OUR FUTURES

フューチャーセッション 「自分たちで創る、自分たちの未来」:子どもたちに渡したい”まちの未来”を、私達はどうつくっていけばいいのだろうか?

Mission

今年生まれた子どもたちが多感な青春期を迎え、小学生が社会のど真ん中にいるだろう2030年ごろ――今から15年後の未来に向かい、私たちはこれから、どんなまちや社会を作っていくのでしょうか?

その頃の、出産、子育ては?教育は?住宅環境は?

一家に一台ロボットが?

理想のパートナーはAIが決める?

仕事をするのに会社に行く必要がない?

電車に乗らなくても、免許がなくても、自動運転でどこにでも行ける?

もしかしたら、大地震や超大型台風が来るのか?など、様々な危機も想定をしておく必要があるのかもしれません。

そんな15年後まで伝え、残していきたい思いやまちの姿は何でしょう?

今を変えていかなければならないことは何でしょう?

「こんな社会であってほしい!」

「こんなまちになっていたら嬉しい!」

「子どもたちに、こんな大人になってほしい」

明るく幸せな未来を、大人も子どもも一緒に創造する時間をつくりたいと思います。

フューチャーセッション 「自分たちで創る、自分たちの未来」:子どもたちに渡したい”まちの未来”を、私達はどうつくっていけばいいのだろうか?

フューチャーセッション 「自分たちで創る、自分たちの未来」:子どもたちに渡したい”まちの未来”を、私達はどうつくっていけばいいのだろうか?

Closed

インフォメーション

開催日時
2016-12-30 (Fri)
14:00 ~ 17:30
応募締切日時
2016-12-30 (Fri) 17:30
会場名
Ha-Lappa
住所
福山市伏見町4-33
> google mapで表示
定員
30 人
参加費
無料
主催者

FutureCenterFUKUYAMA




フューチャーセッション 「自分たちで創る、自分たちの未来」:子どもたちに渡したい”まちの未来”を、私達はどうつくっていけばいいのだろうか?

Participation

■対象者 
 テーマに興味がある大人と子供


1

参加者の信頼感を高める
  • 14:00-14:30

イントロダクション

―セッションの目的と今日の流れを確認します

・FCFの紹介

・フューチャーセッションとは?

・今日の約束

・手揚げのルールの説明と練習

  • 15分

チェックイン

全員で自己紹介:

・氏名

・いつもは何をやっている人?

・今日、参加した理由

  • 15分

2

未来を思い浮かべる
  • 14:30-15:45

インスピレーショントーク

・インスピレーショントーク:10分

 今起きていて、これから大きな影響がありそうなものを紹介

  • 10分

ワールドカフェ(World Cafe)

R1:15分

15年前に比べて、街の姿や生活、仕事を一変させたものはなんでしょうか?


グループで一つづつ発表:5分

メンバーチュエンジ

R2:20分

今起きてる様々な変化で、良かれ悪かれ15年先の未来に大きな影響を与えていそうな変化(の兆し)にはどんなものがあるだろうか?

1項目1付箋で書き出して、どんどんと出していこう(50の変化/チーム)

  • 40分

シェア

どんな変化があるかを、グループごとに紹介

壁に張り出します

  • 10分

ドット投票(Dot Voting)

休憩を含めて個人ワーク

1.貼りだした「変化」を眺めて、福山での暮らしやハタラクことに重要な変化、起きることで一変しそうなものをひとつ選んで抜き出すか付箋に書く。


2.どんな変化が起きても、自分たちが暮らしていく上でで変えてはいけない大切なものは?をA4用紙に描く

  • 15分

3

そう有りたい未来を創造する
  • 15:45-17:10

マグネットテーブル(Magnet Table)

大切にしたいもの、をキーワードにチームを編成する

  • 5分

シナリオ・プランニング

集まったメンバーが持ち寄った、未来を大きく変えるものを並べてみて、そのうちもっとも重要な変化をもたらしそうなことを2つ選ぶ。

その選んだものが、「起きたこと」として、街の様子や社会の状況はどんなことになっているのか?を考える

  • 30分

シェア

考えたストーリーを発表する

  • 10分

未来編集会議

その未来社会の中で、私たちがいきいきと幸福に暮らしているには

まちの中にどんなものがあればいいだろうか?

どんなサービスや仕事が必要だろうか?

まちをどんなふうに運営していればいいだろうか?

そうするために、2017年に始まったことはなんだろうか?

集まっているメンバーが協力することで、何を始められるだろうか?

他にどんなリソースが加わればいいだろうか?

それを紹介する、未来◯○新聞を編集する

  • 40分

4

まとめ
  • 17:10-17:30

ストーリーテリング(Storytelling)

グループで話した15年後の街の様子や社会の姿を紹介しましょう

  • 10分

チェックアウト

一人ひとりの今日からのアクション宣言をしてみよう!

  • 10分
  • Let's copy this session and evolve into a new session!

The number of sessions which evolved from this session: 1

このセッションに参加する方はこんなセッションにも参加しています。

2018
12/08

2018
11/10
終了

2018
11/02
終了

2018
10/13
終了

このセッションのタグに関連するストーリー

  • ストリート・ジョブ #048
  • 身近なストリートで、働いたり生み出したりしてみたい職業は?MITメディアラボが発表した論文によると、都市の規模が小さければ小さいほど(とくに人口が10万人を下回る都市)、AIやロボットといったテ...

  • ロス・エネ #047
  • あなたのまわりで廃棄していたけれど、新たな資源として活用できるものは何?食品がすべて無料のスーパーがオーストラリアのシドニーに登場したようです。無料にできる理由は、従来であれば食べられるのに廃棄...

  • クリーン・エネルギー・フリマ #043
  • 余剰電力をあなたは誰にお裾分けする? クリーン・エネルギーや分散型電源への期待から、エネルギーもまた地産地消を支援する世論が高まってきています。米国では地域で生み出された太陽エネルギーを、電力...

  • 平時も有事も安心な食 #041
  • 安心なまちでは、どんな食環境になっている? 首都直下地震の最大想定被害者数は東日本大震災(47万人)の15倍、南海トラフ地震では20倍にもなり、必要な食品を確保できなくなるとも言われています。...