OUR FUTURES

横浜グルーヴ 連携フューチャーセッション

Mission

複数団体が連動したセッションです。横浜市は人口370万人を越えました。

そして、多くの企業、NPO、行政が社会課題を解決する活動を行っています。
様々な視点、立場、状況が混在している大型都市です。

社会課題・活動に興味がある人だけが集まるセッションではなく、
・興味があったけどなかなかチャンスがなかった
・色々ありすぎてよくわからない
という人も、気軽に参加できる対話の場の創造のために、
一度きりで終わらない場を「横浜エリア」につくることにしました。

横浜というエリアで既にセッションを行う団体と連携しあってフューチャーセッションの場をつくります。

あなた普段考えていることや、温めいているアイデアを、会社の外で放出してみませんか?
あなたの何気ない一言や、アイデアが誰かのひらめきに繋がるかもしれません。
このセッションから自分の想いを形にしていく次の実践者がでてくることに期待をしています。

本プロジェクトは
『関内mass×massフューチャーセンター 』
『一般社団法人SoLaBo』
『横浜市立大学 滝田ゼミ』
が企画・運営を連携連動して、テーマを分けて複数のセッションを横浜で 定期開催していきます。

全体テーマは、『横浜エリアの食・住・職』。
会場ごとにテーマを分けて定期的なセッションを開催します。
横浜で迎えたい未来を描いたことはありますか?

横浜グルーヴ 連携フューチャーセッション

横浜グルーヴ 連携フューチャーセッション

Closed

インフォメーション

開催日時
2013-06-09 (Sun)
13:15 ~ 17:00
2013-06-22 (Sat)
13:15 ~ 17:00
2013-07-21 (Sun)
13:15 ~ 17:00
応募締切日時
2013-07-21 (Sun) 17:00
会場名
①関内mass×massフューチャーセンター /②横浜三井ビルディング15F /③横浜市立大学
住所
横浜市中区北仲通3-33
> google mapで表示
定員
30 人
参加費
  • 会場払い 2,000 円
Information note

会場・日程により料金はことなります。
会費は当日・現地現金でお願いします。
※会費は、資料代、空調代、飲食費に使われ、残りは、セッションの運用費に当てられます。

主催者

一般社団法人SoLaBo  関内mass×massフューチャーセンター



メンバー

企画メンバー 1


横浜グルーヴ 連携フューチャーセッション

Participation

・ 話を聞きたい、話をしたいと思っている人ならば誰でも。
興味があるテーマの会にご参加ください。

「食」・・・食べることが好きな人。食・健康に興味がある人。既に食・健康で活動している人
「住」・・・ライフスタイルや観光、まちづくりに興味がある人。コミュニティ形成に興味がある人。
「職」・・・働くについて考えている人。会社と社会についても視野を広げたい人。

Description

【食】6/9(日) 『未来の食卓』
https://www.facebook.com/events/192301960922649/

【住】6/22(土) 『これからのライフスタイル』
https://www.facebook.com/events/337650746337325/
会場:横浜三井ビルディング15F横浜グローバルステーション/一般社団法人SoLaBo

【職】7/21(日)『働く、を多世代で考える』
https://www.facebook.com/events/383438885098364/
会場:横浜市立大学

また、おなじ思いで横浜エリアでやりたいという
次世代リーダーや事務局を手伝ってくれるメンバーを大募集中です。

------------------------------------------------------------------
【統括ファシリテーター】
鈴木高祥・・・一般社団法人SoLaBo代表。企画・ワークショップの構築。
https://www.facebook.com/solabo.suzuki

企画サポート
森川正信・・・関内mass×massフューチャーセンター ディレクター
https://www.facebook.com/MandM.sleep

Facebookページもありますので、こちらで知人・ご友人のご招待のご協力お願い致します。

1

現在各プログラムを構築中です。
  • 13:15-13:45

ストーリーテリング(Storytelling)

  • 30分

2

自分たちの強みを見つめなおす
  • 13:45-14:15

ストーリーテリング(Storytelling)

横浜の食の現状。

  • 30分

3

ビジョン(ありたい姿)を考える
  • 14:15-16:15

ワールドカフェ(World Cafe)

ランチをしながら、グループセッション。

  • 120分

4

ビジョンを伝わる形にする
  • 16:15-17:25

クイックプロトタイピング(quick prototyping)

各グループごとにそれぞれの思いやビジョンを可視化する。

  • 30分

6つの帽子(6 Hats)

  • 40分
  • Let's copy this session and evolve into a new session!

このセッションに参加する方はこんなセッションにも参加しています。

2013
08/08
終了

2013
07/05
終了

2013
06/14
終了

このセッションのタグに関連するストーリー

  • ブックストア・トラベラー #049
  • どんな地域で、どんな切り口の本屋体験をしてみたい?新宿歌舞伎町に、愛をテーマにして約600タイトルの本を扱いホスト書店員がおすすめの本を紹介してくれる、歌舞伎町ならではの訪れる理由をつくり出す個...

  • ストリート・ジョブ #048
  • 身近なストリートで、働いたり生み出したりしてみたい職業は?MITメディアラボが発表した論文によると、都市の規模が小さければ小さいほど(とくに人口が10万人を下回る都市)、AIやロボットといったテ...

  • ロス・エネ #047
  • あなたのまわりで廃棄していたけれど、新たな資源として活用できるものは何?食品がすべて無料のスーパーがオーストラリアのシドニーに登場したようです。無料にできる理由は、従来であれば食べられるのに廃棄...

  • シン・オフィス #046
  • あなたはが働きたいオフィスはどちらの世界に存在する?8年がかりで建設され、50億ドルの費用がかかっているといわれる米アップル(社員約12,000人)の新本社「アップル・パーク」が、今年(2017...