OUR FUTURES

立川ミライ会議2(立川市の後援をいただきました)

Mission

◯◯立川ミライ会議とは◯◯

現在、立川は著しく開発が進んでいます。今年の4月にはIKEAがオープンし、今後も大型ショッピングセンターや立川駅直結のタワーマンションの竣工が計画されるなど、めまぐるしい発展が期待されています。
しかし同時に、待機児童の問題やコミュニティの希薄化など、現代社会の多くの課題を抱えてもいます。これらは特定の専門家だけで解決できる状態ではありません。
これらの課題に対し、愚痴を言うだけではなく、解決のためにすでに市民レベルで行動を起こしている方がたくさんいます。

立川ミライ会議はこれらの活動家をつなぎ、活動を組み合わせることで、活動の幅を広げたり、促進することを目的としています。
また、市民の方が普段抱える課題や不満を明らかにし、それらの解決策を参加者みんなで考える過程を通して、住民が主体となって解決に動き出す後押しをすることを目指しています。

立川ミライ会議では”ミライ”私たちがどうなっていたいのか、何ができていたらいいのかを地域で活動されている団体や個人が集まり、立川という街の”ミライ”について、参加者それぞれの視点や想いを持ち寄って話し合います。 色んな想いのある人が対話を通して気づきや学びを生む場所を作っていきます。

立川ミライ会議2(立川市の後援をいただきました)

立川ミライ会議2(立川市の後援をいただきました)

Closed

インフォメーション

開催日時
2014-07-05 (Sat)
13:30 ~ 16:30
応募締切日時
2014-07-05 (Sat) 16:30
会場名
たましんRISURUホール 第1会議室
住所
立川市3丁目3-20
> google mapで表示
定員
40 人
参加費
  • 会場払い 500 円
主催者

立川ミライ会議実行員会


メンバー

企画メンバー 1


立川ミライ会議2(立川市の後援をいただきました)

Participation

立川に関心のある人、対話に関心のある人、自身のやりたいことを形にしていきたい人など

Description

◯◯立川ミライ会議2 セッションの流れ◯◯

①チェックイン(10~15分)
②フィッシュボール(20~30分)
③マグネットテーブル(10~15分)
④ブレインストーミング(25分)
⑤プロトタイプ(20分)
⑥発表(15分)
⑦チェックアウト(10〜15分)

◯◯実施概要◯◯

日時:7月5日(土)13:30〜16:30(13:15受付開始)
場所:たましんRISURUホール 第1会議室
定員:40名
費用:大人500円(大学生以下無料)
対象:立川の未来に興味がある方ならどなたでも!
   立川という街が好きな方
   地域でのつながりや地域の活性化にご関心のある方
  
※立川ミライ会議は年間を通し、継続的に実施いたします。運営費用として参加費のお支払いにご協力ください。

◯立川ミライ会議懇親会について◯

イベント後、立川ミライ会議参加者を対象にとした懇親会を実施いたしますので、ぜひ併せてご参加ください。

時間:立川ミライ会議後から19:00頃までを予定
場所:たましんRISURUホール ギャラリー
定員:30名
費用:大人2,500円 / 大学生1,000円
対象:立川ミライ会議2参加者

◯◯実施体制◯◯

主催:立川ミライ会議実行委員会(NPO 法人ダイバーシティコミュ、任意団体bond place、任意団体Design Lab. t.s.d.c.)

協力:立川市子ども未来センター
※立川ミライ会議2は、立川市子ども未来センターが運営するコミュニティプログラムとして承認いただきました。

(表示可能なステップはありません)

  • Let's copy this session and evolve into a new session!

このセッションに参加する方はこんなセッションにも参加しています。

2015
02/13
終了

2015
01/16
終了

2014
12/31
終了

2014
12/23
終了

このセッションのタグに関連するストーリー

  • ブックストア・トラベラー #049
  • どんな地域で、どんな切り口の本屋体験をしてみたい?新宿歌舞伎町に、愛をテーマにして約600タイトルの本を扱いホスト書店員がおすすめの本を紹介してくれる、歌舞伎町ならではの訪れる理由をつくり出す個...

  • 平時も有事も安心な食 #041
  • 安心なまちでは、どんな食環境になっている? 首都直下地震の最大想定被害者数は東日本大震災(47万人)の15倍、南海トラフ地震では20倍にもなり、必要な食品を確保できなくなるとも言われています。...

  • ファクト予報 #037
  • 事実確認が容易になった社会では、ニュースの受け取り方や発言方法はどう変わる? 政策の詳細より感情へのアピールが重視される政治文化や災害時の流言・デマによる問題の深刻化によって、事実確認(Fac...

  • 助け合いアシスト・スーツ #033
  • ロボットスーツでボランティア、あなたはどんな活動をしている? 人体に装着することで筋力を増加させ、歩行機能を改善する機械装置が医療デバイスとして認められただけでなく、保険適用がされるようにまで...