OUR FUTURES

「東北ハツ(発・初)を増やそう」 フューチャーセッション  (まちづくり編集会議)

Mission

「東北ハツ(発・初)を増やそう」 フューチャーセッションは
市民が主体となり、自分たちの未来をデザインしていきたいと考えている
行政、NPO,他地域サポーターが枠を超えて、東北からの発信、初の試みを
増やしていくためのアイディアを対話を通して引出す場づくり。
東北ハツが増えることが、東北の元気になる。そんな未来に向けての
具体的な第一歩をカタチにするまちの編集会議でもあります

「東北ハツ(発・初)を増やそう」 フューチャーセッション  (まちづくり編集会議)

「東北ハツ(発・初)を増やそう」 フューチャーセッション  (まちづくり編集会議)

Closed

インフォメーション

開催日時
2013-06-02 (Sun)
13:00 ~ 17:00
応募締切日時
2013-06-02 (Sun) 17:00
会場名
コワーキングスペースcocolin
住所
(仙台市宮城野区榴ヶ岡5-12-55 NAViSビル1F)
> google mapで表示
定員
20 人
参加費
無料
Information note

参加申込はこちら↓
http://www.s-jiyudai.com/guidance/6061

ゲスト:【Bob Stilger(ボブ・スティルガー)】
コミュニティ・組織開発、リーダーシップ開発の実践における第一人者の一人。

1970年、早稲田大学の学生として日本語と日本文化を学ぶために来日。
1974年には、コミュニティ開発のための会社を米国で設立、
その後25年にわたり、地域コミュニティなど様々な組織に対して、
交通計画、社会サービス、エネルギー戦略など多様な領域で、
より良いコミュニティづくりのサポートに携わる。

その後、マーガレット・J・ウィートリーと共に
Berkana Instituteの共同代表を務める。
健全でしなやかなコミュニティづくりに向け、
南アフリカ、ジンバブエ、インド、ブラジル、
オーストラリアなど世界各地で活動を展開し、人々が関係性を再構築し、
信頼を築き、共に未来を描き、行動する仲間となるためにダイアログ(対話)を実践。

震災前から日本を度々訪問し、特にダイアログ(対話)と
フィーチャー・センターを用いて、市民がコミュニティにおいて主体的に
リーダーの役割を担っていくことをサポートしている。

主催者

センダイ自由大学&東北フューチャーネットワーク



メンバー

企画メンバー 1

参加者 0


「東北ハツ(発・初)を増やそう」 フューチャーセッション  (まちづくり編集会議)

Participation

対象者は復興あるいはまちづくりに取組んでいる人、
取り組みたいと考えている人、NPO、企業、行政の方に
ご参加いただきたいと考えております

東北に住む人 東北でまちづくり活動をされている人
東北から元気を発信して行きたい人
東北が元気になる活動に関わっている人
東北ハツ(初・発)を増やしていきたい人

NPO、企業、行政それぞれの枠を超えて
一緒に考えていきませんか?

Description

昨年よりセンダイ自由大では、フューチャーセンターの考え方を取り入れています
いままでの講義というスタイルと参加者同士の対話
この融合からうまれるセッションが、より大きな化学変化を生み出すと考えたからです
実際に昨年11月からフューチャーセッションをスタート
※そのときの様子はこちら
http://www.s-jiyudai.com/report/5331

そのセッションからいくつかのセッションを通じて
生まれてきたのが
「東北ハツ」を増やそう!といいうことです
東北からの発信の発
東北からの初
だったり。

東北という地域だからこそのものをつくり、発信していく
なにもそれは新しいものだけでなく
いまあるものを組み合わせていくことで「初」も「発」も生まれると思います
この「東北ハツ(発・初)」が増えることが
東北が元気に、次のステージに向かう大きなキッカケになるのではないでしょうか

ですので

今回はこの「東北ハツ(発・初)」をテーマに
参加者と
どんなハツがあるか!?
まちづくり編集会議を開催していきたい
そう考えています
当日はゲストに
ダイアログ(対話)の達人であり、世界中でこのフュチャーセンターの活動をされている
ボブ・スティルガー氏を迎え
東北の地域でフューチャーセッションがキッカケで起こっていること
フューチャーセッションが他のダイアログとどう違うか?
などについてお話をしていただく予定です
また、みなさんの疑問、質問にもお答えいただけると思います

1

関係性をつくる
  • 13:00-13:20

ストーリーテリング(Storytelling)

1、チェックイン
・今回の目的の共有。東北ハツについて

  • 20分

2

テーマに沿って知識を広く持ちよる
  • 13:20-14:20

フィッシュボウル(Fishbowl)

2、集まった人がお互いを知る、理解する
・自己紹介と問題意識の共有

  • 20分

ワールドカフェ(World Cafe)

3、フューチャーセンターって何?なにができそう?

  • 40分

3

新たな視点を発見し構造化する
  • 14:20-15:20

プロアクションカフェ(Proaction Cafe)

4、ゲストスピーカーから学ぶ
ゲストスピーカー ボブ スティルガー 氏

  • 60分

4

プロトタイピングする
  • 15:20-16:20

クイックプロトタイピング(quick prototyping)

5、東北からのハツ(発・初)にむけてのいま起きていること
  これから起きることをダイアログ 

  • 60分

5

アクションを生み出す
  • 16:20-16:40

サークル(Circle)

6、最初の小さな一歩をカタチにする(まちを編集する)

  • 20分
  • Let's copy this session and evolve into a new session!

このセッションのタグに関連するストーリー

  • 平時も有事も安心な食 #041
  • 安心なまちでは、どんな食環境になっている? 首都直下地震の最大想定被害者数は東日本大震災(47万人)の15倍、南海トラフ地震では20倍にもなり、必要な食品を確保できなくなるとも言われています。...

  • 社会的アイドル #028
  • 社会問題をアイドルと解決しているとしたら、あなたはどんな活動をしている? インターネット経由で人々や組織に財源の提供や協力を行なうクラウドファンディングは、商品やイベントやアートなど、さまざま...

  • ソーシャル・カジノ #023
  • 地域通貨をやり取りするカジノがまちにあったら、あなたはどんな地域活動をしている? カジノやマージャンなどを介護予防につなげる「アミューズメント型」「カジノ型」と呼ばれる介護施設が増えてきている...