OUR FUTURES

コミュニティ・デザインとは?講演会+フューチャーセッションinやまなし

Mission

山梨で多様な社会課題に取り組む大人と高校生・大学生を対象に、東北芸術工科大学コミュニティ・デザイン学科・岡崎エミさんをリソース・パーソンに迎え、の取り組み事例紹介からコミュニティ・デザインについて学ぶ機会をつくる。
「コミュニティ・デザインとは?」講演を参加者の共通体験として、世代を超えたマルチステークホルダー・ダイアログから、山梨のより良い未来を共創する。

コミュニティ・デザインとは?講演会+フューチャーセッションinやまなし

コミュニティ・デザインとは?講演会+フューチャーセッションinやまなし

Closed

インフォメーション

開催日時
2015-06-14 (Sun)
12:45 ~ 18:00
応募締切日時
2015-06-07 (Sun) 00:00
会場名
山梨県生涯学習推進センター・交流室A+B
住所
山梨県甲府市丸の内1-6-1山梨県防災新館1階
> google mapで表示
定員
100 人
参加費
  • 会場払い 2,000 円
Information note

高校生・大学生50名+大人50名で世代を超えたマルチステークホルダー・ダイアログを開催します。

主催者

みんなの大学やまなし実行委員会事務局(あいうえお順)
久保田好正/阪本有子/田中悠二/蔦木伸一郎/藤原佳奈/三澤 洋美/山本真/渡辺亜紀



メンバー

企画メンバー 1

参加者 1


コミュニティ・デザインとは?講演会+フューチャーセッションinやまなし

Participation

  • 山梨県内在住の高校生・大学生
  • 多様な社会課題に取り組む大人
  • 山梨県内で暮らす全ての人

Description

地域を、山梨を、もっと良くしたい。
本気でそう思う人がつながり、思いや経験をシェアできたらいいね。そう考えた有志で、みんなで学び合うための場ーみんなの大学やまなしの第3弾。
身の回りのことから地域・行政まで、より良い未来を創るために活動を起こしている(起こそうとしている)方のご参加をお待ちしています。
東北芸術工科大学コミュニティ・デザイン学科副学長の岡崎エミさん講演会+フューチャーセッションです。
「コミュニティ・デザイン-人がつながるしくみをつくる」などの著者・山崎亮さんが代表を務めるstudio-Lのメンバーとして、栃木県などでまちづくりや人材育成に関わり、現在は、東北芸術工科大学でコミュニティ・デザイナーを育てている岡崎エミさんから「コミュニティ・デザインとは?」について、お話していただきます。
その後、参加者の皆さん(高校生+大学生+大人)と世代を超えて、ともに山梨の未来づくりを考えるフューチャーセッションを開催します。
フューチャーセッションは、地域の人口減少など今までにだれも経験したことがない・答えがない複雑な問題を解決するために、世代や立場、専門性を超えた多様な人たちが集まり、対話により協調アクションを生み出す場です。
山梨の地域課題を解決する糸口を見つけ取り組みを始める仲間を見つけませんか?

◆日時
6月14日(日)13:00~18:00

◆会場
山梨県生涯学習推進センター・交流室A+B
山梨県甲府市丸の内1-6-1山梨県防災新館1階
https://www.manabi.pref.yamanashi.jp/center/index.jsp?mode=map&flag2=1

◆参加費用:大人2,000円・大学生1,500円
岡崎さんの交通費・謝金などの経費の実費から算出しました。今回は、高校生参加分を大人にご負担いただきますよう、お願いします。

◆参加対象:100名(会場定員)
山梨県で暮らす人(職場・学校がある、実家があるなども含め)高校生+大学生50名・大人50名を想定しています。

◆参加の方法
「参加する」をポチっとして下さい。
※会場設営の都合上、不参加となる場合は事前にご連絡ください。

◆当日の流れ
12:30 開場
13:00 開会・参加者の自己紹介タイム
13:20 講演・岡崎エミさん
社会課題を解決しより良い地域づくりのための「コミュニティ・デザイン」とは?
14:00 質疑応答
ー休憩ー
14:30 フューチャーセッションやまなし
高校生+大学生と大人・世代を超えて山梨の未来を共創する対話型ワークショップ
18:00 終了

--------------------------------------------------------
<岡崎エミさんプロフィール>
東北芸術工科大学コミュニティデザイン学科副学科長、studio-Lメンバー。
1973年横浜生まれ。早稲田大学卒後、㈱学習研究社入社。婦人誌『ラ・セーヌ』編集部を経て99年独立。㈱エスクァイアマガジンジャパン発行『Luca』副編集長、(株)リビングデザインセンター発行『LIVING DESIGN』編集長を歴任。
09年1月よりstudio-Lに参画。各種まちづくりの支援や研修プログラム開発、講師などを担う。 2009年パーマカルチャーデザインコース修了。編著に『Design it yourself』(建築資料研究社刊)、海士町総合振興計画別冊『海士町をつくる24の提案』、『コミュニティデザインの仕事』(ブックエンド刊)など。
http://www.tuad.ac.jp/communitydesign/

<今回の講演のテーマ>
地域の魅力や価値を引き出し、人と人とをつなぐことで課題を解決する「コミュニティ・デザイン」とは?
地域で暮らす人が主役となり、課題を解決しより良い地域づくりに取り組むために大切なことは?
群馬県富岡市などで実践を続け、東北芸術工科大学でコミュニティ・デザイナー育成に取り組む岡崎さんにお聞きします。

文部科学省所管財団法人生涯学習開発財団認定ワークショップデザイナー+地域コーディネーター
山本 真
wsd.makoto1965@gmail.com
090-3095-0203
https://www.facebook.com/makoto.yamamoto.7549

(表示可能なステップはありません)

  • Let's copy this session and evolve into a new session!

このセッションに参加する方はこんなセッションにも参加しています。

2014
11/30
終了

2013
06/08
終了

2013
05/10
終了

レポートあり

このセッションのタグに関連するストーリー

  • ブックストア・トラベラー #049
  • どんな地域で、どんな切り口の本屋体験をしてみたい?新宿歌舞伎町に、愛をテーマにして約600タイトルの本を扱いホスト書店員がおすすめの本を紹介してくれる、歌舞伎町ならではの訪れる理由をつくり出す個...

  • Future Session Week 2017 はじまります!
  • 想いある人たちが集中的にFuture Sessionを開催するイベント、「Future Session Week」の2017年版がいよいよはじまります!期間は、2017年7月1日(土)〜 7月9...

  • 平時も有事も安心な食 #041
  • 安心なまちでは、どんな食環境になっている? 首都直下地震の最大想定被害者数は東日本大震災(47万人)の15倍、南海トラフ地震では20倍にもなり、必要な食品を確保できなくなるとも言われています。...

  • ファクト予報 #037
  • 事実確認が容易になった社会では、ニュースの受け取り方や発言方法はどう変わる? 政策の詳細より感情へのアピールが重視される政治文化や災害時の流言・デマによる問題の深刻化によって、事実確認(Fac...