのノートを作成し、各グループ自由に企画書作成していく。

  • 60分

プレゼンテーション

各グループの企画書を全体に共有する

■ShareAnytimeを活用方法:各グループの発表を画面表示する

  • 15分

6

アクションを生み出す
  • 16:45-17:00

サークル(Circle)

各自の実現したい
未来に向けて、アクションを宣言する

■ShareAnytimeを活用方法:各自のアクションを1枚のキャンバスに書き込む

  • 15分
  • Let's copy this session and evolve into a new session!

このセッションに参加する方はこんなセッションにも参加しています。

2022
01/19
終了

2021
12/01
終了

レポートあり

2021
12/01
終了