OUR FUTURES

子どものみらいを豊かにする「あそべる×まなべる」モノを創ろう!ワークショップ(第一回:6/20)

Mission

少子高齢化、グローバル化、ICTの進展など、私たちの生活を取り巻く環境は、これまで経験したことのない大きな変革の時代に突入しています。また、グローバル化への不安から、知識偏重の大学入試から知識の活用力を問う大学入試への改革が進められるなど、子どもを取り巻く環境にも大きな変化が起きています。 

このように社会が変化するなか、親たちは子どもの未来を考えて、どのように子育てしたらよいのか、何が本当に大事なことなのか、今のやり方を続けていて大丈夫なのか、不安や迷いを抱えています。 

調査結果によると、9割の母親が「社会を生き抜く力」や「未来を切り開くために必要な力」を身につけさせる教育に「自信が持てない」と答えるなど、大きな変化を前にとまどう親たちの姿が浮き彫りになっています。

では、未来を見通しにくく、不確実性の高い時代のなかで、

私たち大人が子どもの未来のためにできることは何でしょうか。 

ここで一つ重要なキーワードとなるのは「創造性(クリエイティビティ)」と「想像性(イマジネーション)」です。混沌とする社会の中で、自分で課題を設定し、自分で考えて答えを編み出し、未来を切り拓くために必要な力です。この二つの力を育むために、子どもたちが、「あそび」などの体験を通して、情緒的・知的な発達を遂げ、豊かな体験を得られる環境が求められています。 

このワークショップでは子どもたちの未来についてさまざまな可能性を考えながら、子どもの創造力や想像力を高められるようなまなび環境を支える「あそべる×まなべる」モノのアイデアを考えます。 

子育て中のママもパパも、子どもの教育に関わっているみなさんも、子どもたちの未来に何かしたい大人たちも、多くの方のご参加をお待ちしています!!


☆エントリーURL ※必ず以下よりエントリーください。フォーム入力がないと参加できません。

https://pro.form-mailer.jp/fms/6715813b75738

子どものみらいを豊かにする「あそべる×まなべる」モノを創ろう!ワークショップ(第一回:6/20)

子どものみらいを豊かにする「あそべる×まなべる」モノを創ろう!ワークショップ(第一回:6/20)

Closed

インフォメーション

開催日時
2015-06-20 (Sat)
10:00 ~ 13:00
応募締切日時
2015-06-20 (Sat) 09:00
会場名
Hatch Cowork+KIDs
住所
東京都港区赤坂4-9-25 新東洋赤坂ビル5階  
> google mapで表示
定員
20 人
参加費
無料
主催者

株式会社グローバルステージ(働くママ支援プロジェクト「キラきゃりママ」事務局)

Mailinfo@gl-stage.com

URLhttp://gl-stage.com/



メンバー

企画メンバー 1

参加者 0


子どものみらいを豊かにする「あそべる×まなべる」モノを創ろう!ワークショップ(第一回:6/20)

Participation

・子育て中のママもパパ

・子どもの教育に関わっているみなさん

・子どもたちの未来に何かしたい大人たち

Description

■第一回:子どもたちの未来に必要な『想像性』と『創造性』とは?

2015620日(土曜日)10001300930受付開始)

・テーマを共有する

・子どもたちの未来と考える力について

・グループで子どもたちの未来予想図をつくる

・ブレスト:それぞれが描く未来において課題を解決してそうな「あそべる×まなべる」モノについてブレストする


◆エントリー方法

以下のURLにアクセスし、必要事項をご記入のうえ、エントリーください。 

☆エントリーURL

https://pro.form-mailer.jp/fms/6715813b75738

 

◆エントリー後の流れ

①上記URLにてエントリーいただきます。

開催場所や集合方法など詳細情報は開催日前までに参加者の方全員に通知いたします。

③ワークショップにご参加いただきます。

※参加者特典をお渡しいたします。


◆持参いただきたいもの

お気に入りの雑誌(子ども系・主婦系・その他)などで切り取り可能なものを12冊以上ご持参ください。


1

問いを共有する
  • 10:00-10:10

サークル(Circle)


  • 10分

2

関係性をつくる
  • 10:10-10:30

ストーリーテリング(Storytelling)


  • 20分

3

テーマを共有する
  • 10:30-10:40

サークル(Circle)


  • 10分

4

観察する
  • 10:40-11:40

ラーニングジャーニー(Learning Journey)


  • 60分

5

観察結果を共有する
  • 11:40-12:40

ストーリーテリング(Storytelling)


  • 20分

ワールドカフェ(World Cafe)


  • 40分

6

綜合(課題発見、仮説構築)する
  • 12:40-13:10

クイックプロトタイピング(quick prototyping)


  • 30分

7

アイデアを創出する
  • 13:10-13:50

ブレインストーミング(Brainstorming)


  • 30分

ドット投票(Dot Voting)


  • 10分

8

プロトタイピングする
  • 13:50-14:50

クイックプロトタイピング(quick prototyping)


  • 60分

9

プロトタイプへのフィードバックを集める
  • 14:50-15:50

6つの帽子(6 Hats)


  • 30分

ラーニングジャーニー(Learning Journey)


  • 30分

10

ビジネスモデルを構築する
  • 15:50-18:00

クイックプロトタイピング(quick prototyping)


  • 60分

プロアクションカフェ(Proaction Cafe)


  • 60分

サークル(Circle)


  • 10分
  • Let's copy this session and evolve into a new session!

このセッションに参加する方はこんなセッションにも参加しています。

2015
01/08
終了

2014
11/22
終了

このセッションのタグに関連するストーリー

  • メイド・バイ・ヒューマン #040
  • 人工知能が創造性を獲得したときに、あなたは何を創造している? 人工知能によって作曲されたバッハ風の音楽が、プロの音楽家もバッハ作曲と勘違いしてしまう精度になってきているようです。今後は音楽だけ...

  • 2025年 オランダ・ジャーナリズムの未来5 #022
  • 前回に引き続き、オランダのジャーナリズム基金がまとめたテクノロジーの受容と社会的信頼の2軸によって分かれる4つの未来シナリオのうち、「(テクノロジーの受容は)不承不承 + 自分のためにやってもら...

  • 2025年 オランダ・ジャーナリズムの未来4 #021
  • 前回に引き続き、オランダのジャーナリズム基金がまとめたテクノロジーの受容と社会的信頼の2軸によって分かれる4つの未来シナリオのうち、「(テクノロジーの受容は)不承不承 + 自分でやる」で現れる「...

  • 2025年 オランダ・ジャーナリズムの未来3 #020
  • 前回に引き続き、オランダのジャーナリズム基金がまとめたテクノロジーの受容と社会的信頼の2軸によって分かれる4つの「2025年 オランダのジャーナリズムの未来シナリオ」のうち、「急進的 + 自分の...